MacBook Pro ユーザー向け。USB Type-C ポート搭載の4Kディスプレイまとめ(随時更新)

1年以上も前に『2万円で自宅にディスプレイ&モニターアーム導入!肩こりが改善し作業も捗る。』という記事を書いたのだが、実は最近あまりディスプレイを活用していない。理由は「フルHD では解像度が物足りない」「やはり21型では作業領域がちょっと足りない」といったところ。

どうせ買うならMacBook Pro 2016 で変換アダプタなしで使える 4K ディスプレイ(4Kモニターとも言う)が欲しいな、と思ったので、USB Type-C 対応の 4K ディスプレイを調べてみた。簡単に記事でもまとめてみようと思う。

スポンサーリンク

MacBook Pro 2016も買ったし、そろそろ USB Type-C 対応の 4Kディスプレイがほしい

MacBook Pro 2016も買ったし、そろそろ USB Type-C 対応の 4Kディスプレイがほしいと思うのが、ガジェット好きの性。今回の購入条件としては

 

  • 4K ディスプレイである
  • USB Type-C で直挿しできる
  • 23~27インチくらい
  • 予算は8万円前後

 

というところ。ざっと調べてみた感じだと、USB Type-C に対応する 4K ディスプレイというのはまだまだニッチで価格も高いようだ。僕の用途は主に何か調べ物をしながらブログを書くというのがメインになってくるので、そこまで色に忠実でなくても問題ない。なので “できれば予算8万円前後” くらいの心持ちで調べている。

 

Appleストア限定。LG UltraFine 5K Display(27MD5KA-B) & 4K Display(22MD4KA-B)

アップルオンラインストア限定で発売している LG の 4K、5K のディスプレイ。価格は 27インチ5K の『LG UltraFine 5K Display』が14万4,800円(税別)で、21.5インチ 4Kの『LG UltraFine 4K Display』が 7万7,800円。

27インチ5K の「27MD5KA-B」は世界初の Thunderbolt 3 を搭載しており、MacBook を接続しながら同時に充電も可能となっている。MacBook Pro ユーザーであれば親和性も高く、予算が許すならこれ一択とも言えるが、5K モデルが約15万円というのはかなり予算オーバーになってしまう。4K ディスプレイであれば予算ギリギリといったところだが、サイズが 21.5インチと、少々心もとない。

ただし4K、5Kで、それぞれ 3つの USB Type-C ポートを搭載しており、ディスプレイ経由でスマホなどにデータを転送などができるようだ。

LG UltraFine 5K Displayのスペックを確認
LG UltraFine 4K Displayのスペックを確認

スペック&画像ソース:LG

 

LG 27インチ4Kディスプレイ『27UD88-W』

こちらも LG 製の USEB Type-C 対応 27インチ 4K ディスプレイ。価格も27インチで8万円前後なので、個人的には買うならこれかな……とも思っている。

上記した Appleストア限定の LG UltraFine 5K Display & 4K Display との違いは、4K で 27インチ(LG UltraFine Displayは 27インチなら 5K、4K なら 21.5 インチと微妙にサイズ展開が異なる)という点。他にも「デザイン」「Thunderbolt 3 ポートの有無」「カメラ、スピーカーの有無」といったところ。

他にも UltraFine Display が HDMI 端子非搭載なのに対し、こちらはしっかりと2ポート搭載しているので、MacBook Pro 2016 以前のモデルを使っている人にとってはこちらの方が使いやすいはずだ。また、ディスプレイから MacBook Pro への電源供給も可能で、シームレスに使える1台だ。

LG UltraFine 4K Displayのスペックを確認

 

スペック&画像ソース:LG

Lenovo(レノボ)の27インチ4Kディスプレイ『ThinkVision X1(60E2GAR1JP)』

レノボが 2016年に発売した薄型の USB Type-C 対応の 27インチ4K ディスプレイ『ThinkVision X1(60E2GAR1JP)』。直販価格は9万5,000 円(税別)となっているが、法人向けのようで、アマゾンでは 12万円ほどで販売されているのを確認。

薄型を意識しており、スタンドや横から見た感じだとかなり華奢なデザインとなっている。価格の面からそこまで惹かれるモノではないのだが、デザイン性は高くちょっとだけ気になる。

LG UltraFine 4K Displayのスペックを確認

 

(随時更新)

 

まとめ:国内ではまだまだ少ない USB Type-C ポート搭載 4Kディスプレイ。アダプタで我慢するのもアリ

こんな感じで USB Type-C 端子を搭載する 27インチサイズの 4K ディスプレイをまとめてみたが、意外にも対応する製品は少ない印象だ。また、価格的にも通常の 4K ディスプレイが5万円くらいから購入できるのに対し、USB Type-C ポート搭載の4ディスプレイは10万円ほどと、かなり割高な印象を受けた。

MacBook Pro 2016 が USB Type-C のみ搭載とのことで、今後も USB Type-C 端子搭載のディスプレイは増えてくると考えられる(実際に海外では ASUS が『Designo MX27UC』、Acer(エイサー)が『H277HK(WITH Type-C)』を発売している)。価格競争によって価格が落ち着くまでは、安価な 4K ディスプレイと「SDカードもHDMIもこれ1台!MacBook ユーザーの強い味方『Satechi USB Type-C マルチ変換アダプター』レビュー」で紹介しているような HDMI ケーブルを USB Type-C で使えるようになるアダプタを購入するのが良いかもしれない。

 

この記事で「この製品が抜けてるよ!」というものがあればこちらから教えていただけると嬉しいです。