清潔で便利。台北駅すぐの綺麗な個室ホテル『ポッシュパッカーホテル』に泊まった感想

台北駅から近い格安の個室ホテル『Inn Cube(インキューブ)』に泊まった感想」で紹介した格安ホテルの次に泊まったのが、同じく台北駅からほど近い綺麗な部屋の『ポッシュパッカーホテル』が、便利でかなり良かったので紹介。

 

■良い点

  • 綺麗で過ごしやすい客室内
  • 台北駅から近くカフェや飲食店が目の前
  • フロア男女別でカードキーで開けるシステム
  • 楽天トラベルでも予約できる

 

■残念な点

  • 景色はそんなに良くない
  • 週末はけっこう高い
  • 電気もカードキー式なので外出中は充電できない

 

■このホテルはこんな人にオススメ

  • 宿のクオリティはこだわらないけどある程度綺麗な一人部屋が良い人
  • 用事があって数日間台北に滞在するのでできるだけ宿泊費を抑えたい人
  • 男女別でしっかり分けられているのが良い人

 

▷エクスペディアで予約する

▷アゴダで予約する

▷楽天トラベルで予約する

 

 

『ポッシュパッカーホテル(鉑泊客旅店)(POSHPACKER HOTEL)』の基本情報

  • 料金:3,000~4,000円(休日は5~6,000円程度)
  • 部屋の広さ:4平方メートル
  • 清潔さ:綺麗に掃除されている
  • 遮音性:ある程度はアリ(廊下の話し声は聴こえる)
  • 利便性:高い(目の前にカフェやコンビニ、マッサージ店がある)
  • トイレ:各フロア男女別であり
  • シャワー:各フロア男女別(4部屋くらい)
  • バスタブ:なし
  • 禁煙:館内禁煙(屋上に喫煙スペース)
  • 洗濯機、乾燥機:有り(有料、洗剤無償提供)
  • Wi-Fi:有り(しかもけっこう速い)
  • オートロック:有り

 

ホテル『ポッシュパッカー ホテル(鉑泊客旅店)(POSHPACKER HOTEL)』内の様子

台北駅から徒歩5分程度の、飲食店や学習塾などが立ち並ぶゾーンにポッシュパッカーホテルが建っている。近くにはお洒落なカフェも数多く、個人経営からスタバまでが揃う。

また飲食チェーンも近くに多く、マクドナルドや吉野家、くら寿司なんかも楽しめる。目の前はマッサージ店なので、疲れたら 90分 980元(日本円で3,000円ちょっと)でマッサージも可能。最高。

 

エントランスと一階のコーヒースタンド。エントランスはちょっと狭いけれど、座って作業できる場所もある。また、コーヒースタンドもあるが開店が11時~なので、宿泊者はあまり利用する機会はないかも。

 

客室の様子

カードキーを受け取ったら客室へと向かう。比較的安価かつシングルルームのホテルにしてはお洒落で落ち着きのある館内。フロアは男女別で分かれており、それぞれのカードキーでのみ開閉するので女性の一人旅でも安心感がある。

 

こちらが客室。室内の雰囲気はかなりお洒落で統一感がある。また、4平米とやや手狭ながら、ベッドや棚が備え付けられている点も好印象。客室によってはデスクが備わっているところもあるが、僕の部屋は残念ながらなし。

ちなみに窓つきと窓なしで宿泊費が500円ほど変わるのだけれど、時間の感覚が分からなくなるので、個人的には窓はあった方が良いと思う。

アメニティは水やタオル、歯ブラシなどが備わっていて、スリッパも借りることができるので、かなり快適だ。

 

カードキーでオートロックなので安心といえば安心。ただし外出中は電気が通らないので、充電したいときにはちょっと不便かも。

 

コンセントは2基あるが、ベッドの腹部あたりなので PC などを充電するときには若干不便。まあないよりもマシなので、充電中は枕元にでも置いておこう。

テレビは音漏れがしないようにヘッドホンで聴くスタイル。

 

空調はエアコンが室内完備なのでかなり快適だった。バックパッカーズホステルだと空調調整が難しいのだけれど、これならば他人に左右されずに自分の好きなように調整できる。

 

金庫と冷蔵庫も完備。基本的に部屋は毎日掃除が入るので、盗まれたら困るパスポートや日本円などはこの金庫に保管しておこう。

冷蔵庫は自分が部屋にいる時しか機能しないのでやっぱり不便。

 

僕が泊まったのは2階なので、窓から見える景色はあまりよくない。ちなみにこの目の前のマッサージ店は安くて腕も良いのでおすすめだ。

 

なお地下一階には自由に使えるスペースがある。ここでご飯を食べたりブログを書いたりができる。僕が泊まったときにはあまり利用者は多くなかったが、コンセントも使えるので便利。

 

シャワーやトイレ、洗濯機などの水回り

こちらがトイレやシャワーの設備。各フロアにカードキーでしか入れないようになっているので、覗きなどの心配はなさそうだ。多くの人が利用するので潔癖症にとっては厳しいかもしれないが、かなり綺麗な感じなので一般的には問題なさそう。

シャンプーとボディソープは備え付け。僕は「髪にも、旅にも。無印良品の『全身シャンプー』レビュー」で紹介した全身シャンプーを使っていたので使ってないが、これは嬉しい配慮だ。

なおトイレはウォシュレット付き。

 

屋上は喫煙スペース兼洗濯機や乾燥機が備わったランドリールームだ。もちろん空調は備わっていないが、早朝に洗濯をしながら作業する程度であれば涼しくて快適。

 

洗濯は自由にできるし、洗剤も無料でもらえる。洗濯機は1回30元(100円くらい)で、乾燥機が10分10元(35円くらい)。日本のコインランドリーの 1/10 くらいの価格だ。

 

Bluetooth スピーカー『Beoplay P2』で音楽を聴きながら作業。近くのカフェでテイクアウトしたコーヒーとともに。

 

まとめ

こんな感じで『ポッシュパッカー ホテル(鉑泊客旅店)(POSHPACKER HOTEL)』を紹介してみた。3~4,000円と比較的安価ながら綺麗な一人部屋に泊まれるというのは嬉しいポイント。

また台北駅からも近く、近くにカフェや飲食店はもちろん、ちょっと歩けば西門も近いので、「宿のクオリティはこだわらないけどある程度綺麗な一人部屋が良い」「用事があって数日間台北に滞在するのでできるだけ宿泊費を抑えたい」という人にオススメしたいホテルだ。

 

『ポッシュパッカー ホテル(鉑泊客旅店)(POSHPACKER HOTEL)』へのアクセス

  • 名称:ポッシュパッカー ホテル(鉑泊客旅店)
  • 住所:台北市中正区重慶南路一段39号
  • 電話:+886-2-2375-5555
  • 最寄り:台北駅から徒歩約3分、桃園空港MRT の台北駅から A4出口徒歩約5-8分