シンプルデザインに一目惚れしたアナログ腕時計『BRAUN Watch』|トバログのモノ語りNo.001


もう2年にもなるが、社会人になってから初めて行ったミュンヘンで買った、ドイツの家電メーカーBRAUN(ブラウン)のシンプルな腕時計である『BRAUN WATCH』。白い文字盤と、シンプルな黒い時針と分針、そしてさし色のイエローがシンプル過ぎず派手すぎずで気に入っている腕時計だ

『BRAUN WATCH』は学生時代から気になっていた腕時計なのだけれど、当時の僕にとっては腕時計に2万円というのはちょっと高かったし、当時はなんといってもスマートウォッチブームが始まる最中。デザイン的には気になっていたものの、Pebble Watch などスマートウォッチに興味を惹かれ、購入を見送っていた。

Pebble Watch を購入して以来、しばらくの間はスマートウォッチを愛用していたのだが、とどまることのない通知に疲れてしまう時がくる。久しぶりに「BRAUN の腕時計が欲しいなあ」なんて思っていたときに、旅行で訪れていたミュンヘンの腕時計ショップで、国内では考えられないほど魅力的な値段で売っていた。

それもそのはず、BRUAN はドイツのメーカーなのだから。これもなにかの縁なのだろうなあと思い、残り少ないユーロで支払い手に入れた。ミュンヘンで手に入れてから、もう2年は経った。

シンプルなデザインで飽きがくることなく、スマートウォッチ Pebble Time Round と、この BRAUN の腕時計を交互に身に着けて生活している。そろそろヌメ革のベルトに取り替えてみても良いかも。

 

レビュー▷BRAUN(ブラウン)の腕時計を買いました。シンプルでミニマルなデザインのアナログ時計

 

――

トバログの「モノ語り」について
これまでたくさんのモノ・コトを紹介してきたモノ系ブログ『トバログ』。ブログというのは、どんなによく書けたと思っていても、過去の記事は時間と共に埋もれていってしまい、人の目に触れられる機会がめっきり減ってしまう。せっかく良いモノだけを選び抜いて記事を書いているのだから、たくさんの人に目を通してほしいと思い「モノ語り」として連載してみることにした。とりあえずは週に一度か二度のペースで、トバログの管理人のお気に入りのモノを紹介していこうと思っている。

――