しとしと雨の台北。会員制の雑誌図書館『Boven』で悠々自適に読書を楽しむ


せっかくの台湾旅行なのに「一日中雨が振り続けてすることがない」という経験をしたことがある人は、意外と多いはず。しとしと雨が続く日は、本を読みながらまったりと一日を過ごしたい。

今回は、台北の東区にある隠れ家的な会員制の雑誌図書館『Boven雜誌圖書館』を紹介しよう。海外の雑誌を手に取り、のんびりと悠々自適な一日が過ごせるはずだ。

 

スポンサーリンク

 

台湾のデザイナーや編集者が集まる、会員制の雑誌図書館『Boven』


台北のお洒落なスポットが立ち並ぶ東区。大安駅を降り、10分ほど歩けば会員制の図書館『Boven』がある。一階はカフェ兼セレクトショップのスペースとなっており、地下一階が雑誌図書館となっている。

日本や米国など、国内外から取り寄せたとっておきの雑誌を約2万冊蔵書しており、そのすべてをソファに座りながらまったりと楽しむことができる。ジャンルはファッションや旅行、ライフスタイルなど、会員の要望に合わせて取り揃えているとのこと。

 

会員制のため、入場には会員登録が必要となるが、1日会員なるものがあり、こちらは1日300元(1,100円ほど)で1日利用が可能となる。

また、個人利用であれば年間1000元(3,600円ほど)で年間会員になることができ、年間利用し放題となるのが魅力的だ。Wi-Fi も電源もあるので、雑誌を読みながらブログや仕事をすることもできる。

台湾在住だったら絶対ここ通うなあ。

 

彼はオーナーの Spencer(スペンサー)氏。元々は台北のタワーレコードの雑誌部門で働いていたが、海外の雑誌をもっと台湾の人と共有したいという思いから2015年に『Boven』をオープンしたそうだ。

館内の撮影許可をもらうことができたので、実際に紹介していこう。

 

【 #カバンの中身 34】クリエイターのハブとなる。台湾の会員制雑誌図書館『Boven』オーナーSpencer氏の持ち物

 

催し物を開催している一階の展示スペース

将来的にはカフェとセレクトショップにする予定だという一階は、僕が訪れたときには『The Big Issue(ビッグイシュー)』がフューチャーされていて、これまで台湾で販売されたバックナンバーや、日本や英国といった海外のビッグイシューの展示を行っていた。

どことなく落ち着きがあり、日本の中目黒や代官山の辺りの雰囲気を感じる。僕はビッグイシュー自体ほとんど読んだことがなかったのだけれど、実際に手にとってみると、どれも魅力的な内容ばかり。

雨のホワイトノイズを楽しみながら、中国語のビッグイシューをパラパラとめくる時間は、どこか心地良い。

 

店内は比較的空いていて、腰を掛けてのんびり過ごせる。鉄筋コンクリートと木材の調和が美しい館内の内装は、台湾の有名建築デザイナーである顧相璽氏が手がけている。

 

日本の雑誌もずらり。台北で悠々自適な読書タイム

展示スペースの脇にある階段を降りると、オーナーこだわりのジャズが流れる落ち着いた雰囲気の Boven 雑誌図書館となっている。小洒落たバーのような空間で、壁際の本棚にはたくさんの雑誌が並ぶ。

 

ソファに腰を掛けてのんびり雑誌を読みふけるのも良し、雑誌にインスピレーションを受けながら作業をするのも良し。

雨の多い台北では、文化的なカルチャーが好きな人はこうして過ごしている。

 

店内の本棚は、ファッションやライフスタイルなどジャンル別に並ぶ。台湾では日本の雑誌人気が高いそうで、『& Premium (アンド プレミアム) 』や『POPEYE』、『カーサブルータス』などが目立つように並べられている。

この辺の好みはトバログも同じ感じなので、ここに来る人とは親和性が高そうな気がする。

 

ほかにもブレーンやワイヤードなども確認できた。オーナーの Spencer 氏いわく、日本語が分からなくても写真やページレイアウトを眺めるだけでも楽しいし、勉強になるとのこと。

 

僕が大好きな韓国の雑誌『Magazine B』も揃っている。日本で買うと1冊3,000円ほどなので、こうして読み放題なのは嬉しいなあ。

 

ちなみにバックナンバーは購入することも可能だ。販売価格は雑誌によって異なるが、台湾で購入する価格の 1/3 ほどなので、レイアウトを勉強したいデザイナーや学生なんかには嬉しいはず。

 

まとめ

こんな感じで台北にある隠れ家的な会員制雑誌図書館『Boven』を紹介してみた。台湾には蔦屋書店のモデルとなった『誠品書店』といった有名書店もあるが、コワーキング的に利用することはできない。

Boven はじっくり雑誌を眺めていたい人や、作業をしたい人にとっても最高の環境だ。台北在住者、または台湾旅行に訪れた本好きな人には、是非足を運んでみてもらいたい。

また、トバログではオーナーの Spencer 氏のカバンの中身についても取材している。後日掲載予定だが、Boven を立ち上げた思いだったり、お洒落なカバンの中身のアイテムを紹介するので、気になる人はトバログをフォローしてもらえたら嬉しい。

 

【 #カバンの中身 34】クリエイターのハブとなる。台湾の会員制雑誌図書館『Boven』オーナーSpencer氏の持ち物

 

『Boven雜誌圖書館』へのアクセス

  • 住所:大安區復興南路一段107巷5弄18號B1
  • 営業時間:12:00~22:00
  • Facebook:https://www.facebook.com/boven437