Apple Wireless Keyboard レビュー。Mac & iPad の自宅用キーボードとして最適

apple-keyboard5地元の中古屋ショップで状態の良い “Apple Wireless Keyboard”が3000円という破格で売られていたので即購入。詳しいスペックレビューなどは他所でされ尽くしているので、使用感などを簡単にレビューしたい。

スポンサーリンク

 

Apple Wireless Keyboard 使用感

apple-keyboard1実は僕が大学1~2年くらいの頃までは、レポートや課題を iPad でこなしていた。なので Apple Wireless Keyboard を所有していたことがあるのだが、当時は金欠でオークションで売ってしまった。その後円安の関係で値が上がったので買い戻せず今に至っていた。

ここ最近は将来的に外部モニタを導入した時に必要だと思っていて、高いけどそのうち買おうと思っていたのでグッドタイミング。

apple-keyboard2キーピッチなどのサイズは MacBook Pro Retina のものと同じ。キー配列が異なり覚えにくいということはない。

apple-keyboard5キーの色が白なので『【一人暮らし】イケアでPCデスクを構築。6000円で広々デスクトップ環境を作る。』で紹介した僕のデスクに良く似合う。Anker のタブレットスタンドにもマッチ。

僕が Mac 配列のキーボードをいくつか所有しているのにも関わらず、Apple Wireless Keyboard を購入した最大の理由がこのデザイン。iPad や MacBook など Apple 製品が多いと、自然とこういったデザインにまとまる。

Anker の製品が選ばれるのもアップルの純正品のような佇まいだからだと思う。

Apple Wireless Keyboard の悪い点

キーのバックライトが光らない

apple-keyboard10まぁ特に問題ではないのだが、暗所で普段あまり使わない記号を打ちたい時に少々困る。Capsロックキーだけは光るしくみ。 Surface の薄い Type Cover でもバックライトは搭載しているので Apple Wireless Keyboard もそろそろ頑張ってほしいところ。

バッグの中で誤作動が起きやすい

apple-keyboard8Apple Wireless Keyboard の電源ボタンはサイドに取り付けられているのだが、実はカバンの中に放り込んでいると、何かに当たって誤作動を起こす。

iPad とペアリングしてカバンの中に入れていたら、電車の中で電源がオンになり勝手に音楽が再生されて恥ずかしい思いをしたことがある。

打鍵感が MacBook  Pro のものと比べるとやや固く、違和感がある

apple-keyboard9これは個人的な感想だが、MacBook Pro のキーボードと比べて若干固く、それに慣れている僕にとっては打ちにくいと感じた。もちろん慣れれば問題ないレベルだが、同じアップル製品でもここまで変わるのかと戸惑った。

Apple Wireless Keyboard の良い点

キーボードの位置が自由

apple-keyboard4MacBook Pro は当然キーボードが固定されているので肩への負担となり、肩こりの原因となる。その点、Apple Wireless Keyboard は机に置いたり膝の上に置いたりとフレキシブル。

iPad & iPhone でも使える

apple-keyboard6当たり前だが iPad や iPhone でも同じキーボードが使える。ただ Apple Wireless Keyboard は大きくそれなりに重量もあるため、外で iPad で何か書くときは『膝に置いて使える iPad用キーボードケース ZAGG Folioが届いたのでレビュー』を使う。

キーボードの配列が Mac と同じ

apple-keyboard3キーボードの配列は当然いつも使っている MacBook と同じなのでシームレスに使える。
 

まとめ

apple-keyboard7大学1~2年の時に使っていたキーボードを久しぶりに手にして懐かしい気分になっている。今のところはそこまで頻繁に使っているわけではないが、自宅での作業専用に外部モニタを導入したら毎日使用するようになると思うので、そしたら改めてレビューしていきたい。