見つけたらラッキー!値崩れしないプレミア価格のゲームボーイアドバンスのタイトル

gameboymicro-pink1最近ゲームボーイミクロを購入した。ゲームボーイアドバンス(GBA)全盛期は、僕は小学生だった。当時欲しくても買えなかったゲームボーイアドバンスソフトを探しまわっているうちに、今でも値段が落ちないタイトルを見かけるように。

今日は見つけられたらラッキーな、結構高値で取引されているゲームボーイアドバンスソフトを紹介したい。地元のゲームショップで投げ売りされていたらゲットしよう。

スポンサーリンク

 

結構プレミア価格なゲームボーイアドバンスのタイトル

言わずもがな「MOTHER 1・2」と「MOTHER 3」

MOHTER シリーズは、ゲームボーイアドバンスソフトでは代表的なプレミア価格ソフト。ファミコンで発売された「MOTHER」に続き、スーパーファミコンで 「MOTHER 2」 が発売。その後生産中止などの発表もあったが、満を持して 「MOTHER 3」が発売となった。元々出荷数が少ないためなのか、大人気で売る人が少ないのかは定かではないが、年齢が比較的高い層に人気の RPG。

現在は地方のレトロゲームショップでは5,000円前後、都内レトロゲームショップだと5,000~1万円前後で取引されているようだ。個人経営で昔からのゲームソフトがあるような店が狙い目かもしれないが、高値で取引きされるソフトで有名なのでなかなか投げ売り価格では見つからないかも。

なお MOTHER 2 に関しては、3DS のバーチャルコンソール(VC) で気軽に購入できる。

超魔界村R

難易度が高くクリアが難しいファミコンの横スクロールアクションゲームでお馴染みの「魔界村」。「超魔界村R」は、魔界村の続編であるスーパーファミコンソフト「超魔界村」のGBAリメイク版だ。超魔界村との違いとしては、ステージが追加されたアレンジモードを収録している点。

現在でも 3~4,000円程度の価格帯をキープしている。なお都内のレトロゲームショップでは箱アリで6,000円前後だった。あの魔界村の興奮を手のひらで楽しみたい人は是非手に入れよう。

なお Wii U 向けにバーチャルコンソールも登場している。

ファイナルファンタジー V と VI

スーパーファミコンソフトとして登場した「ファイナルファンタジー( FINAL FANTASY ) 」のゲームボーイアドバンスリメイク版。僕はファイナルファンタジーシリーズは遊んだことがないので、特筆することはできないが、往年のファンだったら押入れなんかに眠っている人も多いかもしれない。

I ~ IV までは比較的安い価格で購入できるのだが、なぜか V ~ VI は価格が跳ね上がる。都内でも5,000円前後で取引がされているようだ。

ファイヤーエムブレム系列

「ファイヤーエムブレム」は、シミュレーション RPG というジャンルを確立した作品。これは僕はプレイしたことがないので何も語れないが、スマブラなんかではよくキャラが多く登場する。取引き価格はやや高めなものの、比較的容易に手に入れられる。

Wii U の バーチャルコンソールでもプレイ可能。

メトロイド「ゼロミッション」

スマブラではお馴染みのサムス・アランが登場するゲームタイトル。僕ら世代ではニンテンドーDS用ソフトで遊んだという人も多いかもしれない。サムスの中身が女性だと知った時の驚きは今でもよく覚えている。

どちらもアマゾンでは5000円程度だが、都内レトロゲームショップではゼロミッションの方が高額で取引きされていた記憶がある。

メダロット 弐CORE

僕はあまりプレイしたことがないのだが、上のメダロットソフトは高値で取引されている。理由としては、2002年にコミック誌「ボンボン」とメダロット公式ページの先行予約が行われ、先行予約分には注文者名前がスタッフロールに載っており、後に発売した通常版にはそれがないかららしい(参考:http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%A1%E3%83%80%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88%E5%BC%90core)。

どちらにしろ生産数自体が少ないので、レトロゲームショップでは大体1万円以上の価格で売られていたり、ヤフオクでも8,000円くらいで取引されているようだ。ただ上のアマゾンでの売値を見ると5,000円程度なので、おそらく通常版なのだと思う。

Wii U 向けのバーチャルコンソールで配信しているので、純粋にゲームを楽しみたいという人はこちらもオススメ。

ファミコンミニ「第2次スーパーロボット大戦」と「機動戦士Zガンダム ホットスクランブル」

いわゆる本物のプレミア価格のソフトであるファミコンミニシリーズの「第2次スーパーロボット大戦」と「機動戦士Zガンダム ホットスクランブル」。

「第2次スーパーロボット大戦」は、ゲームキューブの「スーパーロボット大戦GC」を買った人が、2000本のみ抽選で配られたソフト。また「機動戦士Zガンダム ホットスクランブル」も、ゲームキューブの「機動戦士ガンダム~戦士達の軌跡」を購入すると、抽選で2000名に当たったソフト。

どちらのソフトも非売品で、現在もアマゾンでは販売されていない。入手難易度は高く、ヤフオクでも数万円で取引きされている模様。
 

まとめ

gameboy-micro-green610年以上も前に販売されたゲームアドバンス用ソフトが、今でも高額で取引きされていることに驚いた。まぁファミコンミニソフトの「第2次スーパーロボット大戦」のように非売品のソフトであれば分からなくもないが、当時は特に見向きもされないようなコアなタイトルが高値で取引されている(ゲームボーイミクロも同じだが)。

もし地元のゲームショップなどで発見できたらラッキーなのでチェックしておこう。

 

他にもこんなゲームボーイミクロの記事書いてます