10.5インチiPad Pro を使い始めて2週間。9.7インチとの比較やブログ執筆端末としての感想


先月『10.5 インチの iPad Pro を買いました。カメラと iPad だけを持ってブログを書きたい』という記事でも紹介しているが、10.5インチ iPad Pro を使い始めてから2週間ほどが経過した。そろそろ 10.5インチ iPad Pro が生活に定着してきたところなので「9.7インチ iPad Pro と比較してどうか」「持ち運び用のブログ執筆端末としてどうか」というところを紹介しておこうと思う。

 

スポンサーリンク

 

10.5インチiPad Pro を使いはじめて2週間。


僕が購入した 10.5インチ iPad Pro は、ソフトバンクのセルラーモデル。256GBのストレージを持ち、カラーはシルバーだ。新品ではなく状態の良い中古品を購入しているので、約6万円ちょっとで購入している。

12.9インチの iPad Pro(第2世代)を買いました。』でも紹介しているように、もともとは格安で手に入れられた 12.9インチ iPad Pro を使う予定だったのだけれど、こちらが初期不良のために返品していしまい、代わりに在庫のあった 10.5インチ iPad Pro を購入したという感じ。『モレスキンのクラシックリポーターバッグを1年弱使った感想』で紹介しているモレスキンのショルダーバッグにも収まりが良いし、結果的には 10.5インチ iPad Pro で満足できている。

 

10.5インチ iPad Pro の用途と使用感

ipadのAdobe Lightroom8僕は普段、スマートフォンは Galaxy Note8 を使い、自宅でのメインPC は Surface Book を使っている。iPad Pro はどんなところで使っているのかというと

 

  • 仕事がある日の持ち運び用 PC として
  • ちょっとカフェなんかでブログを書きたいときに
  • 休日外に出かけるとき
  • ベッドやリビングなどで持ち出して

 

といったところ。まあまだそこまでちゃんと使いこなせてはいないのだけれど、Smart Keyboard を購入したこともあって、iPad Pro だけを持ち出せば、テキストベースの作業は快適に行える。例えば「あ、この記事書きたいから下書きだけでもメモっておこう」というのを、閃いた瞬間からある程度テキストを iPad Pro で形にしておいて、自宅に戻ってから PC で仕上げるといった使い方をしている。

日本通信の SIM を挿しているので外でも自由にネット接続ができるし、何より軽量かつ大画面で作業ができるというのは、iPad Pro を持ち歩く大きなメリットだと感じる。

 

9.7インチ iPad Pro と比較するとどんな感じ?


購入したばかりの当初は「正直 9.7インチ iPad Pro とそんなに変わらないのでは」とも思ったが、実際に使ってみると、細かいところで差を感じる。

 

  • ディスプレイがぬるぬる動くので使っていて気持ちが良い
  • 処理能力が上がっていてカクついたりといった違和感を感じにくい
  • ディスプレイのサイズが大きい

 

違いとしてはこんな感じ。まあ正直 9.7インチ iPad Pro から 10.5インチ iPad Pro に買い替えたほうが良いかといったら、できることはほとんど変わらないので無理に買い換える必要性はないのだけれど、実際に買い換えてみるともう 9.7インチには戻れなさそう。

 

ディスプレイがぬるぬる動く点については、ディスプレイのリフレッシュレート(1秒間にディスプレイが切り替わる回数)が上がったことによるもの。10.5インチ iPad Pro は最大 120Hz で、1秒間に120回ディスプレイが切り替わる。9.7インチ iPad Pro が 60Hz ということなので、単純に2倍違う。実際に使ってみるとこの差は感じやすいのだけれど、比較しない限りは分からない程度かとも思う。

また単純な処理能力も向上しているため、アプリ間の移動でカクついたりすることもほとんどなく、かなり快適にサクサクと動かすことができている。時々処理落ちすることもあるが、基本的には「iPad ってこんなに使いやすいんだっけ? 」と驚く程度にサクサク。

この辺は数値などでの比較ではなくて肌感となってしまうが、10.5インチ iPad Pro に買い換えてからはかなり作業が快適になったと感じている。

 

カメラと 10.5インチ iPad Pro だけを持ってブログは書けているか

もともとカメラと iPad Pro だけを持ってブログを書きたいというのを目標にしていたのだけれど、結論から言うとまだ実現はできていない。

Smart Keyboard の登場により、多くのブロガーが iPad Pro だけでブログを執筆から公開までを実現しているが、それを行うためには iPad Pro 独自のエディターやアプリを介す必要があるため、簡単にはいかなそう。とはいえ慣れれば超軽量のこの環境だけで旅先でもブログを更新できると思うと、最高に魅力的なのでなんとか頑張り中。

また、個人的に抱えている問題が写真の処理。通常、僕はブログ用の写真を PC で加工してそれぞれローカルと SSD などに保存をしているのだけれど、iPad Pro の場合は、RAW と現像データとリサイズデータを一緒に保存しておくのがちょっと難しそう。色々試してはいるけれど、この辺は時間があるときにルール決めをしておきたい。

 

Smart Keyboard は慣れたら快適

購入するか迷った Smart Keyboard だけれど、こちらも最近では慣れてきていて割と快適に使えている。詳しくは近日中にレビューする予定だけど、キーストロークは浅いけれどしっかり押した感じもあるし、打鍵感はそこまで悪くない。

また Smart Keyboard はセルラー版の 10.5インチ iPad Pro と相性が良く、サッと開いたらすぐにオンラインでメールや SNS、ブログなどあらゆるところでテキスト入力が可能となるのが便利

Wi-Fi モデルだと、メールの返信や SNS でのメッセなどのために、いちいちテザリングや Wi-Fi ルーターをオンにするのが面倒だったのだけれど、セルラー版はそういった動作が必要ないので、思い立ったらすぐにキーボードを叩ける。Smart Keyboard の特徴として、Bluetooth 接続ではないので、電源を入れてペアリングという動作がないのも嬉しいところ。

これは実際に所有してみないと分かりづらい利点だと思うが、便利です。なので iPad Pro を Smart Keyboard と組み合わせて外で使いたいと考えている人は、なにがなんでもセルラーモデルにしたほうが快適。

 

まとめ

ipadのAdobe Lightroom11こんな感じでバーっと 10.5インチ iPad Pro を使ってみた感想を書いてみた。基本的には満足しているし、すでに外出時は iPad Pro だけでも問題なく作業ができている状況。

まだブログを1から公開まで仕上げるというのは、僕の状態だとできていないけれど、慣れればできなくはなさそうといったところ。まだ使いはじめて2週間なので大したレビューは書けていないが、もう少し使ってみたらちゃんとレビューしていきたい。

 

 

次に読みたい記事:トバログは『Kindle Unlimited』をこう使う。雑誌も専門書も読み放題で2ヶ月間99円セール中なので使い方を紹介

アマゾンの電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited』が2ヶ月間で99円となるセールを実施中。雑誌だけでなく、小説やビジネス本、そして専門誌など、さまざまなジャンルの対象書籍が読み放題だ。

2年間『Kindle Unlimited』を使い続けている僕の使い方も簡単に紹介している。「優秀な検索エンジンとして」「雑誌や専門誌の本棚として」のような使い方ができるので、これを機に読んでみてほしい。