ゲームボーイミクロとコインランドリーな休日

いつだったか、小学生か中学生の頃のはなし。コインランドリーでファミコンミニのスーパーマリオブラザーズをプレイしながら待っているというテレビCM を見た。

子どもながらに、このテレビCMに憧れて、ファミコンミニのスーパーマリオブラザーズを買ったことをよく憶えている。

大人になった今でも、僕の記憶の片隅にその CM のワンシーンが残っていて、コインランドリーに出向くときには、いつもポケットにゲームボーイミクロを忍ばせている。

 

スポンサーリンク

「最近ではお洒落なコインランドリーが増えている」と、お昼の情報番組でよく見かける。

そういったのも良いけれど、僕のお気に入りは、家からほど近い所にあるこぢんまりとしたコインランドリー。どこかレトロなこの雰囲気が、ちょっと昔にタイムスリップしたかのような気持ちにしてくれる。

 

財布は持っていかない。500円玉をポケットに入れて、コインランドリーの自動販売機で120円の缶コーヒーを買う。お釣りの300円で、30分間乾燥機を回すのが僕のお気に入りの休日の過ごし方。

 

カセットの基盤についた埃を、ふーっと吹き飛ばし、ゲームボーイミクロにカチャッとはめ込むと、ピコピコと 8bit の BGM がコインランドリー内に鳴り響く。

この日選んだタイトルは、ファミコンミニの『スーパーマリオブラザーズ』。1985年に発売したファミコン向けのタイトルを、ゲームボーイアドバンスでリメイクしたもの。

 

洗濯物を乾燥機にかけるわずかな時間。皆、小説を読んだりスマホでゲームをしたり、それぞれが自分の好きな時間を過ごす。

僕はいつも、ゲームボーイミクロ。昔見たあの CM と自分を重ねながら、手のひらの中で小さな大冒険を楽しんでいる。