一台二役、モバイルバッテリー&USB充電器の便利アイテム『Anker PowerCore Fusion 5000』がセール

――これさえあれば怖いもの知らず。

日常のスマホの電源は『Anker PowerCore Fusion 5000』をバッグに入れておけば間違いない」で紹介している『Anker PowerCore Fusion 5000』。世の中にはさまざまなモバイルバッテリーが存在するが、急速 USB 充電器としても使えて、5000mAh のモバイルバッテリーとしても使える製品の便利さはこの上ない。

 

そんなモバイルバッテリーを販売する Anker(アンカー)は現在、アマゾンにて『秋のガジェットフェス』を、11月18日(訂正:正しくは111月8日でした。間違えた情報を読者の皆様にはご迷惑をおかけしております。大変申し訳ございませんでした。)の0時から23時59分までの1日間で開催中だ。『Anker PowerCore Fusion 5000(ブラック)』もちょっとしたランチ代くらいで購入できるので確認してみよう。

 

Anker PowerCore Fusion 5000 の特徴

  • 2つのポートが備わった急速充電器
  • 2台同時に端末の充電が可能
  • 5000mAh のモバイルバッテリーとしても使える
  • コンパクトで持ち運びやすい
  • 安心の ANKER 製品
  • 2,500 ~ 2,700円と安価→セール期間中は 2,079円

 

実際に2ヶ月間使ってみた感想

  • 旅行で活躍!持ち物がシンプルに
  • コンパクトなので日常生活でも持ち歩く。不意な飲み会や震災でも安心
  • 頭が重たいのでコンセントから抜けてしまう可能性も
  • 表面がプラスチックなのでやや傷つきやすい

 

実際にシンガポール旅行や台湾での旅行でも活躍した。最初は 5000mAh という容量に一抹の不安があったものの、ホテルで毎晩充電できる環境下であれば、残量20%程度になった iPhone 7 Plus のバッテリーも、2回程度 90% の残量まで持ち上げることができた。複数台のスマホを持ち歩く人にとってはこれ一台だと不安が残るかもしれないが、それ以外の人であれば問題はない。

モバイルバッテリーとしての安心感はもちろん、USB充電器としても活躍する。これまで旅行の際には、モバイルバッテリーと 4ポートの充電器を別々に持ち歩いていた。これは嵩張るし、重たくなるというデメリットも感じつつ、旅先で快適なガジェットの環境のためには必要だった。

 

Anker PowerCore Fusion 5000 を導入してからは、基本的にこれとケーブルを持ち歩けば良いので、充電環境がシンプルになったのが嬉しい。もちろん旅だけでなく、日常でも持ち歩けるサイズ感なので、急な飲み会や震災があったとしても安心感がある。

難点としては、壁に直接あるタイプのコンセントに挿すと若干安定性に不安なところ。スマホを接続した状態で使うと、ケーブルを引っ張った際に抜けてしまうこともあった。表面がプラスチックで細かいキズはつきやすいので付属のポーチに入れて持ち歩きたい。

 

セールは11月18日11月8日の0時から23時59分まで

個人的に 2017年のベストガジェット10 の候補にも入るほど便利なガジェットなので、気になる人は是非チェックしてみよう。これが2,000円で手に入るというのはオトクだ。