Pebble Time&Pebble

【速報】新型 Pebble は「Pebble Time」、カラー電子ペーパー搭載で$159から出資募集中

2015/06/22

newpebble
Pebble が カラー電子ペーパー搭載の新型Pebble「Pebble Time」を発表。なんと今回も Kickstarter で出資を受け付けている。通常価格は $199 だが、$159 からの出資可能。早ければ5月から出資者に対して配送予定。

関連記事
カラー液晶の新型 Pebble とされる画像流出、発表は日本時間25日0時から
Pebble が自社サイトにカウントダウンタイマーを設置。2月24日火曜日に新型Pebbleを発表か

スポンサーリンク

Pebble Timeのスペックやカラーなど

pebbletime
Pebble Time はカラー電子ペーパーを搭載し、従来の Pebble と同じく 7日間バッテリーが持つとする Pebble の新型端末。現在 Kickstarter で出資者を募集しており、記事執筆時点(発表から約30分後)で、既に約4,500人が $80,000 を出資している。なお、今回も KickStarter モデルの象徴である刻印も予定している。

スクリーンショット 2015-02-25 0.42.06
本体カラーは 黒、赤、白の3色で、従来の Pebble と同じようにバンドの交換も可能。(付属のバンドはシリコン製)

pebbletime2Pebble Time は、防水性を兼ね揃え、バッテリーは一回の充電で7日間持つとしている。6500を超えるアプリが稼働するだけでなく、自分で Watchface や アプリを作成できる。

カラー電子ペーパーを搭載し、常に画面が点灯している状態でも一回の充電で7日間。他のスマートウォッチに搭載されているLCDディスプレイなどよりも長時間バッテリーが持つとしている。

7dd40fe7146aeb5dfedd8810f80cac54_originalPebble Time はマイクを搭載しており、ボイスメッセージやボイスメモが可能となっている。

dc375b9dc9d2d35f12bf995e561f713f_originalPebble Time は従来の Pebble に比べて(ベゼルが太いのは置いといて)20%薄くなっている。また、本体が腕の形に合わせるように曲がっているので、より腕にフィットしやすくなっている。

従来型の Pebble の本体がプラスチック製だったのに対し、Pebble Time は画面はゴリラガラス、筐体はスチールをそれぞれ使用している。

スクリーンショット 2015-02-25 0.43.45

Pebble Time 単体(スマホと接続した状態)で、簡単な返信が可能となっている。

結論

結局Pebble が自社サイトにカウントダウンタイマーを設置。2月24日火曜日に新型Pebbleを発表かで書いたリーク画像の通りの新型 Pebble だったので若干新鮮さはなかった。また、今までの Pebble のように一目でそれと分かるデザインから、スマートウォッチにありがちなデザインに寄っている点も少し残念。

しかしカラーになったものの、ブレずに電子ペーパー(Pebble は正確には E-Inkではない)搭載で、バッテリーの持ち時間も従来と変わらない点は流石は Pebble といったところ。

Pebble Time への出資はコチラから。

カテゴリ別に記事を読む

-Pebble Time&Pebble
-