担当者に聞いた!「GPD WIN 2」は2017年末にも発表予定。Core m3 搭載、SIMカードスロット搭載予定は無し

5月10日(水)から12日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催している「Japan IT Week 春」より、GPD Technology のブースの担当者から GPD WIN 2 についての情報を手に入れたので記事にして紹介しておきたい。

なお、このブースにて展示している GPD Pocket のレビューについては『【GPD Pocket実機レビュー】キーボードの使用感など。技適や初期ロット出荷数についても聞いてきた』をどうぞ。

スポンサーリンク

GPD WIN 2 は今年末にも登場予定、CPU は Core M を搭載予定

GPD WINは深センのゲーム機器ハードウェア企業 GPD Technology 社が発売した Windows OS 搭載のクラムシェル型のパームトップ PC。昨年クラウドファンディングサイト “Indiegogo” で出資を募り、目標出資額に対して 500% を達成し、世界中で話題を集めた。

日本国内でもガジェット系の感度が高い層を中心に話題に上り、PC ゲームを楽しむ人のみならず、開発者やライターなどからの注目度も高かった印象。

 

そんな GPD WIN だが、GPD のブース担当者によると、現在市場の出回っている GPD WIN よりもスペックアップした端末「GPD WIN 2(仮称)」を、今年の末あたりにローンチする予定だとした。

外観やスペック、具体的な発表時期など詳しいの情報は手に入れられなかったが、一部ハードの情報は手に入れられたので紹介。GPD Pcket ではなく GPD WIN としての後継機種ということで、勝手な解釈をすると Windows OS 向けのゲームのためのゲーミングマシンとして登場する可能性が高いと考えられる。

 

GPD WIN 2 のスペック

  • CPU:Intel Core m3-7Y30
  • メモリ:4GB / 8GB (2モデル展開)
  • SSD:128GB

 

ブース担当者は、現在予定しているハードの仕様を一部教えてくれた。一番大きな変化としては、CPU が Atom x7-Z8700 から、Intel の第7世代 CPU  “Kaby Lake” の Core m3-7Y30 の搭載を予定しているところ。

性能的には Core M にアップグレードすることで、これまでのテキスト入力やブラウジングといった基本的な作業以外にも、アドビの Lightroom などで写真の加工なども現実的になる(PC ゲームについてあまり詳しくないのでグラフィックについては言及できない)。

また、GPD Pocket の事例から見ると、仮にクラウドファンディングサイトで出資を募った場合、目標出資額の達成度合いによって CPU やメモリをアップデートする可能性もある。それを考慮すると Core i5-7Y54 や Core i7-7Y75 などにアップグレードも十分あり得る。

 

GPD WIN 2 の SIM カードスロットの搭載予定はなし

GPD WIN や GPD Pocket でも話題に上った “SIM カードスロットの有無”。この点に関して GPD の担当者に尋ねたところ「SIM カードスロットの搭載は現時点では考えていない」とした。

 

ただし、同じくGPD 社から登場している Android OS 搭載のゲーミングマシン「GPD XD」の後継機種については LTE 対応で SIM カードスロットを搭載する予定だと話した。

 

まとめ

GPD Pocket が出荷直前となり、出資者の期待が高まるなか、GPD のブースから早くも GPD WIN の後継機の情報が得られた。

販売方法についてを聞くことができなかったが、既に知名度を得ているプラットフォームであるクラウドファンディングサイト “Indiegogo” を中心に展開する可能性が高い。

 

↓初代GPD WIN もアマゾンで4万円代に下がってきた↓