家事代行サービス「DMM Okan」ってどうなの?独身20代男子が家事をお願いしてみた[PR]

一人暮らしをしてみて、意外と大変だなと思うのが家事。実家暮らしのときには母親が洗濯してくれて、服をたたんで、トイレや風呂を掃除してくれて……という家事全般をやってくれていたが、一人暮らしをすると大変さが分かるという人も多いハズ。

特に社会人になってからは自由な時間が極端に減って、土日など自由時間を家事に割り当てる必要もありけっこう大変な印象だ。そんな一人暮らしにとっての強い味方として話題の家事代行サービス「DMM Okan(おかん)」を体験してみた。

「実際のところどうなの?」「どんな感じで家事をお願いできるの?」といったところを中心に、実際に使ってみたユーザーとして紹介しよう。

 

スポンサーリンク


drip

DMM Okanについて

DMM Okan は、ビデオ配信サービスやオンライン英会話、FX 証券など幅広い事業を展開する DMM が手がける家事代行サービス。掃除や洗濯、料理などの基本的な家事を、1.5 時間3,600円(交通費込み)で Okan が家事を代行してくれる。

 

通常の家事代行サービスとは異なり、DMM Okan はあくまでプラットフォームを提供する C to C サービス。アプリ上で登録からオーダーができるなど、運用コストを減らしているため業界最低水準の価格でサービスを提供できているそうだ。

2016年12月のサービス開始当初の対応エリアは東京23区内のみだったが、利用可能エリアは順次拡大している。記事執筆時点では全国の主要都市全体で展開しているので都内在住者以外も利用できるようになったのは嬉しいところ。その状況はこちらのページで確認できる。

 

どんな家事を依頼できるの?

依頼できる家事は「水回り掃除」や「部屋掃除」「料理」など、基本的に家庭で発生する家事業務全般をお願いできる。もちろん Okan によって得意不得意はあるのだが、基本的に家事が好きな Okan が登録しているし、DMM Okan 側で掃除などの事前講習があるとのことなのでどんな Okan にも一通り依頼できる。

逆に、どんなに得意だったとしても「子どもの世話(ベビーシッター)」や「介護」「水道や電気の工事」など、特殊免許が必要な業務は代行を依頼することはできない

なので「子どもがいるけど買い物にいきたい」という人であれば、Okan に子どもの世話をお願いすることはできないが、自分が子どもの面倒を見てる間に Okan に買い物に行ってもらうということは可能。

 

どんな Okan(おかん)が在籍しているの?

Okan は、現在の在籍状況をアプリで確認したところ、記事執筆次点で20歳から在籍しているようだ。これでは「DMM Imoto(いもうと)」では?という疑問も残るところだが「Okan」という名称とはいえ、20歳以上であれば年齢は関係ないとのこと。

 

実際に「DMM Okan」を体験してきた

実際に DMM Okan で家事代行を依頼するためには以下のような流れ。

  1. 専用アプリをダウンロード
  2. 会員登録(本人確認書類の提出 ※任意)
  3. 日時と Okan を選んで家事を依頼
  4. 実際に家事をしてもらう

というフローが必要。今回僕は DMM の計らいでオススメの Okan を選んで派遣してもらっているが、通常は Okan とユーザーが直接チャットでやり取りをするという仕組みになっている。

 

まずは「DMM Okan」のアプリから家事を依頼

DMM Okan のアプリ画面はこんな感じ。スッキリしていて使いやすくて綺麗な UI だ。ここから実際に家事代行を依頼したい Okan や日時、お願いしたい家事などを、アプリ上で選択していく。

家事を依頼する際には「家事を依頼したい日時から選ぶパターン」と「家事を依頼したい Okan のシフト状況から選ぶパターン」の2種類が選べる。

たとえば「この日に友達が家にくるから、その前に部屋の掃除を依頼したい!」という場合は前者、「風呂やトイレなど苦手な水回りの掃除が得意な Okan に依頼したい!」という場合であれば後者を選ぶなど、用途に応じて使い分けができる。後者の場合は「担当者を絞り込む」という箇所から得意な家事の条件を絞りこめる。

 

依頼したい日時と Okan を選択したら、次はお願いしたい家事を絞っていく。「部屋掃除」や「水回り掃除」など、大きいカテゴリを選んだあとに「具体的にどんなところをお願いしたいのか」「自分が疑問に思っているところ」などを記述する。

その後は依頼したい作業時間などを設定する。1.5時間で 3,600円からで、その後は 0.5時間 1,200円ごとに伸ばせて、最長で8時間の依頼も可能だ。さすがに8時間は集中力が落ちて効率が低下しそうなので現実的ではない気もする。ちなみに仮に8時間お願いするとしても、金額は1万9,200円程度。これはかなり安い気がする。

実際に依頼したい内容が固まったら、あとは実際に Okan とチャットでやり取りをして、家事を依頼する。今回はこんな感じでチャット形式で話しが進む。この記事ではチャットの内容は割愛したい。

 

実際に Okan に家事をしてもらった

実際に Okan に来てもらった。朝7から22時までの間で頼めるとのことで、僕は仕事が終わってからの 19時から1時間半でお願いしてみた。実際に来てくれた Okan はこちらのナオミさん。50歳で2児の母だそうだ。余談だが僕のリアル Okan と同い年。

今回お願いするのは「風呂場の掃除」と「キッチンの排水口の掃除」。掃除自体は苦手なわけではないのだが、一人暮らしだと水回りの掃除を後回しにしてしまいがち。なので今回は水回りを重点的にやってもらうことに。

 

さっそく DMM Okan エプロンに着替えて掃除をスタートしてもらう。基本的に掃除用具は自宅にあるモノを貸し出して綺麗にしてもらう。この辺はチャットで「掃除用具はありますか?」などのやり取りがあると思うので、DMM Okan にお願いする際には最低限、洗剤やスポンジくらいは準備しておきたい。

 

まずは風呂場の掃除から。床や壁、排水口にいたるまでしっかりと掃除してもらった。シャンプーの容器や洗面台までも綺麗に洗ってもらって、だいたい 30~40分程度。僕の場合は引っ越してまだ4ヶ月くらいなのでカビなどは全くないのだが、カビや水垢で壁面が汚れている場合はもっと時間がかかりそう。

 

次はキッチンまわり。溜まっていた食器を洗ってもらってから排水口の掃除をしてもらう。

ここは引っ越してきてからほぼ開けたことがなかったので、写真が撮れないくらいカオスな状況に。こういう自分では開けたくないような場所も、掃除に慣れている Okan なら難なくこなしてくれる。

 

素手で触れるくらいに綺麗になった印象。DMM Okan に家事をお願いする場合、家にある掃除用具で掃除をするのでブラシなどは自分で用意しておきたい。僕の場合はブラシを準備していなかったため、使っていない歯ブラシなどで代用してもらった。

感想としては、もっと機械的に家事をするのかと思いきや、意外とフレンドリーな感じで「普段お掃除とかけっこうされてます〜?」とか「ここあんまり掃除してなかったですよね?綺麗にしておきました」など、いろいろとお話ができたりして楽しい時間が過ごせた。

クオリティについても、専門業者に依頼したことがないので比較が難しいところではあるが、僕自身が時間を取って家事をするよりは綺麗だし素早いので、頼んで良かったなというところ。風呂場もキッチンも排水口がピカピカになった。

 

教えて Okan!気になったことをいろいろ質問してみた

今回はせっかく実際に Okanに来てもらったということで、DMM Okanのリアルなところを尋ねてみた。

 

Q:なぜ DMM の家事代行サービスに登録したんですか?

普段は OL をやっているんですが、私ちょっと飽きっぽい性格で……笑 そろそろ何か新しいことを初めてみたいということで、ネットで見つけた DMM Okan に登録してみました。空いた時間でサクッと働けるので、他の仕事と並行して副業のように働くことができるのが嬉しいです。

 

Q:Okan ってどんな感じの働き方なんですか?シフト制?

入れる日に出勤できますと登録する感じですね。私の場合は他の仕事との兼ね合いもあり、週一くらいですが、多くの Okan がほぼ毎日入っていると言ってました。

 

Q:給与体系ってどんな感じなんですか?

時給単位で発生します。前の週に10時間していると時給がアップしたり、2週連続だと時給が上がったりと定期的に仕事を続けやすい仕組みになっている気がしますね。

 

Q : 研修制度などは?

最初に一回ありました。洗剤の種類や、基本的な掃除の仕方などを学びます。あとは概念などですね。専門的なハウスクリーニングではなく「家事お手伝い」なので、壊さない程度でほどほどに……など。

 

Q : 1.5時間からお願いできますが、何時間くらい頼む人が多いのでしょう?

やはり1.5時間での注文が多いですね。お試しの人でちょっとお願いしてみました〜という人もいますし。私は最長でも3時間程度でした。

 

Q : Okan として出向く際に他の人の家に行くのは抵抗はありましたか?

抵抗はそんなになかったですね。どちらかと言えば興味がある方が大きかったと思います。依頼時にクレジットカードの登録や本人確認書類(※任意)を提出が必要なので、そこまで深くは考えてません。毎回いろいろな人の家に入れるのは楽しいですよ。

 

Q : 仕事を依頼してくる人ってどんな人が多いですか?

私の場合は家族からの依頼がけっこう多いと思います。例えば奥様が二人目を出産したばかりで、家事が辛いとか。もちろん独身男性からの依頼もありますし、あとは女性でも普段仕事が忙しくて家事がなかなかできないという人も多いです。

 

Q : 家主が家にいないとダメ?

一回目の依頼では必ず依頼者が家にいないといけません。ただ、2回目以降は事前に鍵の隠し場所を教えてもらったりして、本人がいなくても家の掃除をすることもあります。Okan によっては NG としている人もいますが。

 

Q:依頼する人の部屋のコンディションってどんな感じなんですか?

意外と綺麗な人が多いんですよ! 「これ私どこ掃除すればいいの!?」 ってくらい綺麗なこともあるくらい笑 たまに一回もトイレ掃除したことありません、みたいな人もいますが、基本的にはみなさん綺麗にされてますね。

 

Q : 料理の依頼もありますか?

私自身は頼まれたことはありませんが、料理もできますよ!

 

Q : 「こんなものが用意されていたら嬉しい」ってモノはありますか?

風呂のスプレーなど最低限洗剤などの掃除用具があると嬉しいです。最初に言えば、簡単な掃除用具くらいであれば持参することも可能なので事前に言ってもらえると嬉しいです!

 

まとめ

こんな感じで実際に DMM Okan に家事を依頼してみた。

お金を払って家事をしてもらっている立場ではあるが、意外と家事を人にやってもらってるときには不思議と自分も部屋の掃除もしたくなってくる。Okan にはトイレやキッチンなどの水場を、僕は部屋の掃除をしていて役割分担的に部屋全体が綺麗になった。友人が遊びにくるなど、なにかキッカケがないとガッツリ掃除はしづらいという人が多いと思うが、僕の場合は Okan が良いキッカケになった。

家事代行サービスというと「利用料が高そう」「やり取りが面倒くさそう」というイメージがあったのだが、実際に利用してみると非常にスムーズ。価格も1.5時間あたり 3,600円なので、掃除の苦手は独身20代男子でも、月1回程度であれば利用しやすそうだ。

 

トバログ読者限定クーポン

今回トバログ読者限定で、初回利用料金が50%オフになるクーポンを発行していただいた。100名限定となっているので、利用してみたい人はこの機会に是非。

クーポンコード:『4u0HqrJy


drip

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただいた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip