DIY iPad iPhone スマートフォン タブレットPC

iPhone用キーボードカバーをDIYして軽量化&持運びやすくしてみた

iphone-keyboardcase1
以前iPhone用のキーボードをiPad Air でも使ってみたのでレビューという記事を書いたが、このままでは少々使いにくく重いので iPhone のケース部分を取り外してみた。

スポンサーリンク


ちなみに今回 DIY を施すのはこのキーボードケース。

取り外してみる

iphone-keyboardcase13最初の状態。この iPhone ケース部分が邪魔なので取り外していく。

iphone-keyboardcase6どうやってもケースとキーボードが切り離せなく、とりあえずホットナイフで切っていく。

iphone-keyboardcase7

iphone-keyboardcase9これでとりあえず縁を削れば持ち運びには不便じゃないと考えた。

iphone-keyboardcase11切っている途中で気づいたのだが、この上の部分はシールだったようだ。これを剥がすと、、ネジ穴が!

iphone-keyboardcase4ネジを一つづつ外すと何やら無機質な鉄板が。これがこのケース部分を動かすギミックの基となっていたようだ。

iphone-keyboardcase8鉄板をスライドさせていくと外れる。バネの形が面白い。

iphone-keyboardcase1完全に切り離した状態。キーボード上部がかなり寂しい。若干後悔しつつも打鍵感を確かめる。

結論

iphone-keyboardcase14
外見はかなり劣化したものの、使い心地は良好だ。ケース部分を取り外したことにより、以前は親指がケース部分に当たって打ちにくかったキーボード上部のキーがかなり打ちやすくなった。

小型のキーボードが欲しくなったらヤフオクやアマゾンで古いiPhone用ケースを購入し、改造するのも一つの手だ。

カテゴリ別に記事を読む

-DIY, iPad, iPhone, スマートフォン, タブレットPC
-, , ,