アプリ関連 カフェログ

カフェでしか集中できない人必見!家に居ながらカフェや大学の環境音を聴ける「Coffitivity」

image (1)

僕は家で集中して勉強したり、ブログを書いたりができない。そんなの言い訳だろ!と言われてしまうかもしれないが、本当に家だと集中できない。僕はブログをよくカフェや大学のラウンジで書いていて、かなり集中できる。ソースは不明だが、適度な騒音があった方が集中できるという研究結果もあるそうだ。

家では集中できない人必見の Webサイト「Coffitivity」を紹介したい。

カフェのような環境音を流してくれる「Coffitivity」

スクリーンショット 2015-02-02 20.33.38
サイトにアクセスするといきなり騒音「Morning Murmur(朝のざわめき)」が再生される。

そのほかにも「LunchTime Lounge(Lunchtime Lounge(昼のラウンジ))」と「University Undertones(大学の小声)」が無料で配信されている。
環境音の住人は英語で話しているので、特別これらの音声の差は感じられない。夫の悪口を言うマダムの会話も、男を服のブランド名で呼ぶ女子大生の会話も耳に入ってこないので、日本人にとっては好都合だ。

上記の音声の他にも、プレミアム会員になると新たに「Paris Paradise」と「Brazil Bistro」、「Texas Teahouse」を聴けるようになる。
推測だが、メインのユーザーが英語を理解できる層なので、フランス語とポルトガル語が追加されたのだと思う。テキサスは不明。

 

なお、Webサイトの他にアプリもあるようだ。iOS アプリに関しては AppBankで詳しく説明されているのでそちらを読むと良い。
AppBank : Coffitivity: 好きな音楽をカフェで聴くように環境音に変えると…!?人気webサービスのアプリ版。無料。

結論

この記事は、最近よくあるカフェっぽい雰囲気のマクドナルドで書いている。僕の視点の先には永遠と貧乏ゆすりをしている人間がいる。僕は貧乏ゆすりが嫌いなので視界に入れないようにしているが、視界に貧乏ゆすり男のカタカタカタカタ動く貧乏ゆすりが目に入る。

このサイトで騒音を聴きながら作業をすれば、ポテトのLサイズを無心で頬張っている貧乏ゆすり男が視界にも入ってこないし、カフェで作業してるっぽい環境になりバリバリ記事を書ける。

 

おっと。ちゃんと美味しいコーヒーも忘れずに。

カテゴリ別に記事を読む

-アプリ関連, カフェログ
-,