LINE の AI 搭載スピーカー『WAVE』を予約!「できること」「先行販売モデルの購入方法」など

LINE が AI 搭載のスピーカーを発売するということで、7月14日に先行予約を募っており、定価1万5,000円のところ、なんと1万円ポッキリで AI 搭載スピーカーが買えるということで予約してみた。

僕は割りと音質を重視したいタイプなのでこういったスマートスピーカーにはあんまり興味を惹かれないのだが、家電が操作できたり「Siriのように使える」という点が個人的にいいなと思ったので紹介。

スポンサーリンク

 

LINE の AI 搭載スピーカー『WAVE(ウェーブ)』について

WAVE はメッセージアプリでお馴染みの LINE が手がける AI(いわゆる人工知能)搭載のスマートスピーカー。「Clova(クローバ)」という LINE が開発したクラウド型の AI プラットフォームを搭載していて、iPhone でいう Siri のように「今日の天気は?」「なんか音楽再生してよ」といったように語りかけるだけで操作できる。

このスマートスピーカーという分野は、アマゾンの「Amazon Echo」やグーグルの「Google Home」、そしてアップルの「Apple HomePad」など世界的な大手メーカーが展開して盛り上がりを見せているが、現時点では日本向けに展開はしていない(日本語という言語の難しさが理由?)。LINE は日本の企業ということで、日本語ベースで開発できている点で一歩リードしている模様。

 

LINE WAVE ができることをざっとまとめると

 

  • WAVE単体で LINE MUSIC を通じた音楽の再生が可能
  • Siri のように天気情報やニュースの読み上げをしてくれる
  • 音声で LINE の返信ができるようになる
  • 赤外線によりエアコンや TV などの家電を音声で操作できる

 

といったところ。基本的には自宅の Wi-Fi などと接続して単体で活用できるようだが、Bluetooth 接続に対応しているので、スマートフォンを接続して音楽を再生したり YouTube などを楽しむことも可能

 

LINE MUSIC でスピーカー単体で音楽サブスクリプションサービスが使える

音楽に関しては LINE が展開する音楽サブスクリプションサービス「LINE MUSIC(月額980円)」と連携する。雰囲気に合った音楽を流してくれたり(Spotify のようなモノだと思う)、アーティスト名で問いかけるとそのアーティストの楽曲を流してくれるそうだ。こちらは有料サービスだが、6ヶ月間無料で使えるクーポンが付属するとのこと。

 

家電の ON / OFF を制御できる

個人的に一番興味を惹かれたのは家電を音声で操作できるという点。この機能は秋の正式な発売後にソフトウェアアップデートによって使えるようになるそうだが、具体的にどんな感じで連携するのかは不明。ON / OFF ができるという程度のようなので「エアコン切って!」とかはできそうだが「エアコンの温度を28度にして!」などの操作は、現時点で対応していない可能性が高い。

 

「音質にはこだわっている」 とのことだが実際は数千円のスピーカーと同程度だと思う

単純な「スピーカー」としても音質にこだわっていると謳うが、実際に試聴したわけではないのでこの辺は不明。20W のウーファーと、5W のツイーターを2基搭載しているようだが、 WAVE の定価は 1万5,000円。更に無線LAN 対応でプロセッサやメモリ、ストレージを搭載し、 AI の開発費なども含まれると考えると、Bluetooth スピーカーとしての機能性は数千円程度のモノに近いのではないかと予測する。

 

WAVE のスペックなど

  • サイズ:W86.25 x H139.84 x D201.05(mm)
  • 重さ:998g
  • スピーカー:20Wウーファー x 1、5W ツイーター x 2
  • バッテリー:5000mAh
  • プロセッサ:Qualcomm APQ8009(クアッドコア)
  • メモリ:1GB RAM
  • ストレージ:8GB

 

 

WAVE の購入方法は? LINE Pay への登録が必須

先行販売には LINE Pay への登録が必要。LINE Pay は、文字通り LINE が展開するモバイル送金や決済のサービス。Suica のような交通系電子マネーと似た仕組みで、クレジットカードやプリペイドカードからチャージをして現金と同じように使用できる。

現時点で WAVE を購入するには LINE Pay 経由で購入する必要がある。利用自体はそんなに難しくはなく

  1. WAVE の先行販売ページから LINE にログイン
  2. スマホから LINE Pay のアカウントパスを設定
  3. 利用したいクレジットカードの登録
  4. クレジットカードから LINE Pay に1万円チャージして WAVE を購入

 

といった流れ。注意したいのは、LINE Pay で決済した瞬間に登録したクレジットカード側でも決済が完了するという点。予約ではなく先行販売なので、映画のチケットなどと同じく先払いとなるようだ。

 

まとめ

こんな感じで LINE の AI 搭載スピーカー WAVE を紹介してみた。WAVE の正式な発売は秋頃を予定し、先行販売版は今夏発売予定。先行販売モデルは1万円、通常販売では 1万5,000円とのことなので、欲しい人は先行販売で買うのが吉。

現時点ではまだ届いてないのでレビューはできない状態だが、今夏発売とのことなので、手元に届いたらレビューしてみたい。

 

画像引用:https://clova.ai/ja