カバンの中身

【カフェノマド】僕が持ち歩くノマドワーク用ツールを紹介。MacBook や iPad、一眼レフなど8項目

th_nomad僕はよくカフェでブログを書く。家の中ではどうしても作業がはかどらないので、スタバやマックなど WiFi 環境 + 電源環境があるカフェに篭ってブログを書くと意外と集中できるもの。

出かける際はできるだけ荷物を減らしたいので、より厳選したツールだけを紹介せっかくなので僕がノマドワークをする際に持ち歩くツールを紹介したい。

スポンサーリンク

MacBook Pro Retina 13インチ

mac-shellcase11僕のノマドワーキングにはこれが必須。PC があればほとんどの作業は事足りるし、逆に PC がないと何もできない。

ちなみに僕が最初に MacBook を購入した理由は、軽量で使えるスペックの PC が欲しかった(先代はお年玉で購入したネットブックを使っていた)のと、大学時代にスタバでドヤ顔に憧れたから。ちなみに1番最初のブログ(現在は3つ目)を開設した理由は、スタバでドヤるのは良いが Twitter や 2ch くらいしかすることがなかったから()。当時は MacBook を華麗に使いこなすブロガーに密かに憧れていた。

ただ MacBook は視野角が広く、隣の人に丸見えなので、以下のような取り外し可能な覗き見防止シートを購入しようと思っている。

MagSafe(MacBook の充電器)

mac-shellcase10僕がカフェでお洒落なランチを楽しんでいる最中、MacBook もランチタイム。以前所有していた MacBook Air 2013 よりも充電の減りが早い(普通に使用して5~6時間)ので、持ち歩くことが多くなった。うっかりこれを家に忘れてくると、MacBook Pro が 1.5kg の文鎮になってしまうので忘れないように気をつけている。

別々に持ち歩くと忘れ物が増えそうなので、こういった PC バッグにひとまとめにしようか検討中。

一眼レフカメラ(NEX-5R)

wpid-wp-1427182958921.jpegいつどこにブログネタが隠れているか分からないので、基本的にいつも持ち歩いている。Xperia Z3 Compact のカメラでも十分に綺麗な絵は撮れるが、やはり一眼レフのボケ味や暗所でのノイズの少なさは敵わない。

インドネシアの景色2基本的に単焦点レンズを装着しているが、休日は望遠レンズやフィッシュアイコンバーターも持ち歩く。いつもとは違った絵が撮れるので面白い(写真はフィッシュアイコンバーターで撮影したもの)。

毎日持ち歩くのには少々重い&製品レビュー用にマクロレンズが必要となってきているので、大分買いやすくなった RX-100 を購入しようか検討中。(購入検討記事:ソニーRX100シリーズとアクションカムのバッテリー『Type X』は併用可能。旅行の時とか便利かも)

Xperia Z3 Compact(SO-02G)

xperia-z3compact-review1カメラ・テザリング・作業BGMなんでもござれの万能コンピューター"Xperia Z3 Compact"。カフェで作業しているときはほとんど弄らないが、WiFi 環境がないカフェや駅のホームで作業する際にテザリングが大活躍。他にも道中にカメラで撮影しておけば、Googleフォトで同期して MacBook からそのまま使用できるのも便利。

xperia-z3compact17 PC での作業中は、高音質で定評のある Xperia Z3 Compact でお気に入りの曲とお気に入りのイコライザで BGM を奏でる。ちなみにアプリは5年間ずっと PowerAMP を使い続けている。

モバイルバッテリー&MicroUSBケーブル

nomad-tool1 作業する時間に合わせてモバイルバッテリーを使い分けている。一日中外で作業するような場合は 10000mAh の大容量モバイルバッテリーを使い、軽作業だった場合は 2420mAh の薄くて軽いパナソニックのモバイルバッテリーを持ち歩く。

nomad-tool22420mAh のモバイルバッテリーは、Xperia Z3 Compact を70%程度充電してくれる。厚さも横幅も大体 Xperia Z3 Compact と同じくらい。

nomad-tool310000mAh のモバイルバッテリーは、一眼レフや Pebble など、スマホ以外にも充電できるので旅行などでも重宝する。終電を逃して急遽カラオケオールになる危険性のある学生は、絶対に毎日持ち歩こう。

イヤホン(UE600vi)&ポータブルヘッドホンアンプ(Sound Blaster 3)

基本的に東京都内のカフェはどこも人でいっぱい。『カフェでしか集中できない人必見!家に居ながらカフェや大学の環境音を聴ける「Coffitivity」』で紹介したように、ちょっとした囁き声程度であれば良い BGM となるが、マダム集団のママ会など騒音で集中できないときにはイヤホンを装着。

th_DSC_0162現在は"UE600vi"を愛用。アンダー1万円でクリアかつ心地良い高音を奏でてくれる。Perfume やきゃりーぱみゅぱみゅ、OwlCity など女性ボーカルやテクノ系によくマッチする印象。これに頂き物のポータブルヘッドホンアンプ"Sound Blaster 3"を繋げて聴いている。

th_DSC_0163普段は有線で繋げているが、Sound Blaster 3 を繋げて Bluetooth で聴くこともある。Beats Wireless よりも圧倒的にクリアかつ高音質で聴かせてくれるので重宝している。

iPad Air

作業中に MacBook と繋げると、カフェなど自宅以外の場所でもデュアルディスプレイで作業できる。また、MacBook Air など 非Retina の MacBook を繋げても iPad Air では Retina 出力されるのでオススメ。

th_DSC02394他にも作業の休憩中に『月400円で100誌以上読み放題の dマガジンがかなり良い。手持ちの端末が店頭の雑誌棚に』で紹介した dマガジンで雑誌を読んだりしている。

pocketcamera絵を描いたり写真を編集などの作業も MacBook でやるよりかは iPad でやったほうが楽。上の画像は iPad で描いた絵で『【レトロな思い出】ポケットカメラの思い出。誰でもカメラマンになれた夢のゲームソフト』という記事のサムネイル画像で使用。

ちなみにカバンはノースフェイスのメッセンジャーバッグ

rainy-bag1最近はゲリラ豪雨も多く、ガジェット類が濡れると困るので『梅雨に負けない!防水性能に特化した僕のカバンとその中身を紹介』で紹介しているノースフェイスのメッセンジャーバッグで持ち運ぶ。

僕が所有しているMサイズは、丁度 MacBook Pro や A4 のファイルが入るサイズで、それら専用のポケットもある。また、内部には水筒や折りたたみ傘を入れられるポケットが備えられているので便利。

僕が使っている柄は一昨年のモデルなので、探しても見つからなかった。下は色違いだけど全く同じタイプのメッセンジャー。

結論

その日によっても持ち物は変わってくるが、基本的にこれらのツールは常にカバンの中に入れている。もちろん財布や Pebble などもカバンの中には入っているのだが、今回はノマドワークとは関係がないという点から紹介はしていない。

カバンの中に入れいているツールはサイクルが早いので、またしばらくしたら公開していきたい。

-カバンの中身
-