カメラと旅と、メルボルン。青い海と断崖絶壁のグレートオーシャンロードをただひたすら走る


ゆったり更新中の『カメラと旅と、メルボルン。』より。

メルボルンは近代的な街から文化的な建造物があり、写真を撮るのが面白いという話は、もう何回も記事にしていると思う。そしてビールが美味しいということも、前回の記事で触れた。まだ読んでいない人は、ぜひ読んでみてほしい。

さて、今回は海沿いの絶景をひたすら走る『グレートオーシャンロード』について紹介しておこう。日本ではまず出会えない、青い海と断崖絶壁のすぐ隣を走る旅。

シティサイドも楽しいけれど、自然もとにかく楽しめるのがメルボルン旅の醍醐味だ。

 

※この記事企画『カメラと旅と、メルボルン。』は、オーストラリア・ビクトリア州の観光局とカンタス航空のサポートを受けて旅に出ています。

 

レンタカーを借りてメルボルン市街地からグレートオーシャンロードに向かう

グレートオーシャンロードは、メルボルンから車で2~3時間のところにある海沿いの道。日帰りツアーでも訪れることはできるが、もし写真を撮るのが好きなら、レンタカーを借りることをおすすめしたい。

ところどころに無名のフォトスポットがたくさんあるので、つい立ち止まって写真を撮りたくなるからだ。だから僕たちは無論レンタカー派。

 

「海外でレンタカーって怖い! ハンドルも違うし……」と思われるかもしれないが、実はオーストラリアは右ハンドルで日本と同じ。交通ルールもほぼ日本と変わらないから、運転もまったく難しくない。

国際免許証は、近くの免許センターで1時間くらいで取得できるし、意外と海外で運転するハードルは高くない。どちらかというと、東京の狭い道を走る方が何倍も難しい。

――

そんな感じで僕たちはメルボルン市内の AVIS レンタカーで車を借りた。「君たち日本から来たの? 最高じゃん! 僕も日本大好きなんだよ! 」と、担当者のテンションが上がっていて、こちらまで嬉しくなってしまう。

 

ひたすら真っすぐの道を走ってグレートオーシャンロードへ

レンタカーを借りたら、あとはひたすら真っすぐ南に向かって走るだけ。グレートオーシャンロードの玄関口と言われる Torquay(トーキー)まで約1時間ほど運転する。

トーキーはサーファーの聖地と呼ばれ、オーストラリアのサーフィン文化発祥の地だそうだ。クイックシルバーなど多くのサーフブランドはここから生まれている。そしてグレートオーシャンロードの玄関口となる街だ。日本でいうところの湘南エリアに近い。

オーストラリアの高速道路は、まるで映画の世界にいるかのような地平線がずっと続く。とにかく面白い。

 

サーファーの聖地で腹ごしらえ

 

海鮮系のレストランでランチタイム。オーストラリアは刺し身は食べないけど、至るところで生牡蠣が食べられる。「海外で生モノって怖い」と思うかもしれないが、実は牡蠣は海外の方があたらない印象。

実際、この旅で100個以上の生牡蠣を食べたのだけれど、1回も誰もあたらなかった。フランスの牡蠣もそうなのだけれど、貝毒が溜まりにくいというのがあるらしい(オーストラリアもこれに当てはまるかは不明)。

だからこそ、日本の多くの牡蠣のように「無菌状態で断食させて提供」というステップを踏まないそうで、だからこそ味も濃厚でとにかく美味しい。

 

「日本から来たのか? 俺を撮ってくれよ! 」と店員さん。日本が大好きだそうで、ちょっとだけ日本語も話せる。

 

グレートオーシャン・ロードを通る

腹ごしらえも済んだところで、ここからは高速道路ではなく、グレートオーシャンロードの道のり。ぐねぐね道でずっと海沿いを走るので、日本でいうところの伊豆エリアのような感覚。

さっそく海がきれいすぎて記念撮影。普段セルフィーなんて絶対にしないのに、海外に来るとテンションが上がってしてしまう。

 

道中にあったちょうど良い桟橋で休憩。この辺はかなり田舎だけれど、それでもみんなのんびりと過ごしていて楽しい。

 

至るところにセレブな別荘が建っている。とくにこの1枚目とか、すごい金持ちが建ててそう。離れでいいから住みたい。

 

グレートオーシャンロードの見どころ!

グレートオーシャンロードも終わりに差し掛かると、こんな感じで凄まじいサイズ感の絶景が楽しめる。波も高く、断崖絶壁のサイズ感がすごい。

 

ヘリに乗って上から見下ろす

今回は特別に、ヘリに乗って上空からグレートオーシャンロードを楽しむ。グレートオーシャンロードは、断崖絶壁の湾岸沿いに作られた道路。

第二次世界大戦時の帰還兵が重機を使わず人力で、つるはし、ダイナマイト、シャベルを使って整備したとされている。16年の歳月をかけて完成させたそうだ。すごい。

 

 ヘリの遊覧飛行は15分で約1万5,000円程度。意外とお手頃なので、もしグレートオーシャンロードに訪れるならばぜひトライしてみてほしい。

 

「俺たち日本大好きなんだぜ! 」と声を掛けてくれた人たち。オーストラリア人は、どこに行っても褒めてくれるので最高に良い気分……! だから僕もこうしてオーストラリアの良いところを、日本のみんなに紹介したくなる。

 

まとめ

こんな感じで、写真撮影含め5時間くらいかけて宿のあるポートキャンベルに到着。この写真は20時くらいだが、まだ夕暮れ時くらいの感じ。また行きたいなあ。

こんな感じでグレートオーシャンロードを満喫できた。また次の『カメラと旅と、メルボルン。』でも、メルボルン近辺の良いスポットを紹介していきたい。

 

※この記事企画『カメラと旅と、メルボルン。』は、オーストラリア・ビクトリア州の観光局とカンタス航空のサポートを受けて旅に出ています。

 

カンタス航空のセールで今ならメルボルン〜羽田が往復5万円〜!

現在カンタス航空ではメルボルン〜羽田の就航記念として、5万円〜で往復できるキャンペーン中。2月27日までのセールで、今年いっぱいのフライトチケットが購入できるそうなので、夏休みとか秋くらいにメルボルン行ってみたい! という人はぜひチェックしてみてほしい。

カンタス航空のトップページにトバログが登場しています。