ワイモバイルのLTE版 Surface 3 は8万1800円より。中古の Surface Pro 3 買えちゃうよ…

th_スクリーンショット 2015-05-20 11.06.47LTE版 Surface 3 が発売!Y!mobile で取り扱い。料金や通信制限など気になるところ」の続き。書くのが遅くなったが、日本マイクロソフトより LTE版 Surface Pro 3  の発売価格が発表された。価格は8万1800円からと予想より高く残念。

スポンサーリンク

 

Surface 3 のスペック

  • OS:Windows 8.1
  • ディスプレイ:10.8インチ (1920×1280)
  • プロセッサ:クアッドコア Atom x7-Z8700(4C4T,定格1.6GHz,最大2.4GHz,L2キャッシュ容量2MB)
  • メモリ:2GB、4GB
  • ストレージ:64GB、128GB
  • カメラ:800万画素
  • フロントカメラ:350万画素
  • バッテリー容量:不明
  • バッテリー駆動時間:最大10時間
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:4.0
  • LTE対応:対応モデルあり
  • 本体サイズ:267(W)×187(D)×8.7(H)mm
  • 本体重量:約622g
  • USB:USB 3.0(Type-A)

 

LTE版の Suface 3 の料金や発売日など

LTE版 Surface Pro 3 は 6月19日より発売で、予約はすでに開始している。料金体系は、8万1800円を一括または分割で支払うか、2年契約の7GBで月額 3,696円~のどちらか。

Astera_Fan_4-1024x575なお、Surface の 必須アクセサリとも言える Type Cover は別売り 15,680円(税抜)。Surface を買うほとんどの人が同時購入する印象なので、実質 81,800円+15,680円=97,480円となり、 Suface Pro 3 のエントリーモデルに手が届きそうな価格に。

また、中古の Surface Pro 3 のエントリーモデル(i3/64GB)の相場価格が8万円前後、i5/128GBモデル でも 9万円前後なので、よほどの理由がない限りは Pro が”買い”か(Surface 3 の CPU は Atom)。
 

まとめ

たしかに Surface 単体で LTE通信が可能なのは魅力的。だが、Pro と無印 Suface で価格がこれしか変わらないのであれば、多少面倒でも Pro 3 を 格安SIM を SIMフリーのルーターに挿して運用した方がコスパは高いのでは?というのが貧乏新社会人の率直な感想だ。

Yoga Tablet 2 With Windows の LTE の SIMフリー版でも4万7869円(しかもオフィス&キーボード付き)なので、僕はこちらをオススメしたい。