家具や生活家電 暮らしのコト

コタツとの組み合わせが最高。ニトリのビーズソファ(人をダメにするソファ)を1年使ってみた感想

2016/12/14

nitori-beadssofa-1year9以前『ニトリのビーズソファ(人をダメにするソファ)購入レビュー。無印良品の半額以下で質も良い』で紹介したニトリのビーズソファ(人をダメにするソファ)。アマゾンプライムビデオを楽しんだりゆったり漫画を読んだりするときのお供として、購入から約1年経った今でも我が家で大活躍している。

そんなニトリのビーズソファだが、これがコタツと組み合わせると最高な気分(人間としては良い意味で最低)で冬を過ごせるので紹介しておきたい。

スポンサーリンク

ニトリのビーズソファ「ビーズソファ小・Nストレッチ」について

nitori-beadssofa-1year1ニトリのビーズソファ(正式名称は「ビーズソファ小・Nストレッチ」)は、その名の通り細かい柔らかい極小ビーズが詰まった大きめのビーズクッションのようなもの。綿が詰まったクッションよりも体に心地よくフィットするということで、持ってはいなくても存在を知っているという人は多いはず。

こちらがニトリの『ビーズソファ小・Nストレッチ』。価格は本体が4,990円(税込)で、カバーが1,490円。カバーなしでの使用は現実的ではないので、カバーと合わせた実質価格は 6,480円。

  • サイズ:65 x 65 x 35(巾×奥行×高さ)
  • 重さ:3.6kg
  • ビーズ:ポリスチレンの 0.5~ 0.8mm のマイクロビーズを採用

また、これよりも一回り大きい『ビーズソファ大・Nストレッチ』というものもあり、こちらは本体価格が 9,990円。サイズ65 x 65 x 45 と、僕が購入したものよりも10cm ほど高さがある。

ビーズクッション関係は圧倒的に無印良品の「体にフィットするソファ」が有名だが、こちらは本体とカバーで1万5,000円と、新卒の給料では購入を躊躇する価格帯だった。最近近所にできたニトリを徘徊していると、同じような製品が半額程度で売られていて即購入。結果満足だった。

ニトリのビーズソファを1年使ってみた使用感

nitori-beadssofa-1year5このビーズソファを1年つかってみた感想として「使わないときはデカくて邪魔だけど、ないとちょっと物足りない」というのが率直な印象。詳しくは以下で紹介していきたい。

一人暮らしにとっては大きい家具で結構場所を取る

nitori-beadssofa-1year6このビーズソファ、大人の身体を包み込むくらいのサイズがあるのだが、それゆえにかなり大きさが目立つ。ネットの紹介画像や店頭で見るとそこまで大きく感じないのだが、実際持ち帰ってみるとかなりの大きさであることに驚いた人も多いはず。

サイズは「小」でも公称で 65 x 65 x 35(巾×奥行×高さ) だが、柔軟性のあるクッションだし、だんだんとヘタってくるので実際に床に置いた時のサイズは敷布団の半分くらいの大きさという印象。

都内だと 6帖1K くらいの部屋で一人暮らしをしている人も多いと思うが、家具やら何やらを置いている部屋でこのビーズソファを購入すると部屋がかなりせまく感じてしまう。一人暮らしの人は「大」では大きすぎるかと思うので、まずは「小」を購入することをオススメしたい

nitori-beadssofa-1year7使わない時はいつも「【一人暮らし】イケアの一人用ソファ『POÄNG(ポエング)』購入。上質な座り心地を低価格で」で紹介しているイケアのポエング(一人がけソファ)にのっけている。

場所を取るとは言え快適さは格段に増す

nitori-beadssofa-1year4上記したように、ビーズソファは場所を取るがかなり快適。僕は『いつもの休日をちょっと贅沢にする「Amazon Fire TV」 購入レビュー。ビデオや音楽、アプリも楽しめる』で紹介したアマゾンプライムビデオでよく映画を楽しむのだが、その時にはビーズソファにもたれてリラックスしながら鑑賞する。

身体の形状に合わせて細かいビーズが動いてフィットするので、個人的には普通のソファよりも疲れを感じにくい(フィットするぶん同じ体勢になりやすいので適度に動くが)。

集中する必要のある作業などでは「中古で『オカムラ コンテッサ』買いました。1週間経過したのでレビュー」で紹介しているオフィスチェアに座っているのだが、リラックスしたいときのビーズソファは快適そのもの。仕事から帰ってきてもたれ掛かれば一息つけるし、自宅に友人がきたときにも喜んでもらえる。

コタツと組み合わせると良い意味で最低です

nitori-beadssofa-1year3良い意味でオススメできないのがコタツとセットでビーズソファの組み合わせ。最高すぎて朝ちょっと温まろうと思って入ったら最後。気づいたら真っ暗になるまで抜け出せない。コタツ、Fire TV、ニトリのビーズソファの「三種の神器」はかなり危ないので取扱い注意だ。

コタツに寝っ転がりながらテレビを見るのは、体勢も固定されてしまうしなかなか辛い面もある。しかし、ビーズソファと組み合わせると良い感じに角度がつき、テレビを見ることができる。

まとめ

購入から約1年が経過したニトリのビーズソファだが、現在ではもう手放せないくらい愛用している。逆にヘタったくらいが個人的には丁度よく、冬はよくコタツとの組み合わせにやられ、そのまま朝まで寝落ちするのでもはや凶器だ。

無印良品の「フィットするソファ」よりも安いので冬のインドア生活を快適に過ごし過ぎたい人は購入を検討してみるのも良さそうだ。購入した時に書いた記事は以下。

-家具や生活家電, 暮らしのコト
-,