【 #カバンの中身 36】「仕事終わりに、没頭できる時間」を。『TiMEZ』運営者nocco氏の持ち物

好きなコトに熱中していたり、真剣な眼差しで仕事に取り組む人のカバンには、いったいどんなモノが入っているのだろう。そんな興味からスタートしたカバンの中身を見せてもらうこの企画。

36回目となる今回は、「仕事終わりに、没頭できる時間」をコンセプトに独自の世界観のある個人webマガジン『TiMEZ』の管理人であるnocco氏の持ち物を見せてもらった。彼のカバンの中には、いったいどんなモノが入っているのだろうか?

 

スポンサーリンク

 

「仕事終わりに、没頭できる時間」を提案するwebメディア『TiMEZ』について


TiMEZ(タイムズ)は、nocco(ノッコ)氏が運営しているwebマガジンで、「仕事終わりに、没頭できる時間」をコンセプトに情報を配信している。

「週末グルメ特集」や旅で訪れた場所などを連載形式で紹介しており、「この日なにしようかな」というシーンでついつい情報を探してしまう感じのメディアだ。旅や日常のアクティビティなどの情報をついつい読んでしまう。

TiMEZ について

 

nocco氏のカバンの中身

nocco氏のカバンの中身はこんな感じ。Surface Pro やフルサイズミラーレスの α7Ⅱ がカバンに入っているあたり、ブログとかウェブの人という感じ。

「仕事でいつ海外に行く必要があっても大丈夫なように」と、カメラのバッテリーチャージャーや三脚、モバイルバッテリーなども持ち歩く。

それでは持ち物を一つずつ紹介していこう。

 

Surface Pro| Microsoft

愛用する PC はマイクロソフトの Surface Pro。仕事で Windows を使う機会が多く、慣れているということもあり私用の PC も Windows を愛用している。

もともとは普通のラップトップPC を使っていたとのことだが、客先でプレゼンテーションする際や電車で立ちながら資料をチェックしたり仕事をする際に便利とのこと。

 

客先ではこのようにキーボードを取り外して、タッチ操作でプレゼンをしたりウェブサイトを見せたりするという。

 

意外な使い方だったのが、腕にキックスタンドを乗せての作業。立ちながらの作業だとこれがラクだそうだ。これは盲点だったが、たしかにこれは快適そう。

 

iPhone 8 | Apple

PC は Windows を愛用しているが、スマートフォンは iPhone 8 を使っている。Android と比較するとシンプルで使いやすく、iPhone 3GS の時代から使っている。

「写真の加工も純正の写真アプリだけでけっこう良い感じに加工ができるんですよ」とのことで実際に見せてもらった。たしかに Lightroom とか VSCO とかじゃなくても良い感じに仕上がっている印象。なお写真はミラーレス一眼で撮影している。

 

写真中央のバーを動かすと加工前(左)と加工後(右)の違いが分かります。たしかにこれで十分かも。

 

Anker PowerCore Fusion 5000 | Anker

「旅をすることが多いので、それを見越したモバイルバッテリーが欲しかった」と購入した Anker のモバイルバッテリー『Anker PowerCore Fusion 5000』。

AC 搭載でプラグ直挿しで充電できるほか、USBポートを2基搭載しているため iPhone やカメラの充電もこれ1台で行えるのが便利だそうだ。5000mAh のバッテリーを搭載しているので外出先でも iPhone を充電できるのは good。

 

 

α7Ⅱ |ソニー

もともとはキヤノンの APS-C センサー搭載の一眼を使っていたが、フルサイズが気になりはじめた頃にテスターで借りた α7Ⅱ が良かったために購入。色合いも好みで3年ほど愛用。

レンズは 55mm F1.8 のカールツァイスのレンズ『SEL55F18Z』を使っている。先日行ったばかりだというチェコもこれ1本で撮ったそう。綺麗に写るしよくボケる点が特徴。

「実はオールドレンズにも興味があって、今後は手を出してみたいです」とのこと。

 

ミニ三脚 PIXI | Manfrotto

「いつでも写真をベストな状態で撮りたい」ということで、α7Ⅱ でも使えるマンフロットのミニ三脚『ミニ三脚 PIXI 』を持ち歩く。旅先では自分を入れた写真も撮影するため、三脚があるとかなり便利。

屋内や夜景などを低感度で綺麗に撮影するためにも使用している。

 

created by Rinker
マンフロット
¥1,950 (2018/10/16 11:05:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

完全ワイヤレスイヤホン

通勤の移動中や寝る前に勉強をする際に使用している完全ワイヤレスイヤホン。AirPods は耳の形状に合わなかったので、アマゾンでインナーイヤータイプの完全ワイヤレスイヤホンを購入している。

ケーブルレスなので就寝前の英語の勉強中に寝落ちしたとしても大丈夫。

 

日本国旅券(パスポート)

仕事の兼ね合いで「来週行ける? 」と海外出張が入ることがあるというnocco氏。即座に航空券を予約するためにいつでもパスポートを持ち歩いているという。「パスポートを写真に撮って残しておくのはちょっと抵抗があって」。

 

ペンケースと筆記具

記事の企画をしたりなにかを考えるときには、文字や線を消せるシャーペンが便利。「本当は鉛筆が一番なんですが、削る必要があるので外では製図用のシャーペンを愛用しています」ということだそうだ。

ペンケースとして、ゾフのメガネケースを愛用している。

 

 

nocco氏にいろいろ聞いてみた

Q:モノの選び方を教えてください

できれば人と被らないモノを中心に選んでいます。シンプルなモノが好きなので、白とか黒いモノを選びがちじゃないかな~と思っています。

 

Q:なぜブログを始めたんですか?

SNS やブロガーのマーケティングを行っている企業『アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)』への入社がきっかけでしたね。ブロガーやインフルエンサーとのやり取りも多い職業柄、「これは自分でやってみないと分からない」と思い、アメブロやライブドアブログで簡単な日記形式のブログをはじめました。

現在の TiMEZ は 2017年に始動して、いわゆるブログ的な感じで情報を公開しています。上下はありますが、だいたい20万人くらいが毎月読んでくれているブログになりましたね。

 

Q:チェコに行ったり、コラボ的な企画も多い印象ですがどうやって実現しているのでしょうか?

まず、コラボ企画などは、いわゆる人同士のつながりが重要になってくると思います。例えば全然知らない人よりも知っている人のほうが物事を頼みやすいですよね。実際このカバンの中身インタビューも、そもそも接点がなかったら実現していないわけで。なのでまず人脈というか、人との接点を持つことが重要かなあと。

そしてブログにアピールポイントを持っているかは重要だと思います。TiMEZ の場合だと、旅行やグルメなど「会社員の週末」をイメージしやすいブログなので、コラボ企画にも明確なコンセプトが生まれます。ただ「雑記ブログです」というよりも、そうしたアピールポイントとなるコンセプトがあることは重要だと思います。

 

Q:今後ブログはどういうふうにしていきたいですか?

やっぱり会社員を続けながらブログを運営するというのが信念としてあるので、副業としてブログは楽しみながら運営していきたいです。

ブログに限った話でいえば、多くの人が「行ってみたい、知りたい」と思う情報を発信していきたいと思っています。例えば、普通だったら友人と「週末飲む? 」という会話で終わってしまうのが、TiMEZ を読んで「週末チケット取って北海道行っちゃう? 」みたいに、読者の行動範囲を広げてあげられたら面白いですよね。そういうコンテンツをどんどん書いていきたいです!

 

まとめ

こんな感じで TiMEZ の運営者であるnocco氏のカバンの中身を紹介してみた。会社員ブロガーというとガジェット系など自宅で書けるレビューブログだったり、仕事のハウツー系を書く人が多い印象だが、TiMEZ は「仕事終わりに、没頭できる時間」とコンセプトがあり、足を使った記事が多く読み応えがある点が多くの人に読まれる理由なのかなと思う。

また雑誌風に特集ごとに入り口が分かれていたりと、ウェブサイト自体の作りも面白い。転職して AMN でブロガーを起用したマーケティングなどの施策を行うとのことで、今後の TiMEZ とnocco氏が楽しみだ。

TiMEZ をチェックする

 

【あなたにおすすめのカバンの中身】

【 #カバンの中身 32】パーソナルモビリティをもっとクールに――機械エンジニア平田泰大氏のカバンの中身

【カバンの中身 23】さまざまなサービスはこの道具から。台湾の IT 系起業家 FOX 氏の持ち物

【#ブロガーのカバンの中身 4】男子ハック管理人 野村純平氏の持ち物

 

 

 

皆さんからの「カバンの中身」を募集します!

もっと「カバンの中身」が見てみたいので、皆さんからのトバログへの投稿を募集します。

 

これまでトバログではインタビューを中心に、ブロガーやミニマリストなどの「カバンの中身」を記事にしてきた。そのどれもが好評で、最近だと投稿してすぐに5000人以上の読者に読んでもらえることも増えている。

元々は「色々な人のカバンの中身を見てみたい! 」ということで、僕がただ見てみたいから始めたカバンの中身インタビュー。今ではトバログの人気連載となっていて、みんなカバンの中身とか持ち物が好きなんだなあと感じている。

「もっと色々な人のカバンの中身が見てみたい! でも1人じゃ限界がある! 」ということで、トバログ のカバンの中身のスピンオフ企画として、普段トバログの「カバンの中身」を読んでくれている皆さんからの投稿を募集します。