トバログ

アナタの物欲を刺激するライフスタイルブログ


THETA S 運営ニュース

どんなシーンで使えるの?一度に360°撮影できるリコー「THETA S」を買ったのでレビュー

2017/05/01

theta-s2360° の目に見える景色を、たった1回のシャッターで撮影できる素晴らしいリコーの変わり種カメラ『THETA S 』を購入。今度台湾に行くにあたって、旅行とかでこんなのあったら面白いな〜と思い購入に踏み切った。せっかくなので簡単に紹介していきたい。

スポンサーリンク

 

写真や動画で思い出を360°の空間ごと切り取れる THETA S。

theta-s1僕が購入したのはこちらの THETA S というもの。筐体の両側に広角レンズが備わっており、シャッターを1回押すだけで自分が見ている景色の全てを記録できる。また 360° の動画も撮影できるため、従来の動画撮影よりもその場の雰囲気を一緒に記録できる感じがする。撮影した写真や動画は自動で処理され、スマートフォンに転送し、アプリなどから 360° 画像や動画をグリグリ動かすことができる。

theta-s3実際に手に持ったサイズ感なんかはこんな感じ。面白いコンセプトのカメラの割にはサイズが小さく、割りとどこにでも持って歩けそうだ。手軽で急に撮影したくなった時なんかは良いかもしれない。撮影する際、どことなく変身できそうな感覚になるが、残念ながら変身はできなかった。

theta-s6ちなみにこんな風に両側にレンズが備わっているので1ショットで360°撮影できる。

THETA S でスカイツリーを試し撮り。結構綺麗に撮れるもんだなあ。 - Spherical Image - RICOH THETA

これが実際に僕が撮影した画像。PCとスマートフォンのどちらからでも見られるが、スマートフォンから見た方がグリグリできるので、より直感的に楽しむことができる。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

そして一番やってみたかった宙返りの写真。動画だとかなり面白い感じになるが、写真だとイマイチインパクトは弱いかも。

Engadget ウェアラブル運動会 - Spherical Image - RICOH THETA

ちなみにこれは『Engadget 例大祭レポ後編:ウェアラブル運動会やミートアップの様子を紹介 #egfes』で紹介している Engadget 例大祭の時に撮った写真。死角のない THETA は、こういった集合写真などで大活躍する。

まぁざっとこんな感じで楽しむことができる。通常のカメラとしては使いにくいし、GoPro などのアクションカメラともちょっとコンセプトは違うが、人が多く集まる場所やスポーツ系など、非日常の空間で活躍しそうだ。

THETA S のスペックはどんな感じ?

theta-s5こういった変わり種カメラを好んで購入する人は、いまさらスペックなんて気にしないかもしれないが、一応さらっと説明したい。

  • レンズ:F値 2.0
  • センサー: 1/2.3 CMOSセンサー x2
  • 画素数:1400万画素相当
  • 動画:Full HD、30fps、25分間連続撮影
  • 撮影距離:約10cm~∞
  • 長時間露光:1/6400 ~ 60秒
  • ISO:100 ~ 1600

といったところ。カメラのセンサー的には一般的なコンパクトデジタルカメラくらいの性能はあるようだ。また ISO やホワイどバランス、シャッタースピードなどをマニュアルで変えられるので、夜景でもノイズが少なく綺麗に撮影することができる。

THETA S にはディスプレイが無いので、スマートフォンを WiFi 接続して設定を弄る必要がある。この点については若干煩わしさを感じる。

theta-s4ちなみに三脚用の穴も備わっているので、自分の手が写らずに写真を撮影することも可能となっている。
 

THETA S どんなシーンで楽しめそうか

theta-s5通常の製品レビュー用の写真などには向いていないが、やはりアクションカメラが活躍できるような動きのある映像を撮影したり、旅行の際の思い出づくりなどに最適なカメラだと感じる。具体的には

  • ダンスや器械体操などのスポーツを動画で撮影
  • 旅行の時に世界遺産や綺麗な景色を撮影
  • オフ会やサークル、部活などのイベントの際の集合写真に

などなど。撮影した画像は処理された状態で SNSでシェアなども可能となっており、撮影した後はみんなで楽しむことができる。また撮影した写真や動画は VRゴーグルなどを装着することで、より臨場感のある映像が楽しめるのも魅力的だろう。

価格もそれなりにするので万人にオススメできるものではないが「自分から何か面白い写真が撮りたい!」、「なにか変わった写真をインスタグラムにアップしていいね♡をたくさん集めたい!」、「サークルとか部活とかで集合写真を撮る機会が多い」という人にはオススメかもしれない。

前に『』でレビューした自撮り棒もあるともっと楽しめるかも。

 

-THETA S, 運営ニュース
-, ,