「Apple Pencil」にも専用の置き場所を。充電もできる天然無垢材のペンスタンドが iPad Pro ユーザーにオススメ

最近、iPad Pro 10.5 インチの発売により、Apple Pencil を iPad で使っているという人も多いはず。

 

ネットでは SmartKeyboard の JIS キーボード配列と iPad Pro のおかげで PC を持ち歩かずともそれなりの作業ができるようになったという人も増え、Apple Pencil を購入して紙とノートが必要無くなったという声もちらほら。

僕も最近はあまり iPad と Apple Pencil の組み合わせを活用していなかったのだが、雑誌の仕事などでラフデザインを書くようになってからは、ほぼ毎日活用している。やはり紙とは違い「あ、間違えた」と思ったらすぐに書き直しができるのが便利。

こうして Apple Pencil を日々使うようになると「Apple Pencil にもペンスタンドのような定位置が欲しい」と思うようになる。ということで、僕の作業環境にマッチする天然木でできた Apple Pencil を導入。『天然木のぬくもりが好き。iPad ユーザーにオススメな木製タブレットスタンド』という記事で紹介した iPad スタンドの OEM メーカー SAMDI に提供いただいたので紹介したい。


drip

 

天然木の Apple Pencil スタンド

導入したのは天然木の自然派な Apple Pencil スタンド。主な素材はメープルで、底面には金属の重りが備わっている。なかなか小型なスタンドだが、ある程度の重さがあるので安定感はある。

このナチュラルなメープルの他に、ダークブラウン系の色のウォールナットがある。価格はどちらも記事執筆時点で900円。ランチ一回分程度で天然無垢材の Apple Pencil スタンドが手に入る。

 

 

真上から見たところ。製品として売り出すのであれば、個人的にはこの企業ロゴは底面に申し訳程度に刻印してほしいなと思う。有名なファッションブランドなどでない限り、企業ロゴが目立つところにくると「ノベルティ」のような印象を受けてしまう。

とは言えこの素材感は良い感じ。

 

Apple Pencil に付属するアダプタと、Lightning ケーブルをスタンドに取り付ければいつでも Apple Pencil を充電できる環境に。とは言え Apple Pencil は iPad に挿して数分置いておくだけで、十分使えるくらいに充電できる。

なので正直、ヘビーに Apple Pencil を使い倒す人以外は、Lightning ケーブルを1本犠牲にするくらいならただの Apple Pencil スタンドとして活用するのが良い気がしている。

 

実際に Apple Pencil を立ててみたところ。公式画像だとこういう使い方を推奨しているが、ちょっとダサい感じは否めない。真っ白な Apple Pencil とスタンドのナチュラルな木目がよくマッチする。

 

まとめ

Apple Pencil は、iPad のアクセサリと言えど1万円台の文房具。表面素材は意外と傷が付きやすいため、持ち運ぶ際はレザーなどのペンケースに収納し、自宅に居るときはこういったスタンドに定位置を作ってあげるのが良いかもしれない。

 


drip

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただいた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip