父の日にフルオーダーメイドシャツをプレゼントしよう。Original Stitch が特設ページを公開

th_originalstitch-fathersdayオンラインでフルオーダーメイドシャツを注文できるサンフランシスコ発のサービス “Original Stitch” が、父の日に向けて特設ページ「Father’s Day」を本日オープンした。

今年の父の日は 6月19日(6月の第3日曜日)。父の日に格好良いフルオーダーメイドシャツをプレゼントして、夏のクールビズの時期にバシッと決めてもらおう。

スポンサーリンク

 

Original Stitch とは

originalstitch18Original Stitch は、完全にオンラインで自分の体格に合ったフルオーダーメイドシャツが作れるサービス。スーツに合うフォーマルなシャツからプライベートで着たいユニークなシャツを自分でアレンジし、3Dデザインで立体的に確認しながら5分程度で採寸からオーダーまでオンラインで完結できる。

オーダーしたシャツは国内にある工場で1つずつ丁寧につくられる。

このサービスは、2014年にシリコンバレーで BleuFlamme LLC によってローンチしており、エンジニアとして働く人々が「服を買いに行くのが面倒」という理由から誕生した。シリコンバレーのローンチと同時に、株式会社 insprout の協力で日本でも展開している。

originalstitch7上は実際に僕がオーダーしたフルオーダーメイドシャツ。10数種類の項目から自分でデザインする様子は『新卒や就活生にオススメ!『Original Stitch』でオーダーメイドシャツ作ったら?』という記事で紹介している。
 

国内工場で丁寧につくられるフルオーダーメイドシャツを父にプレゼント

originalstitch40社会人2年目の僕がビジネスの場において感じたのが、スーツのサイズが合っているのといないのでは全く印象が違うということ。サイズがぴったり合っているだけでも、第一印象で「この人仕事できそうだな」と感じるし、サイズが大きすぎるスーツを来ているだけで「あぁ仕事に対する意識が低い人なんだな」と思ってしまう。

特にサラリーマンの場合、6月くらいから徐々に衣替えがスタートし、シャツにノーネクタイというクールビズスタイルになる企業も多い。第一印象を大きく左右する服装だからこそ、父の日のタイミングでフルオーダーメイドシャツを1着プレゼントしたいところだ。

originalstitch39
完全にオンラインなので自分で採寸する必要はあるものの、Original Stitch では首回り・裄丈・身長・体重を入力すれば自動的近いサイズを選んでくれる。もちろん巻き尺などで実際に採寸した方が正確だが、僕が実際に使ってみた印象だとある程度カンタン入力でも正確な数字がでる。

実際にオーダーが完了してから手元に届くまでは約3週間。父の日に間に合うように、GW中にオーダーをしておきたいところだ。父の日特設ページはこちら

このページから登録すれば初回のみ1,500円分が割引されるクーポンがもらえる。