スマートフォン

ドコモ版 Xperia Z4 は6月中旬発売予定。初期費用を抑えた SIM フリー端末としてもアリ?

Sony-Xperia-Z4NTTドコモが Xperia Z4 を6月中旬頃発売予定と報じた。日本ではいつ頃発売されるのか気になってソワソワしていた人にとってはひとまず安心だ。

スポンサーリンク


正直あまり驚かないニュースではあるが、当ブログでも Z4 が噂段階のときから追っていたので一応書いておく。Z3 から目を見張るほどの進化はしておらず、いわゆるマイナーアップデート機種。

Z3 からの変更点をざっくり説明すると

・フロントカメラ(自撮りする方)が広角化
・Z3 よりも若干薄く軽くなった
・micro USB端子がキャップレスになりマグネット端子が省かれた

というのが主な変更点。フロントカメラが広角化され、より大人数での自撮りが容易になったのは嬉しい。また micro USB がキャップレスになったことで、マグネット端子が省かれた。これによりマグネット端子充電ケーブルが投げ売りされ、Z4 以前の機種を使うユーザーにとっては良いニュースになるだろう。Z3よりも若干薄く軽くなっているが、微々たるものなので感覚としてはあまり変わった気はしないだろう。

スクリーンショット 2015-05-14 1.39.17画像引用:http://www.sonymobile.co.jp/company/press/entry/2015/0513_1_docomo_release.html
本体カラーは4色展開。それぞれ左から、ホワイト、ブラック、カッパー、アクアグリーン。

th_so-03g_08画像引用:http://www.sonymobile.co.jp/company/press/entry/2015/0513_1_docomo_release.html

個人的には新色アクアグリーンが爽やかで好印象。これからの季節にピッタリなカラーといえる。また Xperia Z シリーズは ホワイトとブラックが本当に美しく高級感もあり、どれを選ぶかは迷うところ。僕は Xperia Z はブラック、Z Ultra はホワイトを購入している。

結論

僕自身は購入しない予定だが、SIM フリー義務化により ドコモ版 Xperia Z4 も SIMフリー化できると予想される。実質価格は5万円前後と Engadget 日本語版で報じられていたので、初期費用を抑えてハイエンドの SIMフリー端末がほしい人にとってはアリだ。

ただ、今季モデルで僕の一押しはサムスンの Galaxy S6 Edge。詳しい概要は『Galaxy S6 Edge に触ってきた。薄く軽い筐体、カメラの出来に思わず欲しくなる端末』をどうぞ。

もう Z4 のアクセサリが売られている?

 

 

カテゴリ別に記事を読む

-スマートフォン
-, ,