トバログ

アナタの物欲を刺激するライフスタイルブログ


イヤホン・スピーカー

これが2,000円?小米(Xiaomi)イヤホン「Mi In-Ear Headphones Pro」レビュー

th_Mi-In-Ear-Headphones-Pro4以前『台北の小米ショップで購入したガジェット類を紹介。Mi 5 やイヤホン、扇風機など』で紹介した小米(Xiaomi、シャオミ)のイヤホン「Mi In-Ear Headphones Pro(小米圈鐵耳機)」をレビュー。台湾の小米ショップで2,000円弱で購入できるこのイヤホン、高級とはいかないまでも 5,000 ~ 1万円くらいのイヤホンの音質はあるのでは?と思える優秀なイヤホンだった。

小米のイヤホンは国内でも人気が高いので、そこまでオーディオ機器に詳しいわけではないがサラッとレビューしていきたい。

スポンサーリンク

 

小米(Xiaomi)イヤホン「Mi In-Ear Headphones Pro」を購入!マイク付きで約2,000円の高コスパ

th_Mi-In-Ear-Headphones-Pro1こちらが僕が購入した 小米のイヤホン「Mi In-Ear Headphones Pro」。日本円で約2,000円とイヤホンの中ではかなり安物の部類に入るであろう価格帯のイヤホンだ。

↓日本のアマゾンでも購入可能。現地で買うよりも500~1,000円くらい割高だがそれでも格安。

小米のイヤホンは一部ガジェット好きにはコスパが高いと有名で、前モデルである「Piston 3.0」などは評判が良く、個人的に気になっていた。

th_Mi-In-Ear-Headphones-Pro5パッケージされた状態ではイヤホンの全貌が分からなかったため、意外にも堅牢そうなイヤホンで驚いた。

付属品はイヤホンとイヤーピースと説明書のみ。ケースやポーチなどは付属せずシンプルな印象。まぁポーチなんて自分で持ってる適当なモノをつかえば良いので問題なし。

「Mi In-Ear Headphones Pro」本体をチェック

th_Mi-In-Ear-Headphones-Pro112,000円ながら金属製で安っぽい印象を受けず好印象。紹介文を読む限り、この辺には結構こだわっているようだ。

th_Mi-In-Ear-Headphones-Pro8マイクとリモコン部分。こちらも金属製だがボタン自体はプラスチック製。この辺のデザインもシンプルでかなり良い感じ。僕は普段『UE600VI からクリプシュの Image X10 にイヤホンを新調しました。』で紹介したイヤホンを使っているのだが、こちらにはマイクが備わってないので、用途は被らず使い分けはできそうだ。

th_Mi-In-Ear-Headphones-Pro9ちなみに普通のボリューム操作以外に、再生ボタンを2回クリックで次の曲、3回で前の曲などのファンクションも設定されている。

th_Mi-In-Ear-Headphones-Pro7ケーブル部分は布製の紐でできている。太くて絡みにくそう。なおケーブルの長さは 1.25m。ジーンズの尻ポケットに音楽プレーヤーを入れたまま音楽を聴ける長さ。
 

「Mi In-Ear Headphones Pro」の肝心の音質は?

th_Mi-In-Ear-Headphones-Pro2「Mi In-Ear Headphones Pro」の音質はどんな感じだったのか簡単に紹介すると

  • クリアだがドンシャリ感強め
  • 低音が強め
  • 遮音性は高くない

といったところ。下の項目で詳しく紹介したい。

ドンシャリ系の音の印象でクラブミュージックとか得意そう

th_Mi-In-Ear-Headphones-Pro10Mi In-Ear Headphones Pro の音質は全体的に軽めでシャリシャリとしている。特にボーカルの「さ行」が強調されるので、長渕剛などの曲を聴くと耳に刺さる感じが気になるかも。

また、意外と低音は強めなのでいわゆるドンシャリといった印象。クラシックなどのフラットな音源よりも、クラブ・ミュージックや EDM などが得意だと思われる。アコギとか女性ボーカルなども綺麗に出る。

音に重厚さや深みは高級イヤホンには劣るが、ボーカルの声がしっかりと頭の中心部で聴こえる感覚はそれなりの価格帯のイヤホンにも劣らないと感じる。

以上のことから、1万円以下のイヤホンを探しておりドンシャリ寄りの音が好きな人にはお勧めできる。1万円以下と書いているが、1万円あったらこのイヤホンが5個買えてしまうということを考えると、やはりコストパフォマンスに優れた製品だと感じた。

装着感はそれなりで遮音性もあまり高くない

th_Mi-In-Ear-Headphones-Pro10音質自体は非常に満足のいくものだが、高めのイヤホンと比べて物足りないのは、やはり装着感。これはイヤーピースを交換すれば解決するものと思われるが、購入したままのイヤーピースでは装着感はイマイチ。

そのため遮音性も低く、大きめの音量で音楽を聴くと周りにも聴こえてしまう。iPhone 付属の Earpods よりは遥かにマシだが、Shure の SE215 など1万円そこらで買えるイヤホンには劣ると感じる。
 

まとめ

th_Mi-In-Ear-Headphones-Pro2これが本当に2000円以下?と思えるくらい高品質なイヤホン(しかもマイクまで着いてる)なのだから、小米製品のコストパフォーマンスの高さには圧倒される。

日本でも購入できるので、気になっている人は試してみても良いかもしれない。

あなたにオススメの記事

 

-イヤホン・スピーカー
-, ,