Xperia Z Ultra

Xperia Z Ultraの飛散防止フィルムを剥がす。※泣きたくなるほど強敵注意

2015/04/10

xperia-z-ultra-seat12先日のサイパン旅行で砂にやられたのか、Xperia Z Ultra のディスプレー(飛散防止フィルム)が傷だらけになってしまったので飛散防止フィルムを剥がすことにした。しかし、これがかなりの強敵なのでこれから挑戦する人は注意が必要だ。

スポンサーリンク

用意するもの

Xperia Z Ultra の飛散防止フィルムは泣きたくなるほどに強敵。気温などにもよるが、剥がすのに一時間は要するので注意が必要。ガラス質の繊維で加工されているのか、バキバキに割れてしまう。軽い気持ちで剥がしだす前に以下の道具を用意しておきたい。

用意するもの

デザインナイフもしくはカッター
透明なテープ(セロハンテープでも良い)
除光液(100均のでOK)
・一枚刃カミソリの刃やギターピックなど

実際に剥がす

以上の道具を準備したら実際に飛散防止フィルムを剥がす。

背面の飛散防止フィルムを剥がす

xperia-z-ultra-seat1背面の方は簡単に剥がれるので、背面を剥がしたい人は軽くドライヤーなどで温めてからカッターを本体と飛散防止フィルムの間にいれる。そして一気に剥がす。

xperia-z-ultra-seat3全部剥がした状態。背面は剥がしても SONY ロゴは消えない。これは簡単なので気軽にできると思う。問題なのは表面だ。

ディスプレイ側の飛散防止フィルムを剥がす

xperia-z-ultra-seat4ディスプレイ側は背面のように一筋縄ではいかない。ガラス繊維のような素材でつくられているのか、パリパリ割れる上に接着剤が強固だ。欠片が散らないようにセロハンテープを貼って端から徐々にカッターをいれていく。

xperia-z-ultra-seat5作業に集中しすぎて工程の写真を撮るのを忘れてしまったが、ここまでくるのに1時間くらい。カッターで端から徐々に切り込みを入れていったが、上手く行かなかったので自棄糞になりガンガン削った。写真にピントが合っておらず申し訳ないが、ディスプレイ上部にはまだ飛散防止フィルムが残っている状態。

xperia-z-ultra-seat6中央付近に残ってしまった飛散防止フィルムはカミソリの刃で鉋(かんな)のように削った。現時点では画面全体を糊が覆っている。ここから除光液で糊を溶かしていく。

僕が使ったのは下リンクの刃。元々部活でできた手のひらのマメを削るために購入したもの。

xperia-z-ultra-seat7除光液のみでは溶かせない部分もあるので、その都度表面をカミソリの刃で削る。ある程度のところまでくると糊が落ち表面がピカピカになる。

xperia-z-ultra-seat8完全に糊が落ちた状態。カッターでガシガシやった割にほとんど傷は見当たらなく、改めてゴリラガラスの凄さを実感。

xperia-z-ultra-seat9前例どおりディスプレイ面の SONY ロゴは剥がれてしまった。ソニー信者にとっては、さながら踏み絵のような行いだと思われるので注意が必要。

xperia-z-ultra-seat10念のために「スマホのディスプレイを水晶化させるクリスタルガード・グラスアーマーを試してみた。」で紹介したクリスタルガードを散布しておく。

xperia-z-ultra-seat12裏表共に液晶保護フィルムを貼って終了。

僕が今回貼ったのはこれ。ガラス製フィルムが至高だがすぐ割れてしまうのでこれを購入してみた。

結論

最初は先人たちの声に簡単に剥がせるだろw大袈裟wと思っていたが、本当に泣きたくなるくらい大変だった。一度手をつけてしまったら後戻りはできない。正直オススメはしないが、やるのであれば画面を傷つけることを恐れず(意外と傷つかない)最後までやり遂げるしかない。

カテゴリ別に記事を読む

-Xperia Z Ultra
-,