Pebble Time&Pebble

【Pebble Time】ベルトを市販の革ベルトに交換、ガラッと印象が変わります。

pebble-belt009Pebble Time のベルトを市販の革製のものに交換してみた。ベルトを替えると、いつも愛用している Pebble Time がちょっと違った印象になって良い感じ。

Apple Watch などと違い、Pebble Time は市販の 22mm のベルトが装着できる。なので Pebble Time は気軽にいろいろなベルトに交換できるので、仕事やプライベートでベルトを分けるといったことも可能。

スポンサーリンク

Pebble Time のベルトを交換してみる

pebble-belt002今回僕が交換するベルトはヨドバシで2,000円くらいで購入したネイビーの本革ベルト。これから秋や冬になるので、革製のベルトが欲しいと考えていたときに発見したもの。

質はそれなりだが、最初から高価なものを購入して失敗したらもったいないので最初はこれくらいで。

時計のベルトにはさまざまなサイズのものがあるが、必ず 22mm のベルトを購入しよう

pebble-belt003実際に Pebble Time のシリコンベルトを外していく。ベルトの根元部分のメタルパーツで簡単に取り外し可能。

pebble-belt004ベルトがない状態の Pebble Time。このまま紐を通して首からぶら下げてネックレスにしても面白いかも。

pebble-belt005さっそくベルトを交換しようとしたときに、Pebble Time のシリコンベルトのピンは流用できないことが判明。今回は初代 Pebble のものを代用しているが、ベルト交換を考えている人はあらかじめピンを買っておこう。

pebble-belt006無事ピンを通して交換完了。スマートウォッチの純正の白いベルトと大分印象が変わった。秋から冬にかけての服装にもよく合う。

pebble-belt007実際に装着してみたところ。シリコンベルトのように柔らかくはないため、最初は若干違和感を感じる。まぁ革ベルトなので使っていくうちに馴染んでくるので問題はない。

pebble-belt008ちょっと角度を変えてみると、ネイビーの色合いが良くわかる。Pebble Time はベゼルこそ金属製なものの、筐体はプラスチック製なので、革ベルトには Pebble Time Steel の方が違和感は少ないと思われる。

結論

pebble-belt009Pebble Time のベルトを替えるだけで、かなり違った印象となった。スマートウォッチはどれも似たり寄ったりな外観なので、ベルトで個性を出せると、スマートウォッチに対する敷居も低くなってくると思う。

気軽にベルトを交換できるので、オンは金属製のベルト、オフは革やキャンバス地のベルトなど着せ替えも楽しめるのも魅力。

ベルトを替えるのであれば筐体が黒い方がよさそう。

これからの季節はレザーベルトがおすすめ。

やっぱり仕事では金属ベルトという人には以下など

カテゴリ別に記事を読む

-Pebble Time&Pebble
-,