カメラ・写真 ガジェットモノ ソニーアクションカム

アクションカムで体操選手視点の鉄棒を撮ってみた。一般人は絶対酔う!

2015/06/22


先日購入したソニーのアクションカム HDR-AS100V で体操選手の目線を撮ってみた。ちなみにこの画像の技は僕の得意とする大逆手という技。体操未経験者がやったら痛い。

スポンサーリンク


前回買いた記事:ソニーのアクションカムHDR-AS100Vを買った。GoProを選ばなかった理由

スポーツ選手視点の動画の撮り方

用意するもの

・アクションカムなどのウェアラブルカメラ
・ヘッドマウントキット
・場合によってはテーピングのテープ
・場合によってはヘルメット

アクションカムのようなウェアラブルカメラを所有している前提で話を進める。持っていない人は スマートフォンをテープで頭にぐるぐる巻きにしても撮れない事はない(経験済み)


一般的には GoPro の方が人気が高いが、僕はソニーのアクションカムHDR-AS100Vを買った。GoProを選ばなかった理由で書いた通りソニーのアクションカムを選んだ。

大抵のスポーツは両手を使ったり激しい動きをするのでヘッドマウントキットも必須と言える。


ちなみに GoPro のアクセサリの方が安い上にすべり止めがついていてしっかりした作りだった。

ヘッドマウントセットにハウジング(透明な防水ケース)を装着してアダプターのようなもので固定すると重くて不安定だった。なので、それらを外してテーピングのテープで一周巻いて固定して使った。

スポーツによるが、器械体操は動きが激しく遠心力がかかるのでしっかり固定しないと吹っ飛びそうだ。特にひねりを伴う宙返りでは吹っ飛びそう。回転力が高い2回宙(空中で縦に2回回転する技)も危ない。何かいい考えはないか現在模索中だ。現在はテーピングのテープで固定する方法が一番楽でコストもかからない。

体操は動きが激しく工夫しないと取れそうになるが、テニスやスノボ、スキーなど比較的上下の動きが少ないスポーツであれば問題ないかもしれない。

追記:新たにトランポリンの目線も撮影したので併せてどうぞ。
スクリーンショット 2015-02-18 21.28.17

カテゴリ別に記事を読む

-カメラ・写真, ガジェットモノ, ソニーアクションカム
-, ,