米国版Surface Goを買いました。日本版じゃない理由と米アマゾンでの購入方法など


つい先日『Surface Go が欲しい3つの理由。買うなら割安で個人輸入できる米国モデルかなあ
』という記事を書いたのだけれど、やっぱり欲しいなあということで欲しい記事を書きながらSurface Go を米国のアマゾン(Amazon.com)で注文した。

欲しい理由などは前回の記事を読んでもらうとして、国内版を待たずに米国版を買ったのか?や、どうやって注文したのか、というところを紹介しておきたい。

 

追記:米国版 Surface Go は技適認証通っていないそうです。また、出荷が遅れているためか8日現在でも発送連絡はありません。このタイミングでキャンセルするのもアリかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

国内版よりも安く、早く届く米国版の Surface Go


まずは、なぜ国内版の登場を待たずに米国版の Surface Go を注文したのか? というと、理由は以下。

 

  • Office が付属していないので2万円近く安く手に入る
  • 国内版よりも20日くらい早く届く

 

それぞれ理由などを紹介しておきたい。

 

Office が付属していないので2万円近く安く手に入る

まず、米国版を個人輸入したほうが、Office 抱き合わせの国内版よりも2万円近く安く手に入れることができるという点から、僕は米国版を注文した。

日本国内向けの 8GB RAM / 128GB SSD 搭載のモデルの価格は 8万2,800円。対して米国版は 549ドル(日本円で約6万2,000円)。送料やデポジット金などが発生するため、実際にアマゾンで購入する場合には約601ドル(日本円で約6万8,000円)となるが、デポジット金は送料などを天引きして半分近く返ってくるため、日本で購入するよりも1万5,000円から2万円弱お得になる計算だ。

もちろん Office は付属しないし、国内保証が受けられない可能性が高いため、米国版の購入はあくまで自己責任。一概にお得! とえるかは微妙なところだが、それでも安価に手に入るというのは嬉しい。

 

国内版よりも20日くらい早く届く(はず)

個人的に購入の決め手となったのは、米国版は8月2日に発売だから。米国版が2日に発送されて2日~4日で手元に届くと考えると、順調にいけば8月28日に発売予定の国内版よりも20日くらい早く届くはず

大人の事情により日本の発送は遅れますとか、直前になって知らぬ間に注文履歴から消えているなんてこと事態も考えられるので一概に国内モデルよりも早く届くとは言えないが、アマゾンは「8月2日に発送するよ」とおっしゃっているので、その言葉を信じたい次第。

 

どう買うの? 米国版 Surface Go の注文方法

ここまで記事として書いているので、この辺で「どうやって注文するの?」というところを紹介しておきたい。ただし、購入は自己責任でお願いします。

 

  1. Amazonのアプリを開く
  2. メニューから「設定」を開く(日本国旗)
  3. 「国と言語」を選択
  4. 「国/地域」から「インターナショナルショッピング」を選択
  5. 好きな言語を選ぶ(日本語は選べないので英語が無難)
  6. 検索窓から「Surface Go」を入力して検索
  7. 「Pre-Order: add to cart」を選択
  8. 会員登録や発送先を選択して待つのみ

 

 

スマートフォンから購入する場合、アマゾンアプリから「設定」を選択し、買い物する国を選択する。インターナショナルショッピングというのが出てくるので、そこをクリック。

その際にどの言語を使うかを選択する箇所があるが、日本語の使用は不可。英語や中国語など自分の得意な言語を選択しよう。

 

アマゾントップが表示されたら、検索窓から Surface Go を入力して、自分の欲しいモデルやアクセサリー類をカードに追加(Pre-Order: add to cart)しておこう。

 

カートに追加したら、米国のアマゾンのアカウントを作成し、会員登録をしておこう。僕は Kindle が日本で展開される前から Kindle を使っていたので、そのときに作成したアカウントを使ってログイン。電話番号の入力は必須だけれど、日本の電話番号でも問題ない。

住所やクレジットカードなどの基本情報を入力すれば注文できる状態になる。

 

あとは支払い方法や、ドル建てか円建てのどちらで支払いを行うかを選択し、発送方法を選ぼう。僕は発送から2日~4日程度で届く Amazon Global Priority Shipping を選択。送料も1,000円くらいしか変わらないので、この発送方法をおすすめしたい。

あとは8月2日に発送をしてくれることを祈りながら待ち続けたい。

 

まとめ

こんな感じで「なんで米国版を注文したのか」や「米国のアマゾンでの注文方法」というところを中心に記事を書いてみた。

正直『Surface Go が欲しい3つの理由。買うなら割安で個人輸入できる米国モデルかなあ
』という記事を書いていくうちに気がついたらポチっていた Surface Go。まだ何に使うかや本当に使えるのか、というところが分からないままの購入となっているが、まあその辺は買ってみないと分からないということで。

記事執筆時点ではまだ在庫があって日本への発送も受け付けているようだが、いつそれができなくなるか分からない。気になる人はとりあえず注文しておこう。

 

Surface Go が欲しい3つの理由。買うなら割安で個人輸入できる米国モデルかなあ

Surface Go がサイズ的にも性能的にも良さそう。iPad Pro との使い分けとか考えてみる。

created by Rinker
マイクロソフト
¥89,413 (2018/08/14 19:55:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マイクロソフト
¥16,621 (2018/08/15 00:19:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

画像引用:Microsoft