Mac

MacBook Air 13インチから MacBook Pro Retina 13インチに買い替えました。

2015/05/08

macbook-pro-retina17以前「新しいMacBookと MacBook Pro、Surface Pro 3どれが買いか考えた。」という記事を書いた通り、MacBook の買い替えを考えていた。今回地元で MacBook Pro Retina 13インチの 2013年モデルが、GW価格で Core i5/メモリ8GB/256GBSSD で 99,800円(税別)で売られていた。2013年の後期モデルだが、新型は約190,000円と高価なので迷った挙句に購入。

スポンサーリンク

MacBook Pro Retina に買い替えた理由

macbook-pro-retina10

・今まで使っていた MacBook Air よりも高スペックの PC が欲しかった
・高精細なディスプレイを搭載する PC が欲しかった
・安かった

買い替えた1番の理由は、今まで愛用してきた2013年モデルの MacBook Air のスペックでは満足出来なかったということ。メモリが4GBしかなく、Google Chrome や Microsoft Office でもカクついたりフリーズしたりが頻繁だった。最近では AS100V で撮影した動画を編集したり、アドビのソフトを使うことも増えていたので、以前から買い替えを検討していた。

次に Retina ディスプレイ搭載の PC が欲しかった。元々は "MacBook Air Retina" の発売まで待とうと思っていたが、いざ発売されると値段と性能面で踏ん切りがつかない。動画の編集も行うことを考えると必然的に MacBook Pro の購入を視野に入れていた。

macbook-pro-retina3そして買い替えの決定打となったのが価格。僕は中古でこの MacBook Pro Retina を購入したのだが、GW価格ということで安く売られていた。以前は同じ店でMacBook Pro Retina 13インチ(Core i5/16GB RAM/512GB SSD)が 99,800円で売られていたのだが、買い逃して悔しい思いをした。今回は 256GB だったが、後悔したくないので購入。それでもヤフオクの相場を見ると 120,000円〜130,000円程度が多かったので、107,000円は安いと言える。

MacBook Air との比較

macbook-pro-retina12画像下の MacBook が今まで使ってきた MacBook Air 13インチ。上が今回購入に至った MacBook Pro 13インチ。

macbook-pro-retina6同じ13インチとは言え、比べてみると MacBook Air 13インチの方が大きいことが分かる。

macbook-pro-retina18厚さは増したが、サイズはコンパクトになっていおり、ケースの買い替えが必要ない。Cote&Ciel のスリーブにもすんなり入る。

 

高精細は正義

高精細という点だけでも満足。感覚としては視力が一気に良くなったような気持ちになる。僕はブログやニュースサイトを良く閲覧するので、Retina だと格段に文字が見やすくなった印象を受ける。また、エクセルなどの表も見やすい。

逆に Retina に対応していないWebサイトや画像は粗さが目立つので、そこは少々残念なポイント。まぁ最近の PC は高精細のものが多いので直ぐ解消される点だとは思う。

結論

macbook-pro-retina10当初は最新版の MacBook Pro Retina の購入を考えていたが、流石に初任給の大部分を失うのは辛い。最新モデルとSSDの読み込み速度が大幅に違うらしいが、今まで使ってきた MacBook Air よりも速いので問題はない。

メモリが8GBと少々不安なので、あるのか分からないがボーナスが出たら16GBに乗り換えたいと思う。

↓少々高いが、手に持っているだけでお洒落っぽいのでオススメ。

カテゴリ別に記事を読む

-Mac
-, ,