1TBで3万円台、2TBでも6万円ちょっと。意外と現実的な価格になったポータブルSSD。


もう現実的な価格になった外付けの SSD。

以前『そろそろ僕たちはポータブル HDD から SSD に買い換えても良いんじゃないか』という記事を書き、実際にお試しで購入した 500GB のポータブルSSD『サムスン T3 500GB』を、この1年間使っている。

名刺サイズで 51g と非常に軽量なポータブルSSD で、USB Type-C を搭載するため最近の PC やタブレット端末、そしてスマートフォンでも使える点が便利。よく海外に旅をしている僕にとっては、もう手放すことのできないストレージとなっている。

「もう少し容量が欲しいなあ」とは思うものの、やはりネックなのは価格。500GBを購入したときには 2TB が10万円を超えていたのだけれど、最近は値崩れしていて同じサイズで 6万4,000円ほどで購入可能だ

 

スポンサーリンク

 

小さくて速いは正義。気軽に大容量データを持ち運べるポータブルSSD

SAMSUNG(サムスン)のSSD-T3を手に持ったところ
こちらが今回僕が気になっているサムスンのポータブルSSD『T5 2TB』。

これまで使っていた 500GB のモデルと同じく、名刺サイズで 51g と軽量小型なのに大容量な点が嬉しい。しかもポータブルHDD と比べ物にならないくらい速く、USB Type-C ケーブルで気軽にさまざまな端末で読み込めるのが便利だ。

この1年間で半額近くまで安くなっており、2TB が6万円ちょっと、1TBにいたっては3万5,000円ほどで購入できる。とはいえ 8TB の置型HDD が2万円ちょっと(セール時は1万円台)で買える時代なので、当たり前といえば当たり前なのかもしれないが、それでもちょっと衝撃的だった。

 

 

 

SAMSUNG(サムスン)のSSD-T3
「容量が欲しいなら HDD を買えばいいじゃない」というコメントを多くいただくが、実際に普段からガジェットポーチに収納して使ってみると、快適すぎて戻る気にはなれない。

1日中写真を撮りに出かけるとき、SDカードが満杯になったらバックアップできるし、使う頻度の高いファイルはこのポータブルSSDに収納して持ち歩いている。これが HDD だったのならば「今日は使わないし要らないか」となるのだけれど、SSD はガジェットポーチに入れっぱなしなので、出かける際の取捨選択をする必要すらなく、いつでもポーチに入れていられる。

もちろんバックアップデータや過去の写真ファイルなど大容量のデータは「写真とか、書類とか、PC やスマホのデータとか。1台あると安心なポータブルHDD『WD My Passport』レビュー」で紹介しているポータブル HDD に収納しているが、お金があったならすべてポータブルSSDで構築したいとは思っている。

この快適性は使ってみなけりゃ分からない。

 

MacBook 本体のストレージは 512GB。外部にストレージを増やすという選択肢


余談だが『買うなら今。PayPayでCTOモデルの15インチ MacBook Proを安く手に入れた話』で買ったと書いた新しい MacBook Pro のストレージは 512GB。「外部に買うなら最初から容量が大きいモノを買っておけ」と怒られそうだが、いかんせん僕はモノを無くしやすく、この前まで使っていた MacBook Pro も盗まれてしまった。

そういった点から、持ち歩くデータは PC とは別のところにもバックアップを置いておいた方が良いという結論に至っている(ちなみに海外では盗難がより顕著だし、壊れにくく小型のポータブルSSDが最適)。

“バックアップ” ならば 2TB のポータブルSSD が2つくらいは必要なので、そう考えるとちょっと高いけれど、まあでもデータを失うくらいなら、保険としては安い(高いけど)ものだ。

 

まとめ

ちょうど去年の今頃に『そろそろ僕たちはポータブル HDD から SSD に買い換えても良いんじゃないか』を書いたけれど、1年間使ってみて、この考え方は間違っていなかったなあと確信した。

2TB のストレージならば、PC のバックアップも取りつつ、しばらくはカメラの写真データバックアップもできそうなので買ってみたいなあという気持ち。

PayPay のポイントバックがちょうど5万円くらいあるので、それを足しにして買っても良いなあ。

 

↓Amazonプライムデーで気になるセール品まとめ↓

/a>mazonプライムデーで気になるアイテム記事を読む