トバログ

アナタの物欲を刺激するライフスタイルブログ


スマートフォン

MNP?格安SIM?スマホをどう運用していくのがお得なのか考えてみた。 iPhone 6 に買い換え

crashed-xperia-z32中古の Xperia Z3 を 購入後約5日目で壊してしまいスマホ難民(!?)になってしまった僕が、これからどうスマートフォンを運用していくかがベストかを考えてみた。

長くなってしまったので目次

・ドコモで iPhone 6 に機種変更するとかかる総価格
・ソフトバンクに乗り換えする総価格
・格安SIM で運用する場合の総価格

スポンサーリンク

 

今僕が支払っている料金

th_スクリーンショット 2015-06-04 12.55.10今支払っている回線の料金はこんな感じ。スマホの残債などはないが、dマガジンや通話料も含まれている。自宅で使っている回線を含めると通信費だけでも月々1万円を超える。高いなあ。
 

ドコモで機種変更をする

docomo_rogoメリット:楽、時間がかからない、保証がきく、国内通話かけ放題(ほぼ使わない)、分割で端末料金を支払える。
デメリット:高い、2年縛り

世は"大MNP時代"。学歴も(通信)キャリアも、ロンダリングしないと損をするこのご時世、機種変更など考えられないが、一応ドコモで iPhone 6 の 64GBに機種変更すると想定して考える。

iPhone 6(64GB)に機種変更したら月々いくら?

基本料金

th_スクリーンショット 2015-06-03 11.42.21ドコモの料金プランシュミレーターで料金を計算してみるとこんな感じ。なお提示されている額は機種代金を除いた額なので、純粋な基本料金。

iPhone 6 の分割料金

th_スクリーンショット 2015-06-03 12.14.24iPhone の料金表は上の通り。iPhone 6 の 64GBモデルに機種変更しようとすると 22,680 ÷ 24 = 945 で月々945円。なので、機種変更で基本的にかかる料金は8,445円。ちなみに保証が必要な場合はこれに保証サービス(スマホは月額500円 or iPhoneは600円)がプラスされる。

結論

ドコモの Xi 端末から iPhone に機種変更した場合、月々の料金は8,445円(2年縛り)、保証サービスに加入する際は 9,045円。

最低でも8,445円は高すぎる。僕にとってこの額は2週間分の昼飯代に相当するこの価格。いくら保証があると言っても、この料金を2年縛りしてまで払い続けると考えると厳しい。なので機種変更はナシで。
 

MNP でソフトバンクに乗り換える

スクリーンショット 2015-06-06 0.31.47メリット:保証がきく、キャッシュバックがもらえる
デメリット:高い、MNP手続きが面倒

まだ格安SIMがポピュラーではなかった時代、通信費を安く抑えるための制度として数年間君臨し続けていたのがこの MNP 制度。au 端末は中古の相場価格が低いため今回はソフトバンクで考える。

ソフトバンクで iPhone 6(64GB)に乗り換えると月々いくらかかる?

th_スクリーンショット 2015-06-04 12.35.10

上画像はソフトバンクの公式ページでシュミレーションした結果、8,345円(税込)となった保証サービスに加入すると 8,995円。MNP をしても 100円程度の差しかなく、MNP の恩恵は以前ほど多くない。ただ、キャッシュバックが30,000円もらえるショップもあるので、そういったところで MNP すれば機種変更よりは大分お得に運用できる。

 結論

MNP でも機種変更とそこまで大きな差は無い。

キャッシュバックがあるのは魅力的だが、正直 MNP でもお得感は少ないと感じた。ただしこれはネットでのシュミレート結果なので、機種代金が一般的な販売店と大きく異なる場合がある。なので実際に販売店に訪れて聞いてみたほうが良さそうだ。
 

格安SIM と中古スマホで運用

メリット:維持費が安い
デメリット:通信状況が不安定(?)、プランが大幅に改悪される可能性、端末の保証サポートがない

次は今話題の MVNO だといくらかかるのか計算してみる。今回はメインのスマホとして使うこと前提としているので、通話も可能な SIM を選んでみる。なおデータ通信のみの SIM については「iPad に合った SIMを購入する。ドコモ版 iPad で格安SIM(MVNO)を挿して運用する方法(前編)」で書いている。

IIJmio「みおふぉん」の場合

IIJmio の「みおふぉん」の、ライトスタートプラン (音声通話機能つき)を契約したとして考えてみる。ライトスタートプランは上のキャリアと同じく5GBの通信容量がついてくる。そこに SIM フリーの iPhone 6 (64GB)を契約したとして月々の料金を割り出していく。

IIJmio「みおふぉん」ライトスタートプランの基本料金

スクリーンショット 2015-06-06 17.14.26ライトスタートプランは、(初期費用3,000円+月々2200円)×24回=55,800円(税抜)となった。ここに消費税を入れると 60,264円。

端末代金を抜いた純粋な月額料金は2,511円となった。次に iPhone 6 の価格を見ていこう。

iPhone 6(64GB)の SIMフリーモデルの料金

th_スクリーンショット 2015-06-06 17.22.56iPhone の価格は 99,800円(税抜)。消費税を入れると107,784円となり、キャリアと同じように2年間の分割払いを考えると月々4,481円。これに Apple Care をつけると月々5,022円となる。

結論

みおふぉんと iPhone 6 を2年間維持する場合は6,992円となる。(Apple Care に加入すると7,533円) 上のキャリアで運用するよりもかなり安価に抑えられる上に、中古市場で高く売れる iPhone 6 の SIMフリーモデルを購入するということでお得感はある。
 

各社比較

上で紹介した各社の料金をまとめてみた。各社とも通信容量の上限は 5GB、iPhone 6 の 64GB モデルで契約する設定。

ドコモで機種変更・・・8,445円〜
ソフトバンクに MNP・・・8,345円〜
格安SIM で運用・・・6,992円〜
 

まとめ

新品の iPhone 6 で運用するとなると、格安 SIM を契約しても 1,000円程度の差しかなかった。ただ格安SIM の場合は、圧倒的に基本料金が安いので、端末代が安ければ安いほどお得に運用できる。

例えば新品の Xperia Z3 Compact は相場価格が 35,000円程度なので、24回で割ると月々わずか1458円となる。これに格安 SIM の代金を組み合わせると、月々3,969円で運用可能。

僕はもうすでにキャリア契約するメリットはないと感じた。

以下の端末はすべて「みおふぉん」で運用可能。

-スマートフォン
-, ,