11インチ iPad Proと一緒に買った4つのアクセサリー


先日『11インチiPad Proを買いました。買った理由とか』でも書いたとおり、(僕にとっては)新しく 11インチ iPad Pro を購入した。まあずっと iPad 自体はずっと使い続けているので感動は薄いけれど、それでもやっぱり新しいガジェットというのは使っていて気持ちが良い。

より11インチ iPad Pro を快適に使うために、iPad Pro と一緒にいくつかの周辺機器&アクセサリーを購入していた。動画ではすでに紹介しているが、せっかくなので記事でも紹介しておこう。

 

 

iPad Pro と同時に購入したいくつかのアクセサリー類

  • Apple Pencil(第2世代)
  • 白い Smart Folio
  • ペーパーライクフィルム
  • USB-C – SDカードリーダー

僕が同時購入したのは上記の4点。それぞれのアイテムについて紹介しておこう。

 

Apple Pencil(第2世代)


「せっかく iPad Pro を選んだのだからペンですらすら絵が描きたい! 」ということで、Apple Pencil を購入。税込みだと1万6,000円を超えるのでけっこうな高級文房具だが、iPad Pro ユーザーの最適な選択肢はこれだけなので、飛ぶように売れている。

元々9.7インチ iPad Pro を愛用していた頃から Apple Pencil は所持していたのだけれど、11インチ世代(2018年発売)からは新しい Apple Pencil じゃないと使えなくなっていた。

 

まあ「必要だし仕方がなく購入した」という感覚ではあるが、新しい Apple Pencil のマットな質感と無接点充電ができる点は最高。そして反応速度の遅延(レイテンシー)もほぼ感じず、本当にペンですらすらと書いているような感覚。けっこう気持ちが良い。

 

アマゾンでチェックする

 

白い Smart Folio

「せっかくだから純正ケースも欲しい」と思って買ったのが、この Smart Folio。従来は背面とディスプレイでそれぞれ別売りのカバーとケースだったが、Smart Folio は側面以外はしっかりと細かいキズからのカバーはしてくれる。

定価1万1,000円くらいなので「保護ケースとしては高い……! 」と思ってしまうが、アップルの本拠地であるサンフランシスコでは年収1300万円でも低所得と言われている世界線なので、彼らからするとまあ妥当な金額なのだろう。

 

まあ価格はともかく、デザイン性と質はかなり高く、11インチ iPad Pro にぴたりとマッチする。真っ白なので1年も使えば汚れてきそうだが、ファッションと考えればまあ良い感じ。

 

 


表面は iPad 2 からお馴染みの風呂フタのようになっていて、2パターンのスタンドとしての役割も担う。

 


まあ保護性能は正直なところ最低ランク。とくに側面はカバーしていないので、誤ってデスクから落としただけでもディスプレイが割れそうだ。見た目は好きだが、保護性能や価格を重視するなら TPUの柔らかいケースの購入をおすすめしたい。

 

アマゾンでチェック

 

■なぜ Smart Keyboard Folio にしないのか

なぜキーボード付きのカバー『Smart Keyboard Folio』にしないのかをよく問われるので答えておくと、理由は3つ。まず「カラーが1色展開でみんな同じの持ってるから」。そして「iPad は基本ビューワーだしキーボードは HHKB を使うから」。そして白い Smart Folio が予想以上にお洒落だったから。

 

紙のような書き心地になるペーパーライクフィルム


Apple Pencil を快適に使うために、さらりとした感触のペーパーライクフィルムも同時に購入した。これまでは手触りを重視してガラスフィルムを愛用してきたが、Pencil を使う場合はつるつると滑りすぎて書きにくい。

そんなわけで「まるで本当に紙に書いているような感触になる」というこのフィルムを導入したというわけ。

まあ従来のアンチグレアフィルム(指紋が目立たない、反射しづらい)で謳っていたフィルムに近い素材感で、正直ディスプレイの視認性や透明度は落ちる。

Apple Pencil を使ったときの感触は自然そのもの。これは本当に良い。一部ユーザーからは「Apple Pencil のペン先が2ヶ月くらいで減る! 」というコメントがあったので、頻繁に手書きする人はペン先も買っておこう。

 

アマゾンでチェック

 

USB-C – SDカードリーダー


そして最後に忘れてはならない『USB-C – SDカードリーダー』。僕はどこかにでかける際にはだいたいカメラを持ち歩き、写真や動画を撮影している。そうなってくると必要なのがSDカードリーダー。

これまでは Lightning タイプを愛用してきたが、これは iPad(Lightning端子搭載モデル) と iPhone でのみ使える限定的なアイテムだった。

『USB-C – SDカードリーダー』なら MacBook系列 や Android スマホ(BlackBerry KEY2)でも使うことができるので、基本的に持ち歩く SDカードリーダーがこれ1つだけでよくなる(しかも純正なので安心感ある)。そんなわけで購入。

 

実際に使ってみると、まずSDカード内のデータをすべてリロードするので思ったより時間は掛かりそう。ただリロードが終わって読み込む速度は速いので、100枚単位で写真を移行するなら便利だ。10枚程度ならカメラの専用アプリなどからダウンロードする方が速いかも。

 

アマゾンでチェックする

 

まとめ

白っぽい感じが良いなあと思って普段持ち歩くモノと並べてみた

こんな感じで『11インチ iPad Pro と一緒に購入したアクセサリー類』を紹介してみた。つらつらと主観で記事としてみたが、まあまず買ったのはこんなもん。

これでも3万5,000円分くらい買っていて、下手したらアクセサリーだけで iPad mini が買えるのでは? とは思うが、まあそれでも良い買い物ができたとは思う。

以下の動画の後半でも紹介しているので、動いているようすが知りたいという人は、ぜひ動画もチェックしてみてほしい