PC関係

[PR]個人から企業まで!ワードプレスのテーマなら『WordPressテーマTCD』がオススメ

tcd-theme-topブログやアフィリエイトサイトだけでなく、企業のホームページでも広く使われるオープンソース・ソフトウェア『ワードプレス(WordPress)』。ワードプレスは扱いが容易かつ無料で利用できるのでブログやウェブサイトでも人気(このブログもワードプレス)。

テーマ(着せ替え)を使えばワードプレス上でも様々なタイプのサイト構築が可能だが、無料のテーマだとカスタマイズが難しかったり、自分たちでである程度コードを追加する必要があったりと色々と不便。今回はデザイン性も高く、かゆいところに手が届くワードプレスの有料テーマを扱う『WordPressテーマTCD』を紹介したい。

オススメのワードプレスのテーマ『WordPressテーマTCD』


WordPressテーマTCD」 とは、株式会社デザインプラスが提供するワードプレスのテーマのブランドのこと。企業の紹介ページやメディア、個人ブロガーやアフィリエイターなど数十種類のワードプレスのテーマを安価で提供している。ワードプレスのテーマにおいて知名度は高く、既に知っている人も多いはず。

有料のワードプレステーマを選ぶメリット

tdc-theme-top2WordPressテーマTCD は有料テーマを扱う。僕が思う有料テーマを導入するメリットは

  • 他のワードプレスサイトと被りにくい
  • プロが構築しているので完成度が高い
  • 一からテーマを構築する必要がないので本来やるべきことに注力できる
  • サポートで安心

といったところ。

サイトの構築に時間を割くのは勿体無い

th_tobalog有料テーマ導入の一番のメリットとしては、完成されているテーマを導入することで別のことに時間を使えるということ。テーマを自分で構築すると多大なる時間がかかるし、無料テーマだとバグの修正など不安も尽きない。本業がウェブデザイナーなどでなければ、サイトのカスタマイズにリソースを割くのは本来の業務に支障が出るし非効率的だ。

ブロガーであればそれらの時間で記事を書くべきだし、個人経営の客商売なら製品開発や店の切り盛りで忙しいはず。そこで、ある程度カスタマイズされたテーマを有料で購入したほうが人件費を考慮すると安上がりだ。有料のテーマであれば、購入してインストールするだけで既に型ができているので、あとは自分達が載せたい情報をちょこちょこっと載せれば良い。

WordPressテーマTCD』の中からこれは良さそう!と思ったテーマを、いくつかピックアップして紹介したい。

写真がメインとなる写真家や料理家にオススメの『VIEW』

th_tcd-view1

写真をメインとしたポートレート形式のサイト構築にオススメのテーマ「VIEW」。美しい写真の撮り方を紹介するフォトグラファーのブログや、美味しそうな料理の作り方を紹介する料理家のブログなどにはこういった魅せるサイトがオススメ。

th_tcd-view2

記事内に入ると通常のブログ形式で記事が書けるので、ここに写真の撮り方や料理のメニューなんかを載せても面白そうだ。

th_tcd-theme

 

ポートフォリオが美しい!旅人や写真家にオススメしたい『PHOTEK』

tcd-theme7画像がポートフォリオのように並んでいるタイプのテーマ「PHOTEK」。カメラの腕に自身がある人や、世界各国を旅して周る旅人ブロガーなんかは是非導入してほしい。彼通常のブログ形式よりも、画像メインでサイト全面に押し出した方が魅力的に映るはず。

th_tcd-theme-photek画像をクリックすると、通常のブログのように簡単な記事も書ける。左側には画像が並んでいて、スクロールが可能。

th_tcd-theme-photek2もちろんレスポンシブデザインなのでスマートフォンからも快適に閲覧できる。たまに旅人ブロガーや写真家が、いわゆる一般のブログ形式で写真を紹介していることも多いが、この「PHOTEK」をテーマに設定すれば購読者も増えると思う。インスタグラムからワンランクアップしてみたい人に最適なテーマだと感じた。

th_tcd-theme

堅実的な魅せ方ができる企業にオススメのテーマ『LAW』

th_tcd-law1弁護士や会計士など、比較的規模の小さい B to B 企業にオススメしたいのが「LAW」というテーマ。堅実性のあるデザインと、どこにどんな情報があるかのわかりやすさが特徴的。

th_tcd-law2B to B 企業だと、いかにも初期設定のような垢抜けないデザインのウェブページも多い。発注をする際に他の企業と見比べた時にあまりにもサイトがダサすぎると見積もりの前に除外することもしばしば(僕の実体験に基づく)。「LAW」のように、ある程度テーマがしっかりしていれば、あとは会社概要など基本的な情報をテキストベースで流し込むだけでしっかりとした企業に見える。

th_tcd-law3また企業の場合、事前に相手先企業のウェブページからある程度情報を汲もうとする。僕もそのうちの1人で、よく電車の中でスマートフォンから確認する。その際にレスポンシブ(スマホにも読みやすいように最適化されていること)対応していないと見づらいこともしばしば。

LAW」ならレスポンシブ対応されているのでその心配もない。

th_tcd-theme

 

旅行や恋愛など情報ポータルサイトにオススメ!『CORE』

tcd-theme5

CORE」は、旅行系サイトや恋愛ポータルサイトなどの情報を提供するためのウェブページにオススメのテーマ。トップに綺麗な写真を載せられたり、サイドバーのウィジェットを14の項目から選べたりと、ウェブの知識がなくても簡単にカスタマイズが可能。

tcd-theme6
画面上部の鮮やかなメニューバーには、カテゴリ別に表示できる。ミニウィジェットでギャラリーが表示できるなど、細かいところまでカスタマイズできるのが魅力的だ。

th_tcd-theme

 

メニューやギャラリーの設置も可能!飲食店にオススメな『SWEETY』

tcd-theme9

飲食店や雑貨屋などの店舗のページにオススメのテーマ「SWEETY」。特にレストランやカフェなどはネットで調べてから来店する場合も多く(僕もそのひとり)、その際に重要な情報源となるのが店のウェブページ。そのデザインがイマイチだったり情報が少なすぎるとあまり来店する気持ちは起きない。

tcd-theme11
SWEETY」は店舗を持っている飲食店などに特化したテーマで、洗練されたデザインとカスタマイズのしやすさから人気とのこと。メニューを表示したり店舗の地図を設定し、自動的に綺麗な見た目に変更してくれる。

tcd-theme4また最近だとこういったウェブページの訪問者はスマートフォンからの流入も多い。「SWEETY」ならレスポンシブ対応しているのでスマートフォンからの表示も綺麗だ。

th_tcd-theme

 

初心者から玄人まで。ベーシックなブログ形式テーマ『BlogPress』

tcd-theme8多くのブログサイトで使われるワードプレステーマ「BlogPress」。写真だけでなく文字がメインであるブロガーであればブログの形式はこういったベーシックな形に落ち着くはず。このテーマは無料テーマにはない、幅広いカスタマイズが簡単にできる点が魅力。

tcd-theme1BlogPress」の良いところは、初心者でも簡単にフォントや日付などの表記を変更したりカラム数などを変更できる。通常であればこういった項目は CSS や PHP といった言語を使って変更を行う必要があり初心者には敷居が高い。他にも広告の位置を差し込んだりも簡単。

tcd-theme2ワードプレスは様々なカスタマイズが可能なのが魅力だが、ある程度プログラミングの知識が必要だったりと気軽な気持ちでブログを始める初心者には敷居が高かったりする(僕は現在進行形で苦労している)。こういったかゆいところに手が届くテーマを最初に導入しておけば、コーディングの勉強などから入る必要がない。

詳しいところは詳細ページをどうぞ。

th_tcd-theme

有料テーマを探すなら『WordPressテーマTCD』

tdc-theme-main一口にウェブサイトといっても、分野や目的によっても全く趣向が違ってくる。例えば写真を紹介したいサイトなのに文字をメインとしたテーマではイマイチ訪問者に魅力は伝わらない。また、ブログやウェブサイト製作がメインではないのにテーマの最適化にリソースを割くのは非効率的で勿体無い。

WordPressテーマTCD」では目的や分野別にベストな状態で特化したテーマが数十種類販売されており、インストールするだけで簡単に最適化されたテーマを適用できる。上で紹介したテーマ以外にも紹介しきれないほど魅力的なテーマがたくさんあるので、是非ウェブページを確認してほしい。

th_tcd-theme2

カテゴリ別に記事を読む

-PC関係
-