真四角なチェキが欲しい。チェキスクエア対応の『instax SQUARE』シリーズを比較検討


そろそろチェキ、それもインスタグラムのように真四角なスクエアプリントができる『instax SQUARE』シリーズが欲しい。

購入しようと思って調べてみると、スクエアタイプのチェキ『instax SQUARE』には3種類の機種があることが分かった。スクエアプリントは同じだと思うのだけれど、どれを買えば良いのか分からなかったので、自分で比較して「本当に僕が欲しいチェキはどれか」を考えてみることに。

チェキスクエアの購入を検討している人にとって有益な記事となれたら幸いだ。

スポンサーリンク

 

真四角のチェキスクエアについて

冒頭でも簡単に紹介しているが、チェキスクエアは富士フイルムが発売する「1:1 のアスペクト比で撮影できるチェキ」の総称。2017年5月に『instax SQUARE SQ10』と発表となった比較的新しいフォーマットだ。インスタグラムのような正方形構図が撮れるため、1:1 に慣れている人にとっては構図が取りやすい。

フレームカラーは白背景と黒背景の2種類(テイラー・スウィフトモデルなどもあり)。価格は通常のチェキよりもちょっと高めで、実税価格1,000円ほどで購入ができる。縦長構図よりもアルバムや額縁に入れた際に整然と収まりそうだ。

僕はこのチェキスクエアフォーマットに対応したカメラ『instax SQUARE』を所持していないので、今回はフィルムだけでなく自分の用途に合ったチェキを買いたい。

 

『instax SQUARE』には3種類の機種がある。SQ10 と SQ20 はデジカメで、SQ6はアナログチェキ


情報を集めていると、instax SQUARE シリーズには現在3種類の機種がある。1番高い最新のフラッグシップモデル『instax SQUARE SQ20』と、その1世代前の『instax SQUARE SQ10』、そしてエントリーモデルの『instax SQUARE SQ6』の3種類。

見た目はすべて似ているのだけれど、それぞれ機能や価格などが異なっているので、詳しく紹介しよう。ちなみにこの項目を書いている時点で「自分の欲しいチェキ」が見つかったのでポチってしまった。

 

スクエアだけどアナログな『instax SQUARE SQ6』

  • デジタルではなくアナログのチェキカメラ
  • そのため撮影時にデジタル補正はできない
  • 従来のチェキのように気軽に使いたい人用

instax SQUARE SQ6 はアナログなチェキスクエア。2018年に発売となった新しいモデルで、従来のチェキと同じように、デジタルではなくアナログな点がポイント。シャッターを切ると光を直接チェキフィルムに写し込むタイプのチェキだ。

ただ30cmの「マクロ」や「自撮りモード」「二重露光モード」「露出補正機能」は備わっており、アナログながらも実用性も高い。セルフィーミラーも備わっているので自撮りしやすい点も良さそう。

 

SQ10 や SQ20 のようにデジタルフィルターを通すことはできないが、付属する3色のカラーフィルターをストロボに装着することで、やや遊べる仕様となっている。直販価格は1万7,150円だがアマゾンでは1万2,500円ほどで購入可能。現在ではテイラー・スウィフトのオリジナルモデルなども発売となっている。

 

instax SQUARE SQ6の詳細スペック
使用フィルム富士フイルム インスタントフィルム instax SQUARE( 別売)
画面サイズ62mm × 62mm
レンズ沈胴式レンズ 2群2枚構成 f = 65.75mm 1:12.6
ファインダー逆ガリレオ式ファインダー 0.4倍 ターゲットマーク付き
撮影距離電動3点切り替え式(0.3m~0.5m / 0.5m~2m / 2m~∞)
マクロモード(0.3m~0.5m) 標準モード(0.5m~2m) 遠景モード(2m~∞)
シャッタープログラム式電子シャッター 1.6秒~1/400秒
露光調整自動調節 連動範囲:LV5.0~15.5(ISO800) 露光補正:±2/3EV
フィルム送り出し電動式
フィルム現像時間約90秒(時間は気温によって変動します)
フラッシュマクロモード時:低輝度自動発光オートフラッシュ(自動調光)
マクロモード時以外:常時発光
充電時間:0.2秒~7秒(新品電池使用時)、フラッシュ充電中表示、フラッシュ撮影距離:0.3m~2.7m
セルフタイマー電子式 作動時間:約10秒 途中解除可能
LED表示撮影モード(オート、セルフィー、マクロ、遠景、二重露光)、濃淡コントロール、フラッシュ発光禁止、セルフタイマーモード
電源リチウム電池(CR2)2本 撮影可能枚数:約30パック
その他フィルムパック確認窓 三脚ねじ穴(三脚は別売り)
大きさ・質量(重さ)118.7mm × 128.1mm × 58.1mm(突起部除く)
/ 393g(電池、ストラップ、フィルム別)
付属品リチウム電池(CR2)2本、ショルダーストラップ、フラッシュフィルター3個
上記画像引用:富士フイルム公式ページ『instax SQUARE SQ6』

 

今1番コスパの高い『instax SQUARE SQ10』

  • 2017年にチェキスクエアと同時発売となったデジタルチェキ
  • 液晶ディスプレイを確認しながら撮影でき、デジタル修正も可能
  • ミラーレス一眼やiPhoneで撮影した写真をmicroSDに移してチェキプリントできる

instax SQUARE SQ10』 は、チェキスクエアの発表と同時に発表となったチェキだ。2017年発売。2019年5月現在、ブラックは販売終了(在庫限り)となっている。

アナログな SQ6 とは異なり、デジタルで画像として撮影できるため、チェキとしてプリントする前にデジタルフィルターをかけたりトリミングしたりが可能。画素数は低いものの、このカメラで撮った写真をPCに移すこともできるし、逆にスマホや一眼レフカメラで撮影した写真を取り込んでプリントすることもできる。

発売当初は3万円を超える価格帯だったが、最近は1万6,000円前後が実勢価格。アマゾンでの価格は1万4,000円〜ほどで、SQ6 よりも安価で購入可能だ。

 

instax SQUARE SQ10の詳細スペック
撮像素子1/4型CMOS 原色フィルター採用
記録画素数1920×1920ピクセル
記録メディア内蔵メモリー、microSD/microSDHCメモリーカード
記録枚数静止画約50枚相当
microSD/microSDHCメモリーカード:1GBあたり約1000枚
動画記録時間
記録方式DCF準拠 Exif Ver.2.3 JPEG準拠、PIM対応
焦点距離28.5mm固定(35mmフイルム換算)
絞りF2.4
オートフォーカスシングルAF(TTLコントラストAF、AF補助光付)
撮影可能距離10cm~∞
シャッタースピード1/29500秒~1/2秒(自動切換)、バルブモード最大10秒
撮影感度ISO 100~1600(自動切換)
露出制御プログラムAE
露出補正露出補正:-2.0EV~+2.0EV(1/3EVステップ)
測光方式TTL256分割測光、マルチ測光
ホワイトバランスオート
フラッシュオート/強制発光/発光禁止/スローシンクロ/赤目補正
撮影可能範囲:約50cm~8m
撮影モード通常、二重露光、バルブモード
セルフタイマー約10秒/約2秒
画像エフェクトパートカラー(レッド/オレンジ/イエロー/グリーン/ブルー/パープル)、フィルター(10種)、明るさ調整、ビネット
再生時機能トリミング、マルチ再生
使用フィルム富士フイルム インスタントフィルム instax SQUARE(別売)
フィルム枚数10枚/パック
フィルムサイズ86mm×72mm
画面サイズ62mm×62mm
プリント画素数800×800ドット
プリント解像度12.5ドット/mm(318dpi、80μmドットピッチ)
プリント階調RGB各色256階調
プリント可能
画像フォーマット
JPEG(画像編集・加工ソフトで保存したJPEGファイルの一部は、表示・プリントで きない場合があります。)、動画から静止画を切り出してプリント可能。
プリント出力時間約12秒
プリントタイミング撮影直後プリント/選択後プリント
プリント機能本体内メモリー画像+micro SDカード内画像
リプリント50枚前の出力まで
プリント履歴に保存されている画像(50枚まで)について再プリント可能
デジタルズーム撮影時/プリント時2.4倍までズーム可
液晶モニター3.0型TFTカラー液晶モニター
画素数:約46万ドット
外部インターフェースマイクロUSB Micro-B(充電・通信用)
電源リチウムイオン電池(内蔵型:取り外し不可)
充電内蔵バッテリーにつき本体充電のみ
プリント可能枚数約160枚(フル充電から) * 注意:使用条件により、プリント枚数は異なります。
充電時間約2~3時間(0.5A USBポート使用時) * 気温によって異なります。
本体外形寸法119mm×47mm×127mm(W×D×H)
本体質量450g(フイルムパック、バッテリーを含む)
動作環境温度:5℃~40℃ 湿度:20%~80%(結露しないこと)

引用:https://instax.jp/square/

画像引用:富士フイルム公式ページ『instax SQUARE SQ10』

 

SQ10の後継機で動画が撮れる『instax SQUARE SQ20』

  • 前述した SQ10 の後継機で基本性能はほぼ同じ
  • 最大15秒間の動画撮影が可能でフレームを切り抜いてチェキとしてプリントできる
  • 前面にミラーが備わっており自撮りがしやすい

instax SQUARE SQ20』は実質的な SQ10 の後継モデル。SQ10 との大きな違いは動画撮影が可能な点。動画から切り抜いたフレームをチェキとしてプリントできる。

iPhone のバースト撮影のように気に入った一瞬を選んでチェキにできる「FRAME GRAB(フレームグラブ)」や、時間差で4コマを同時に1枚のチェキに収める「TIME SHIFT COLLAGE(時間差撮影)」などができるので、より新しい表現が可能だ。

直販価格は2万4,300円とやや高価ではあるが、こちらもアマゾンでは1万9,000円ほどで購入できる。

 

instax SQUARE SQ20の詳細スペック
撮像素子1/5型CMOS 原色フィルター採用
記録画素数1920×1920ピクセル
記録メディア内蔵メモリー、microSD/microSDHCメモリーカード
記録枚数静止画約50枚相当、動画約30秒相当
microSD/microSDHCメモリーカード:1GBあたり約1000枚
動画記録時間microSD/microSDHCメモリーカード:1GBあたり合計約3分
記録方式静止画:DCF準拠 Exif Ver.2.3 JPEG準拠、PIM対応
動画:800x800x15fps H.264(音声なし)
焦点距離33.4mm固定(35mmフィルム換算)
絞りF2.4
オートフォーカスシングルAF(TTLコントラストAF、AF補助光付)
コンティニュアスAF(動画撮影時のみ)
撮影可能距離10cm~∞
シャッタースピード1/7500秒~1/2秒(自動切換)、バルブモード最大10秒
撮影感度ISO 100~1600(自動切換)
露出制御プログラムAE
露出補正露出補正:-2.0EV~+2.0EV(1/3EVステップ)
測光方式TTL256分割測光、マルチ測光
ホワイトバランスオート
フラッシュオート/強制発光/発光禁止
撮影可能範囲:約50cm~2m
撮影モード通常、二重露光、バルブモード、分割撮影、コラージュ撮影、時間差撮影
セルフタイマー約10秒/約2秒
画像エフェクト静止画と動画のフィルター:16種、明るさ調整、ビネット
動画専用:3種
静止画専用:2種
再生時機能トリミング、マルチ再生
使用フィルム富士フイルム インスタントフィルム instax SQUARE(別売)
フィルム枚数10枚/パック
フィルムサイズ86mm×72mm
画面サイズ62mm×62mm
プリント画素数800×800ドット
プリント解像度12.5ドット/mm(318dpi、80μmドットピッチ)
プリント階調RGB各色256階調
プリント可能
画像フォーマット
JPEG(画像編集・加工ソフトで保存したJPEGファイルの一部は、表示・プリントで きない場合があります。)、動画から静止画を切り出してプリント可能。
プリント出力時間約12秒
プリントタイミング撮影直後プリント/選択後プリント
プリント機能本体内メモリー画像+micro SDカード内画像
リプリント50枚前の出力まで
プリント履歴に保存されている画像(50枚まで)について再プリント可能
デジタルズーム撮影時/プリント時4倍までズーム可
液晶モニター2.7型TFTカラー液晶モニター
画素数:約23万ドット
外部インターフェースマイクロUSB Micro-B(充電・通信用)
電源リチウムイオン電池(内蔵型:取り外し不可)
充電内蔵バッテリーにつき本体充電のみ
プリント可能枚数約100枚(フル充電から) * 注意:使用条件により、プリント枚数は異なります。
充電時間約2~3時間(0.5A USBポート使用時) * 気温によって異なります。
本体外形寸法119mm×127mm×50mm(幅×高さ×奥行き)
本体質量390g(フィルムパック、記録メディア含まず)
440g(フィルムパック、記録メディア含む)
動作環境温度:5℃~40℃ 湿度:20%~80%(結露しないこと)

引用:https://instax.jp/sq20/specification/

画像引用:富士フイルム公式ページ『instax SQUARE SQ20』

 

おまけ:instax SHARE SP-3

  • スマホやカメラを Wi-Fi 接続してチェキスクエアにプリントできる
  • プリンタなので単体では撮影不可
  • スマホアプリで画像の加工ができる

instax SHARE SP-3』はカメラとしてのチェキではなく、スマホと Wi-Fi 接続して画像をチェキスクエアにプリントできるプリンターだ。より良い発色、そして解像度でチェキにプリントできるとしている。

実際に試したわけではないので SQ20 などと比較して「高い解像度と発色」となるかは不明だが、仕様を確認すると 320dpi なので SQ20 の 318dpi とどの程度変わるかは分からない。

ただ SQ10 や SQ20 の場合だとスマホで撮った写真は micro SD 経由のプリントだが、このプリンターなら Wi-Fi で直接写真がプリントできる点は魅力。富士フイルムのカメラなら、直接 Wi-Fi で接続してチェキにすることが可能だ。価格は直販価格で1万9,980円でアマゾンでは1万8,000円ほど。

画像引用:富士フイルム公式ページ『instax SHARE SP-3』

 

3つの機種は具体的に何が違うのか?それぞれを比較してみる


上記ではさらりとそれぞれ3機種の違いについて紹介してみた。それぞれ「何が違うのか? 」「できるコトの差」を比較するため表にしてみた。こういうの作るのは久しぶりで面倒だったけれど、何ができて何ができないのか分かるので便利。

↓見切れる場合は左右にスクロールできます↓

SQ6SQ10SQ20
フォーマットチェキスクエアチェキスクエアチェキスクエア
画像としてデジタル保存
スマホや一眼で撮った写真のプリント
撮影後のデータ編集◯(トリミングなど)◯(トリミング、動画切り出しなど)
動画撮影
フィルター機能✕(カラーフィルター同梱)静止画フィルター
10種類

静止画と動画のフィルター16種

二重露光モード
ズーム2.4倍デジタルズーム4倍デジタルズーム
撮影距離30cm~∞10cm~∞10cm~∞
マクロ0.3m~0.5m10cm~10cm~
セルフショットミラー
バッテリーリチウム電池(CR2)2本リチウムイオンバッテリーリチウムイオンバッテリー
サイズ118.7mm ×128.1mm ×58.1mm119mm×47mm×127mm119mm×127mm×50mm
重量393g400g390g
筐体カラーGRAPHITE GRAY(グレー)
AQUA BLUE(ブルー)
BLUSH GOLD(ゴールド)
RUBY RED(レッド)
PEARL WHITE(ホワイト)
ホワイト
ブラック
BEIGE(ベージュ)
MATTE BLACK(マットブラック)
実勢価格1万2,500円1万4,000円(出荷終了)1万9,000円

 

ハイブリッドインスタントカメラと謳う SQ10 と SQ20 のスペックは近く、大きな違いは動画撮影機能の有無くらい。そして SQ6 はフォーマットこそチェキスクエアだが、機能性に関しては既存のチェキのようにアナログな感じだ。

 

デジタルなチェキ『SQ10』と『SQ20』を比較。それぞれの違いはやはり動画機能の有無

前述の通り、SQ10 と SQ20 の大きな違いは「動画の撮影機能」の有無。撮った動画から気に入ったシーンだけをチェキにできる(iPhoneのバーストのような機能)など、動画からチェキに切り抜く機能が多く備わっている。

細かいところで言うとセンサーサイズや液晶ディスプレイサイズや画素数は SQ10 の方が高性能ではあるが、ズーム性能差(SQ10は2.4倍、SQ20は4倍)やセルフィーミラー、動画撮影機能の有無などを考えると、実用性を選ぶなら SQ20 だろう。

 

SQ6 はアナログなチェキ。SQ10、SQ20との大きな違いは「撮った後に写真の加工ができるか否か」

一方で SQ6 はデジタルではなくアナログなチェキ。最終的にチェキになるのはそのため撮影後の写真の加工はできず、撮る前に構図などを決めておく必要がある。

その分安価ではあるのだけれど、スマホや一眼レフで撮った写真のプリントはできない。フィルムカメラのように純粋に写真撮影を楽しむのであればおすすめだが、利便性を考慮するならば、個人的には SQ10 か SQ20 を選びたいと感じる。

 

まとめ:僕にとっては instax SQUARE SQ10 がベストそう

  • チェキスクエアが撮れれば良い
  • 動画機能は必要ない
  • でもミラーレス一眼で撮った写真もプリントできたら嬉しい
  • 安価かつ機能性のバランスが良いモデルが欲しい

こんな感じで富士フイルムのチェキスクエア『instax SQUARE』シリーズを比較してみた。かなりの長文となってしまったが、僕にとって最適だと考えられるチェキは『instax SQUARE SQ10』。

機能性は高くデジタルなチェキスクエアなのに、型落ちモデルのため1万円台前半と instax SQUARE の中では最も安価な点が決め手だ。一眼で撮った写真もプリントしたいので SQ6 は候補対象外となり、SQ20 はやや高く動画機能は必要ないと感じ SQ10 を選んだという感じ。

この記事を書いている途中でさっそくアマゾンで購入してみたので、実際に使ってみたらレビューしていきたい。