トバログ

アナタの物欲を刺激するライフスタイルブログ


台湾

【トバログ的台北旅遊 Day.1 】台北に到着!ブロガーオフ会への参加など

taiwan-june13今日から台湾に滞在している。目的は『6月に1週間ほど台湾に行ってきます。』でも書いている通り、ブロガーイベントへの参加、世界中が注目する半導体など電子パーツの展示会 Computex Taipei への参加。まぁ結果的に飛行機が2時間ほど遅れたためComputex Taipei には参加できなかった。

スポンサーリンク

 

いざ、台湾。

scoot今回僕はスクートというシンガポールの LCC で台湾に向かう。スクートを選んだ理由は、スカイスキャナーでチケットを検索した時に最も安かったから。運良くセールの時期と重なっていたようで、諸税込み片道6,000円程度で予約できた(保険に入って7,000円くらい)。

プライベートで安く旅行したい場合ときなんかは最高かもしれない。ただよく遅延するので時間に余裕は持った方が良いかも。

今回の荷物はこんな感じ。Engadget の布製トートに入っているものが着替えで、あとは全部電子機器類。そのため画像ではかなり少ない荷物に見えるがかなり重い。カメラと12インチの MacBook 込みでだいたい10kgほど。

成田までは東京シャトル

keisei-bus-narita1今回予約したスクートは11:50分の便だったので、2時間前には空港に到着するよう逆算して7時半くらいに東京駅を出た。東京駅からは『東京駅から成田空港まで900円の京成「東京シャトル」の予約方法、感想など』で書いたシャトルバスを利用。理由は安いしバスの方がラクだから。

成田空港についたら、なんと予定の便が1時間ほど遅れているとの情報が。予定では14:30には桃園航空に到着し、1時間ほどかけて台北市内にバスで移動して Computex Taipei をひと通り見る予定だったのだが、どうやらちょっと雲行きが怪しい。
混雑したロビーに佇むのもなんなので、さっとチェックインを済ませて中に入る。

taiwan-june10僕の便は88番ゲート。LCCには有りがちな大きい数字のゲートで、たいてい遠い。中に入ってから15分は歩くと思う。今回はバックパック1つでの旅なので、免税品を出発前に購入している余裕もない。

とりあえず88番ゲートを目指す。案の定88番ゲートは離れた場所にあり、結構歩いた。というか、こっちまで行くのって電車みたいなのに乗らなかったかな?(また別のゲート?)

成田ターミナル2内のゲート付近のカフェには電源、WiFi完備。個室スペースも

taiwan-june9途中になかなか良い感じの休憩スペースを発見。88番ゲートもすぐそばだし、出発まで3時間くらいあるのでここで休憩。

taiwan-june2なんと個室のフリースペースが!しかも充電できるという素晴らしい場所を発見。見たところ新しいように感じるけどいつからあるんだろう。

taiwan-june1カフェでビールを注文した。ヱビスのマスターズドリーム(700円)を個室風休憩スペースで嗜みながらブログ記事を書く。これほど至福の時間を過ごせるのは人生に何度あるのだろうか。

taiwan-june8オープンスペースにも電源が完備されている。

taiwan-june12またもう少し進むと西川の「Air」 を試せる休憩スペースも。今日はいつもより早めに起きて寝不足。もし自分の身体が2つになったら、片方はこちらで寝ているかもしれない。

taiwan-june1388番ゲートに到着。出発は遅れに遅れ、13時を過ぎてしまった。まぁ飛行機にはよくあることなのだが、あまりに久しぶりのフライトで時間に余裕をもたせるのを忘れてしまった。

次回は前日入りしよう。

 

機内は普通。強いていえば自分の席(窓際)に別の人が座っていたことくらい。まぁ通路側の方が脚を伸ばせるし意外と快適なので良いんだけれど。

なんか食べるか〜と思ってメニューを開いたらアホみたいに高い…。地上の3倍くらいの価格だったので我慢する。プリングルスとコーラの小さい缶のセットで$7もする。

台湾に到着!まずはSIMカードを契約

taiwan-june14桃園に到着。予定では14:30くらいに到着予定だったのだが、遅延でだいたい2時間ほどの遅れ。Computex への参加は不可能だった...。

ネット環境が生きられないので、まずはさっさと両替して SIMカードを購入。7日間で500元(1700円くらい)。安い。

バスで台北市内に向かう。僕がいつも利用しているのは國光客運。125元で台北駅まで運行している。その他にも松山空港や台中など、行き先はいろいろ。
台湾ブロガーオフ会は16時からなのだが、この時点で既に16時半。台北駅で降りる予定だったが、途中で降りてタクることに。初乗りは70元ほど。20分ほど走って200元ほどで到着。200元といっても東京の初乗り価格とそう変わらないので、円安が効いているといってもやはり安いものは安かった。
 

台湾ブロガーオフ会へ参加!

taiwan-june251無事台湾ブロガーオフ会に到着。場所は台北の MRT の港墘駅からほど近い「武蔵拉麺」。到着した時には既に18:30になっており、会場は良い感じに温まっている。朝からビールしか飲んでいないのでとりあえず腹ごしらえをした。

taiwan-june252参加者と話しをしていると、意外にも台湾でブログを書いている人はそこまで多くなく、日本で普通の会社員をしていたり(まぁ僕もだけど)、中国の田舎で駐在員をしている人、マレーシアやタイからの参加者などさまざま。写真を撮るのをすっかり

taiwan-june16終盤に差し掛かりいきなりの抽選会。主催側と繋がりのあるブロガーがそれぞれ景品を持ち寄り、じゃんけん大会が開催された。

taiwan-june17個人的にホットだったのは Android と Windows のデュアル OS を積んだ中華タブ「原道」と、最高スペック8コアの「紅米Note3」。ちなみにトバログでも紅米Note3は以前後輩に借りてレビューはしている

taiwan-june18これらの景品提供者は「イガモバ」を運営する五十嵐氏。美味しいタピオカミルクティーを知っていそうな苗字の、気さくで面白い人だった。

2次会へ

taiwan-june254

taiwan-june21

taiwan-june22二次会は近くの居酒屋。台湾によくある1皿100元とかのやつ。台湾の生ビールと、久しぶりの台湾料理を楽しんだ。

ホテルまでの帰路

taiwan-june23良い旅夢気分で帰路。12時までのチェックインだと思い、焦ってタクったものの「チェックアウトが12PM」というだけだった。

僕が今回泊まったのは「貝殼窩青年旅舍 - 台北 Backpackers Inn, Taipei」。ここについてはまた後日詳しく記事にしたい。
 

まとめ

ガジェット関連のブロガーとはたまに会って話したりするのだが、普段台湾在住のブロガーと話す機会はあまりないので新鮮だった。またブログ更新します。

↓今回の旅で持ってきて本当に良かったと感じたのは無印のフィットするネッククッション。バックパックでの旅なので持っていくか本当に悩んだが、長時間の旅で背中と座席の間に挟むことでとにかく快適だった。これはマストバイ。

-台湾
-, ,