タイプカバーもぴったり。Surface Goには『Amazon ベーシック』の10インチスリーブケースがおすすめ

Surface Go におすすめのケースシンプルだしサイズもピッタリな Surface Go 向けスリーブケース。

ちょっと前に『あると便利な Surface Go アクセサリーまとめ』という記事を書き、 Surface Go 用のケースを決めあぐねていると話した。丁度良いサイズ感でクールなケースがなかなか見つからなかったので、取り急ぎ Amazonベーシックの『タブレット ケース スリーブ バッグ 10インチ』を購入した。

649円と破格の割には丈夫でしっかりしているし、何よりタイプカバーを装着した Surface Go にピッタリサイズだった。これはおすすめしたいので紹介しておこう。

 

■良い点

  • 安い
  • Surface Go にピッタリでシンプル
  • クッション素材で衝撃をある程度吸収する

 

■残念な点

  • カラーが一色のみ
  • 欲を言えばあと 5mm 程度大きくてもよかった

 

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥649 (2018/12/18 20:43:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

Surface Go ケースに。『Amazon ベーシックの10インチタブレット用スリーブケース』

Amazon ベーシックの10インチタブレット用スリーブケースこちらが手元に届いた『Amazon ベーシックの10インチタブレット用スリーブケース』。価格は 649円で、文字通り10インチ級までのタブレット端末を収納できる。

柔らかいクッション素材でできているので、カバンの中に入れて持ち歩いてもある程度の衝撃は吸収してくれるはず。格安のケースにありがちなペラペラ感はなく、しっかりと重厚感を感じる素材だ。

10インチ級はカラーがブラックのみだが、11.6インチ級であればグレーやネイビーなど4色展開(ただしブラックはなし)。僕はできるだけ小さくしたかったので 10インチを選んだ。

 

内側はなんと起毛素材となっていてディスプレイに傷が付くのを防いでくれる。これで600円台とは、さすがアマゾン。

 

ファスナー部分は開けやすく大きめのタブが付いている。

 

Amazonベーシックといえばオレンジっぽいアマゾンのロゴが印象的だが、最近は変わったのかモノトーンになっている。

個人的にはこっちの方がシンプルで好き。

 

  • 収納可能サイズ:約23.6×18.2×1.0cm (横x縦x厚)
  • 重量:106g(実測値)

 

実際に Surface Go を収納してみる

実際に Surface Go を収納してみる。10インチか 11.6インチで迷ったのだけれど、Surface Go は10インチだし、このケースも伸縮性高そうだし10インチでいけるのでは? と思いこちらを選択。

 

Surface Go におすすめのケース2

タイプカバーを装着したままだとやや窮屈な印象はあるが、それでもぴったりと収納することができた。ゆったりめが好きな人は 11.6 インチでも良いかもしれないが、僕は10インチでも十分だと思う。

 

Surface Go を収納してもまだ 1kg を切っている。ちなみにアルカンターラ素材のタイプカバーとガラスフィルムを装着した状態。

 

なお『あると便利な Surface Go アクセサリーまとめ』でも紹介している USB Type-C ハブと Surface Arc Mouse を一緒に収納して持ち歩くことも可能。

 

まとめ

こんな感じで Surface Go ケースとしての Amazon ベーシックのスリーブケースを紹介してみた。

最初は「とりあえず安いし買っておくか」という感覚だったのだけれど、実際にモノを見てみると、厚手でしっかりしている。Surface Go がびっくりするくらいぴたりと収まるので、しばらくはこれを使う予定。

Surface Go って iPad よりも厚みがあって大きいし、12インチ MacBook ケースだと大きすぎる、ゆえに丁度よいケースはなかなか見つからないのだけれど、これなら胸を張っておすすめできる。

Surface Go 用のケースを決めあぐねている人は、騙されたと思って一度購入してみてほしい。

 

あると便利な Surface Go アクセサリーまとめ

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥649 (2018/12/18 20:43:44時点 Amazon調べ-詳細)