珈琲片手にちょっと作業。居心地の良い渋谷の書店『BOOK LAB TOKYO』が充電&Wi-Fi完備で嬉しい


ゆったりと本を読みながら、ブログを書いて。

どこに行ってもだいたい混んでいる渋谷周辺のカフェ。スタバや星乃珈琲店といった有名チェーンはもちろん、基本的に駅に近いカフェは腰を落ち着かせて作業をするのが難しい。

つい最近よく通っているのが、道玄坂の中腹部にある、コーヒースタンド併設の本屋さん『BOOK LAB TOKYO』。Wi-Fi も電源もあるし、並んでいる書籍も気になるモノばかりで居心地が良いので、記事にして紹介しておきたい。

 

スポンサーリンク

 

美味しいコーヒーを飲みながら、本を読んでブログを書く『BOOK LAB TOKYO』

場所は渋谷の道玄坂。とあるビルのエスカレーターを上がると、2階に『BOOK LAB TOKYO(ブックラボトウキョウ)』がある。テーブル席には電源も完備し、Wi-Fi 環境も整っている。

ここ BOOK LAB TOKYO は、モノづくりをする人を応援する書店として、クラウドファンディングで集めた資金を元手に2016年の秋にオープンした。単なる書店ではなく、著者とイベントで会うことができたり、積極的にイベントなどを開催している。

道玄坂のブックカフェ「BOOK LAB TOKYO」が体制を刷新。書店の常識を打ち破る挑戦を始める

 

 

ITベンチャーの多いこの地域に根ざすこの書店は、ビジネス書やデザイン書、プログラミング系の書籍が中心に陳列されている。決して冊数は多くはないものの、スタッフ達が源泉した書籍をピックアップしていて、個人的には「これこれ、こういうのが読みたいんだ」と感じられる本ばかり。

 

カフェ併設でコワーキングスペースとしても魅力的

コンセントが使えるテーブル席があり、なかなかに速い Wi-Fi を使いながら作業をすることができる点も魅力。やや混み合うときもあるが、基本的にはどこかしら空いているので、けっこう気楽に入れる。

 

カフェ併設なので、コーヒーなどを注文して作業ができる。僕が今回注文したのはエスプレッソトニック(600円)。

ハンドドリップコーヒーやラテのほか、ビールやウイスキーといったアルコール類を注文することも可能。21時まで営業しているので、仕事終わりにちょっと立ち寄ってビールを飲みながらブログを書く、ということもできる。

 

もちろんビジネス系の書籍だけでなく、このように旅関連の書籍も並んでおり「今すぐここに飛びたいなあ」と眺めているだけでも面白い。

 

 

ついつい気になるイベントを開催

BOOK LAB TOKYO では積極的にイベントを開催しており、ブロガー向けのイベントや仕事やライフスタイルに関するイベントなどが催されている印象だ。

僕が訪れたときには「青とニューヨーク」という写真集の矢野 拓実氏(@takumiYANO_)の写真展が開催中で、彼が撮った写真や、サロンメンバーが撮影した写真が楽しめるようになっていた。

 

矢野氏が撮影する青が基調となる写真は個人的に好きで、前から気になっていたカラーだった。ちなみにこれを呟いたら本人がその場にいて、ご挨拶することができました。

僕もブログの物撮りだけじゃなくて、こういう写真もけっこう撮っているので、パネルで写真を印刷して写真展みたいなのをしてみてもおもしろいのかも。

 

月額3,000円からのマイクロオーナー制度

また BOOK LAB TOKYO では「よりこの空間を良くしていきたい」という人向けにマイクロオーナーを募集している。 イベントに優先的に参加ができたり、ドリンクを無料で飲み放題だったりと、コワーキングスペースとしても魅力的な条件で BOOK LAB TOKYO を応援することができる。詳しくはこちらをチェックしてみてほしい

 

まとめ

こんな感じで BOOK LAB TOKYO を紹介してみた。決して大きいというわけではないけれど、つい気になってしまうような本が並んでいて、気になってしまう空間だ。

Wi-Fi も速く、充電もできるカフェスペースとしても活用できるので、気になる人はぜひ立ち寄ってみてほしい。

 

BOOK LAB TOKYO について

  • 場所:東京都渋谷区道玄坂 2-10-7、新大宗ビル1号館 2F
  • 営業時間:7:00 – 21:00 (L.O 20:30)
  • Wi-Fi:有り
  • 電源:一部席は有り