Windowsタブレット

Suface Pro 4 のタイプカバーは Pro 3 でも使える!今は Pro 3が買いかも

surface-pro3-key2Surface Pro 3 で Surface Pro4用タイプカバーを使うと良さそう。Surfaceシリーズのキーボードのドッキング端子は今まで変更されたことがなかったため、今回でも使えるかどうか試してみた。結果としてちゃんと使えたので、サブノートとして本格的に欲しくなってきた!という記事。

スポンサーリンク

mac-shellcase11僕は現在、メインの PC として MacBook Pro Retina 13インチ i5/8GB/256GB を使用。これはこれで満足して使えているのだが、本体重量が 1.58kg となかなかズッシリしているので、小一時間もバックパックに入れて背負ってると重くて肩が疲れる。

 

surface-pro3-key1そこで処理能力もそこそこだという MacBook 12インチの購入を検討していたが、Core M は並行処理や重い作業は難しいとのこと(友人談)。最近 Surface Pro 4 の登場により、中古相場がグッと下がった Core i5 搭載の Pro 3 が気になっている。

 

surface-pro3-key4Surface Pro 3 は、Core i3 ~ i7 CPU を搭載しながらキーボード含めず 798g という軽さを実現している。液晶ディスプレイの発色も良く綺麗だし、ペンの使えるしタブレットとしても使用可能(多分ペンとかは使わないけど)。

 

surface-pro3-key2Type Cover は Surface Pro 2 まで壊滅的につかいづらかったが(特にトラックパッド)、Pro 3 世代になって大幅に改善。更に Pro 4 世代でキーピッチも広くなり、より魅力的に感じるキーボードに進化した。

 

前モデルのタイプカバーからの主な変更点

surface-pro3-key3

 

  • トラックパッドがスムースになった
  • トラックパッドが大きくなった
  • キーピッチが広くなった
  • キーストロークが長くなった
  • PrtScnボタンが搭載された
  • コンテキスト・メニューキーが追加された
  • 英語版キーボードも国内販売

 

といったところ。ちなみに米国版では指紋認証のオプションも追加されているそうだ。価格は 17,712円(税込)で、重量は 295g と前モデルと同じ。値はちょっと張るが、iPad Pro のキーボードに比べれば安い。

 

まとめ

 

surface-pro3-key4
Surface Pro 3 の発売当初から購入したいと考えていたのだが、価格がネックで手が出せなかった。現在では Core i5 搭載機種でもかなり安く購入できるようになったうえ、Pro 4 は画面が大きくなったことくらいしか大きな差はない。キーボードだけは最新のものを購入し、端末は一世代前の Pro 3 でも全く問題ないという魂胆。

 

 

年始あたりで、どこかの家電量販店が2万円くらいで『Surface Pro 3 の夢』とか言う福袋を販売してくれたら有無を言わさず購入に踏み切るのになあ。

 

画像引用:microsoft

-Windowsタブレット
-,