僕と iPad のはなし|トバログのモノ語りNo.012


めて iPad がこの世の中に登場したとき、驚きはしたものの「どうせ iPhone を大きくしただけでしょ? 」 と、斜に構えて発表会を見ていた記憶がある。

PCのディスプレイだけを取り外したようなその端末は、ゲームアプリで快適にチェスができるだけでなく、移動中でも大画面で動画を楽しめるモノだった。それ以上でもそれ以下でもないが、大学では誰も持っていなかったし、面白そうだと思い秋葉原のソフマップで初代 iPad  を購入したことを憶えている。

まさか6年間も使い続けるとは、そのときは思いもしなかった。 iPad は毎年、魅力的な端末へとアップデートされていく。仕事には欠かせない Office が使えるようになり、PC のように2画面での作業ができるようになる。街なかでも iPad を使っている人を見かけるくらい普及し、やがては老若男女が使いこなす端末となった。

2015年に iPad Pro が発売となると、それ専用のペンやキーボードまで登場したのだから、”どうせ iPhone を大きくしただけ” の端末も出世したものだ。そんな皮肉は言いつつも、僕は iPad が好きだ。初めて iPad を手に入れてから6年経った今では、旅にブログに絶賛活躍中である。僕にとって iPad は、決して手放せない愛用品の一つとなっている。

 

写真に地図に音楽に。海外旅行には断然 iPad が便利な理由

――

トバログの「モノ語り」について
トバログ
では、これまでたくさんのモノ・コトを紹介してきた。ただ、ブログというのはどんなによく書けた自慢の記事でも、過去の記事は時間と共に埋もれていってしまう。せっかく良いモノだけを選び抜いて記事を書いているのだから、たくさんの人に目を通してほしいと思い「モノ語り」として連載してみることにした。これまでも数回に渡り、僕の思い出深いモノ・コトについて紹介しているので、良かったらバックナンバーも是非読んでみてほしい。

――