カバンの中身 旅ログ

PC込みで5.5kg の機内持ち込み荷物の中身公開。これで一週間過ごします

2015/04/12

wpid-wp-1427180154027.jpeg今日から5泊6日で台湾だ。今回は LCC であるバニラエアを使うので、厳選した荷物をバックパックに収めた。(上画像のもので全て)

PC(といってもYogaタブ)込みで5.5kgのカバンの中身を紹介したい。

スポンサーリンク

PC込みで5.5kgの機内持ち込みカバンの中身

wpid-wp-1427180160530.jpegこれで手荷物はすべて。写ってはいないが Xperia Z Ultra も持ち歩く。

Yoga Tablet 2 With Windows

yoga-tablet7今回僕がPCとして持ってきているのはYoga Tablet 2 with Windows レビュー。サブPCにオススメでも紹介している Yoga Tablet 2 With Windowsの8インチモデル。

サイズはタブレットだが、中身は Windwos PC と同じなのでブログを書いたり画像を編集したりが容易。Android OSや iPad では、書くところまでは行けてもメタタグやアマゾンへのリンクの設定、画像の一括編集が難しい。

今ならアマゾンとレノボの両方でキャンペーン中なのでかなりお得に購入できる。

All in One Media Keyboard

yoga-tablet15タッチパッド付きで434gと、サイズの割に軽量なのでこちらを持参。小さいタブレットでも快適にタイピングできる。ただ、このキーボードはBluetooth 対応ではなく、専用のレシーバーを差し込む必要があるので注意が必要。

Yogaタブが429gなのでキーボードと合わせても863gと、1350gの13型 MacBook Air より約500g軽量。500mlのペットボトル一本分の軽量化はかなり大きい。

価格も記事執筆時点で約2500円と安いのでおすすめ。

NEX-5R(ミラーレス)

wpid-wp-1427182958921.jpegやはり旅にはスマホのカメラでは物足りない。ということで、重いがミラーレス一眼も持ってきている。単焦点レンズにフィッシュアイコンバーターを装着している。


NX-5Rとフィッシュアイコンバーター+自撮り棒で撮った映像。

HDR-AS100V(アクションカム)

AS100V4もはや旅には必須といっても過言ではないアクションカム。水や衝撃にも強く面白い映像が撮れるので重宝している。

関連記事
ソニーの「HDR-AS100V」を買って1ヶ月経ったので再レビュー。使ってわかった良いところ悪いところ
一般人は絶対酔う!体操選手視点の鉄棒を撮ってみた。

衣類セット

DSC01074 (コピー)この中に5泊6日分の衣類や歯ブラシや薬などの生活雑貨を収納している。5泊6日分といっても、毎日洗うことを前提としているので量は少ない。

DSC01073 (コピー)中身はこんな感じ。機内にカミソリは持ち込めないので、剃り心地は悪くとも電動シェーバーをおすすめする。

腰巻きポーチ

DSC01071 (コピー)去年の夏に購入したコロンビアのポーチ。パスポートや財布、ボールペンや替えのバッテリーはこの中に収納している。ベルトにも装着できるし、カラビナでバックパックやベルト穴に装着できるので重宝している。

↓は最新モデルのポーチ。

 DELFONICSのガジェットポーチ(Mサイズ)

DSC01070 (コピー)いつも紹介しているポーチとは違うもの。これも近くの書店で購入したもので、旅行で充電器などのガジェット類が増えたときに使用している。Yogaタブにぴったりなので、今回は Yogaタブもこれに入れて持ち歩く。そのほかにトバログの中の人のガジェットポーチの中身で紹介しているものもいくつか持ち歩く。

 ラゲッジチェッカー(荷物の重量チェッカー)

DSC01072 (コピー)地味だが重宝する。特に機内持ち込みの手荷物は、航空会社によって違ってくるが大抵 5kg~7kg の間と決められている。(ほとんどチェックはされないが)。値段も高くはないので、旅行に行く際には持っていきたいアイテムのひとつだ。

結論

今回は LCC ということで全ての荷物を機内持ち込み荷物の中に収納している。いつもは MacBook Air + iPad を持ち歩くが、今回は Yogaタブに絞っていることが軽くできた。これから LCC に乗る予定の人に読んでいただけたらと思う。

カテゴリ別に記事を読む

-カバンの中身, 旅ログ
-, ,