Pebble Time&Pebble

その時がやってきた。Pebble に Apple Watch 風の WatchFace が登場したので比べてみた

applewatch-pebble1その時がやってきた。(←アップルストアの Apple Watch 謳い文句)

Pebble に Apple Watch風の Watchface が登場したのでさっそくダウンロードして本家 Apple Watch と比較してみた。

スポンサーリンク

アップルストア銀座にやってきた

applewatch-pebble5銀座に用事があったのでアップルストア銀座にやってきた。やはり "新しいMacBook" や "Apple Watch" が店頭に並びだしたとあって、店内は大混雑。「思ったより良い!」という声があちこちで聴こえる。様々な人がSNS上で「あれは売れないわ。アップルはもう終わったな」と呟き情強っぷりをアピールしていても、所詮人間。誰しも実物に触れてみると欲しくなってしまうものだ。

applewatch-pebble2Apple Watch と Pebble Watch とを比べてみた。僕の所有する初代 Pebble は白黒液晶だが、対する Apple Watch はカラー表示だ。僕はカラー液晶がバッテリー持ちに不利ということは ゲームボーイ VS ゲームギアで学んでいる。

ちなみに Pebble の Apple Watch風 Watchface はただの壁紙のようなパロディものなので、タッチ操作などは不可。カレンダーと時間表示だけは連動しているので時計としては使用可能。

applewatch-pebble4見た目や質感などは全く異なるものの、基本的な時計としての性能は変わらない。むしろバッテリー持ちが 18時間の Apple Watch よりも一週間弱持つ Pebble の方が時計としての実用性は高い。

applewatch-pebble3Pebble でも Apple Watch でもスマートフォン上の音楽操作は可能。しかし僕の場合、音楽操作はスマートフォンで、それができない時には Bluetooth のヘッドホンを使うのであまり Pebble から操作したことはない。

Pebble にはマイクや心拍計などは備えられていないものの、スマートフォンの GPS と連動して地図を表示し、ナビとして使うこともできる。この辺は今度詳しくレビューしていきたいと思う。

結論

applewatch-pebble6操作感の心地よさはさすがアップル製品と感じる反面、機能的なところだけにフォーカスすると Pebble でもまだまだ現役で使っていけるなと感じた。Apple Watch に関しては、これから時計のテーマが増えていくと面白いだろうなと感じた。僕はパロディ的なものが好き(Pebble の Apple Watch風の Watchfaceとか)なので、もしパロディに対してアップルが寛容であれば、僕も買いたくなってしまうだろうな。

パロディな関連記事:マリオにポケモン?僕が Pebble Watch に入れている WatchFace 4選

-Pebble Time&Pebble
-,