カバンの中身

トバログ管理人がちょっと外出する時のカバンの中身 2016〜カフェでも快適にブログ書こう編〜

2016/10/23

tobalog-bag4前回の記事『ブロガーがちょっと外出する時のカバンの中身。BlackBerry Passport で記事執筆』を書いてからもう1年近く経っているので、そろそろ2016年度版を更新しようと思う。

前回に比べるとなかなか持ち物の量が増えている気もするが、まぁ持ち歩きたいモノはその時によっても随分と変わるし、おそらくこの組み合わせが現在一番最適な組み合わせなんだろうと思っている。

スポンサーリンク

トバログがちょっと外出するときのカバンの中身

tobalog-bag5僕が休日にちょっとカフェに行ったり、外出するときのカバンの中身はこんな感じ。そこまで色々と持ち歩くわけではないが、普通の人がちょっとでかける際の持ち物よりもガジェット要素が多めだと思うので1個ずつ紹介しておきたい。

ブロガーにとってはもはや身体の一部「12インチ MacBook」

macbook-realwood-skin17基本的には外出先でブログを執筆することも多いので、MacBook は欠かせない。以前は BlackBerry Passport を持ち歩いていたのだが、日本語の変換にラグがあったり、そもそもこれ一台では下書きから公開までを一貫して行うのが難しかった。

ということで今年の頭に購入した、1kg を切る 12 インチ MacBook を持ち歩く。軽量で持ち運び安いのもかかわらず、処理能力的にはテキストベースの作業は全く問題ない。iOS ではなく Mac OS を搭載しているため、画像の処理なども Adobe のツールが使えるので全く困らない。

バッテリー持ちも良く、外出する際に3時間くらい作業しても充電要らず。

「今日は MacBook 要らないか...。」って思った日に限ってスキマ時間が多かったり、ブログ書きてえ...と禁断症状が起きたりするので最近は必ず持ち歩いている。

ちょっと外でブログを書きたくなったときなんかでも、近くのカフェに入ってカタカタさせるだけで記事が仕上がる。ちなみに僕だけではなく『ブロガーのカバンの中身』で紹介している多くのブロガーが 12インチ MacBook を愛用している。

>>>MacBook の関連記事<<<

雑誌を読んだりメモを取ったりと何かと使える「iPad Pro 9.7」

9.7ipad-pro-applepencil10雑誌や Kindle 本なんかを快適に読むために iPad Pro 9.7 インチも持ち歩く。 MacBook だとどうしても「本や雑誌を読んでる!」感が薄くなってしまう。 dマガジンや Kindle、Kindle Unlimited で雑誌などを読む際はやはり iPad で読みたい。

自宅では Kindle Paperwhite で本を読んでいるが、雑誌となるとどうしても iPadになる。ブラウジングも快適だし、Apple Pencil で記事ネタを考えたり、テキストだけでは表現が難しいメモを取ったりも。

iPad にデスクトップ画面があったりマウスが使えるのであればこれ一台で完結できそうなのだが、現状では僕のやり方では難しい。2 in 1 の MacBook が発売されるか、Mac OS を搭載するタブレットがあれば高くても買いたいところ。

>>>iPad Proの 関連記事<<<

小米(Xiaomi、シャオミ)の SIMフリー端末「Mi 5」

mi5-review1m1台湾で本機を購入してから国内でもよく持ち歩く。120g台とスマートフォンの中でも軽く、独自の UI で動作が安定しておりバッテリー持ちが良いので手放せなくなってしまった。

防水性能など抜きん出たスペックではないのだが、デザインもシンプルで長く使いたくなる端末であることは間違いない。スペックの割には3万円台で購入できるコストパフォーマンスに優れた端末。

技適を通過していないため国内での使用は難しいが、よく海外旅行に行く人には是非オススメしたいところ。ちなみにトバログは WiFi で運用してます。

>>>Mi5 の 関連記事<<<

料理の写真から風景までこれ1台で「LUMIX CM10」

LUMIX-CM1最近購入したパナソニックの「LUMIX CM10」。1インチセンサーとライカのレンズで高級コンデジ並みに綺麗に撮れる。Android OS を搭載しているので、撮って瞬時に SNS にアップできるのが嬉しい。

CM10-3( CM10 で撮影)
CM10 を購入するまではミラーレス一眼を持ち歩いていたのだが、やはり重たいうえにゴツいので嵩張る。ということでミラーレスクオリティで写真が撮れる LUMIX を持ち歩く。

SIMが挿さるのでメイン端末が充電切れだったりするときのサブスマートフォンとしても使用できる。

>>>LUMIX CM10 の 関連記事<<<

どこでもオフィスに早変わりの「WiMAX ルーター」

HWD151トバログの管理人は電波の届かないところでは呼吸が難しい。WiMAX や LTE などいつでも通信できる環境じゃないと最悪の場合死に至るケースもあるので、WiMAX ルーターは欠かせない。

都内はもちろん au の LTE 圏内であればどこでも通信が可能なので便利。ギガ放題での契約ではないため月々7GBまでしか使えないので、それを超えたら『【SIMフリー】モバイルバッテリーにもモバイルルーターにもなる!「ZMI Battery Wi-Fi MF855」を購入レビュー』で紹介している ZMI の Battry WiFi を使う。

外出先で iPad や PC をテザリングで運用していると、すぐにキャリアの通信制限がかかるし、スマートフォンのバッテリーも無くなってしまう。逆にルーターを持っていれば、スマートフォンの通信制限がかかっても WiMAX で補えるので持っておいて損はない。契約するならギガ放題で契約することを強くオススメする。

全ての音をシャットアウト。自分の世界に籠もれる「FiiO X5」と「Klipsch X12i」

Klipsch-x12i9人が多くてガヤガヤする都内でも、FiiO X5 と Klipsch のイヤホン X12i さえあれば、瞬時に自分の世界に籠もれる。『Klipschのハイエンドイヤホン「X12i」レビュー。艶やかな音で女性ボーカルが心地よい』でも紹介しているが、X12i は本当にコストパフォーマンスに優れたイヤホンだと感じる。

遮音性にも優れており、カフェなどでも隣に女子大生やマダムの集団がいたとしても、X12i を装着してボサノバでも流しておけば、彼女たちの話し声がシャットアウトできる。特に女子大生の会話は、我々男子にとっては聞くに堪えないエグい恋話が多く、ブログに集中できなくなる。

なら家でやれという話になってしまうのだが、どうしても外で作業する必要があるときなんかにこれらが便利だ。

これらをまとめてモレスキンのリポーターバッグに

tobalog-bag7これらのツール全てを『12インチMacBook に最適!モレスキン「クラシック リポーターバッグ」レビュー。ミラーレスも収納可能』で紹介しているショルダーバッグに収納。レザー調ながらポリウレタン製なので防水なのも魅力的だ。

夏はちょっと使いにくいデザインだが、秋から冬にかけてはセーターなどとマッチするので、気になる人は今のうちからチェックしてみるのも良いかもしれない。

まとめ

tobalog-bag6トバログがちょっと外出するときの持ち物はこんな感じ。まぁちょっと外出という割には荷物が多いかもしれないが、最低限これさえあれば「あ〜あれ忘れた!」ということにもならない。これらのツールと着替えと充電ケーブル類さえあればしばらく生きていけます。

カテゴリ別に記事を読む

-カバンの中身
-,