カメラと写真

夏の終わりにLeica M10を持って

夏の終わりにLeica M10を持って

最近はあまり写真系の記事を更新できていなかったのだけど、たまには更新。ちょっと前に都心から海の近くに引っ越しをしてから、Leica M10 を片手に海を散歩することが多くなった。

今年に入ってからはコロナの影響で、旅に出かけたり、写真をみんなで撮りに行く機会がぐっと減っている。そのためか、こうしてブログを更新する頻度は減り、写真をどこかに載せる機会もあまり無くなった。たまに Instagram を更新する程度。そんなわけで上半期は写真を撮るモチベーションもなかったのだけれど、引っ越しをしてからは、以前のように頻繁に持ち出している。

毎日のように表情を変える海が身近になってからは、こうしてシャッターを切るのが楽しい(相変わらず上手くはないが)。リフレッシュできる時間は、人によって違うかもしれない。僕にとってはこのファインダーを覗く瞬間こそが、その時間なのだとあらためて感じた。

革を張替えました