iOS用折りたたみ式Bluetoothキーボード『Freedom i-connex 2』レビュー後編。使用感など

th_DSC02690今回は、iOS用折りたたみ式Bluetoothキーボード『Freedom i-connex 2』の使用感を紹介。こちらは後編なので、まずは機能性を紹介している前編「iOS用折りたたみ式Bluetoothキーボード『Freedom i-connex 2』レビュー前編。ダサいけど便利」をどうぞ。

スポンサーリンク

 

Freedom i-connex 2 の使用感

ここからは Freedom i-connex2 の使用感をレポート。

ipad-keyboard-free15まずは電源を入れる。ペアリングは一台までだが、電源を入れれば繋がるシンプルさは良い。別の機種に切り替えたくなったら電源ボタン上のペアリングボタンをボールペンか何かで押す必要がある。

ipad-keyboard-free18iOS上には “Freedom ICX-2 Keyboard” と表示される。タップするだけでペアリング終了。

th_DSC02688ペアリングが完了したらすぐに使える。キーボード上の赤いアイコンは “fn” キーと同時に押すと使える。主にコピペや画面ロック、明るさや更新などが行える。

実は最近の iOS対応のキーボードであれば大抵はショートカットができるのだが、アイコンが大きく表示されているのは初心者にもわかりやすい。

キーピッチも広く打ちやすい。打鍵感は軽く少々安っぽい印象。しかし大抵の折りたたみ式キーボードは似たような打鍵感なので仕方がないのかも。またキーストロークは Apple純正のものよりも深くキーを”押している”という感じは強いのは良好。

ipad-keyboard-free21若干気になったのが “Enter” と “Delete” の位置とサイズ。Enter はそこまで問題ないのだが、Deleteキーの位置が Apple純正のキーボードとはズレているので操作しにくい。デリートしているつもりが “]” を連打していることも。

また、Apple 純正のキーボードでは “Tab” で予測変換入力できるのだが、こちらではスペースキーのみで可能。
 

持ち歩いた印象

th_DSC02690折りたたみ式キーボードの購入理由の多くは “持ち運ぶから” だろう。なので実際に Freedom i-connex2 を持ち運びやすさを紹介。上は折りたたんだ状態のキーボードと iPad Air のサイズ感。当たり前だが、キーボードを折りたたむとサイズが半分の大きさになる。

ipad-keyboard-free22専用のケースも付属しているのでそれに収納して持ち運ぶ。

ipad-keyboard-free23iPad Air がギリギリ入るサイズのショルダーにも容易に入る。折りたたみ式ではないキーボードだと、このサイズのショルダーバッグには入らないか、キーピッチが十分でなく打ちにくいかのどちらかになるので、こういった際に重宝する。

折りたたんでこのサイズならキーボードを横にして収納できるので、10,000mAh クラスのモバイルバッテリーも入る。

ipad-keyboard-free6キーボードの重量が電池込みで 285g と少々重いが、電池持ちは良い。またバッテリー式のキーボードと違い、充電切れの場合は単四電池2本を購入すれば使用可能となるので安心感は大きい。世界中で電池は購入できるので海外旅行にもオススメ。
 

まとめ

ipad-keyboard-free21小さく折りたためるので、外出先でブログを書いたりキーボードを外で使いたい人にオススメのキーボード。また JIS 配列ながら、かな印字が施されていないというのも良いと感じた。価格も安くなり買い求めやすいので、折りたたみキーボードの購入を考えている人にとっては良い選択肢となるだろう。

家で使うなら Apple 純正品が無難かも。