ホテルの部屋でワンプッシュ。蚊が全滅するスプレーが夏場の海外旅行に手放せない


あるのとないのでは過ごしやすさが雲泥の差……。日本の夏はもちろん、東南アジアなどの熱帯地方だと、年を通して蚊がホテルの部屋に潜んでいることも少なくない。快適そうな部屋だったとしても、夜電気を消すと蚊に刺されまくるということも多々ある。

僕が夏場や東南アジアなど熱帯&亜熱帯地域に旅行に訪れる際に、絶対に持っていくモノがある。それはフマキラーから発売されている『おすだけベープ』。

ホテルの部屋でワンプッシュするだけで、部屋に潜んでいる蚊を全滅させられるという最強の虫除けグッズだ。夏場の旅行や熱帯地域へ旅に出る際には確実に役に立つので、旅行に行く前に絶対に準備しておきたい。

 

スポンサーリンク

 

1プッシュで部屋の蚊が全滅。『おすだけベープ』について


こちらがフマキラーが発売している『おすだけベープ』は、蚊取り線香などと同じような持続性の高い殺虫剤。人体に影響のない殺虫成分を用いており、蚊取り線香のように匂いも発生せず、ただプシュッと散布するだけで効果が 12時間~24時間ほど持続(持続する効果は環境や商品によって変わる)するという超便利アイテム

部屋に蚊がいるな、と思ったらプシュっとおすだけで蚊を瞬殺できるということで、キャンプやコテージでのアウトドアシーンはもちろん、家でも常用している人は少なくないはず。

1,000円ほどの価格帯で、約200回ほど使うことができるため、経済的にも安心だ。

 


僕はすでに昨年から使用しているため、容量が7割ほどしか残っていない。中身は殺虫剤と液体ガスが充填されていて、プッシュすると霧吹きのように殺虫剤が空気中に広がる。

直接蚊に吹きかけても効くし、殺虫成分が壁や天井に付着することで、休憩しようと壁に止まったら蚊を退治する。12時間以上蚊に対して効果が持続するという仕組み。

 

おすだけベープの情報を詳しくみる
  • 商品サイズ (幅×奥行×高さ) :12cm×3.9cm×21.5cm
  • 原産国:日本
  • 内容量:28.2ml
  • 持続:24時間(ただし購入するモノによる)
  • 有効成分:トランスフルトリン、ミリスチン酸イソプロピル、LPG
  • ユスリカ、ハエなど

 

僕が今回紹介しているのは『おすだけベープ』だが、アースの『おすだけノーマット』やキンチョーの『蚊がいなくなるスプレー』のどれを購入しても効果はあると思う。ただ海外に持参するという名目であればスプレータイプではなく液体のものを選ぶようにしよう。

 

東南アジアで試したところ、日本の殺虫剤や虫除けは海外の蚊にも効果てきめんです

僕が「ワンプッシュで蚊を倒す系のやつオススメだよ!」と海外旅行に行く友人に伝えると、「海外の蚊って日本より強いって聞くけど本当に効くの? 」という質問をもらうことが多々ある。

これについて「全ての地域の蚊に対して効果がある! 」とは言い切れないが、僕が試した国と地域でいうと、日本を含めインドネシア、台湾、シンガポールで効果的だった。 ちょっと前に台湾の安宿の一室でプシュっとしたら、15秒くらいで大きめの蚊が4匹ほどポタポタと落ちてきたことは今でも忘れない。

 

人体に影響はないの?

乳児がいると気になるのは「殺虫成分の人体への影響」。おすだけベープの殺虫成分は人体や哺乳類(乳児やイヌ、ネコのペット含め)にとってとくに害はないそうだ

分解酵素が分解し、尿などと一緒に排出されるため無害だとのこと。もちろん過剰摂取などは良くないし、体質によっては一部例外はあるだろうけれど、人体に影響が強かったらそもそも市販できないはず。そのため、殺虫剤として散布する程度であれば問題はなさそうだ。

海外でどんな病原体を持っているか分からない蚊に刺されるよりは圧倒的にマシだろう。詳しくはフマキラーの公式ページでチェックしてみてほしい。

 

海外に持っていくならスプレータイプじゃないものを選ぼう

ちょっと前まではスプレー缶に入ったタイプが売られていたのだけれど、これだと機内持ち込みの際には廃棄する必要がある。そのため、バックパッカーのように機内持ち込み手荷物だけで現地で過ごすような人は、かならず今回僕が紹介しているような液体タイプの殺虫剤を持っていこう。

これは虫よけスプレーも同じ。

 

まとめ

こんな感じで個人的に真夏の旅行や東南アジア地域などへの旅行に絶対に欠かせないアイテムおすだけベープを紹介してみた。

東南アジアの蚊は大きく、刺されるとブヨに刺されたときくらい腫れるし、特に日本人は現地の人よりも刺されやすい。とくにお子さんがいる人は、子どもを守るためにもこれは絶対に欠かせない旅行の必需品といっても過言ではないだろう。

 

おすだけベープは絶対に出発前に日本で購入しておこう

ほかの虫除けアイテムやムヒなどもそうなのだけれど、 虫除けアイテムは絶対に日本で購入していった方が良い。台湾は別としても、東南アジアとかに行っても実はロクな虫除けアイテムなんて売られておらず、慌てて日本の空港で購入しようとしても高すぎてお金が勿体ないということもしばしば。割安で購入できる近くの薬局やネットで忘れずに購入しておきたい。

 

アマゾンでチェックする

 

↓スプレータイプじゃない虫除けグッズも忘れずに↓