今年は iPhone、買わなくていいかなあ。


つい先日発表されたばかりの iPhone 11 シリーズ。カメラが3つ備わった iPhone 11 Pro や ディスプレイが常時点灯している Apple Watch 5、廉価版 iPad の進化など、いくつかの新製品が発表となった。

ハードとしてとくに話題となっていたのは iPhone 11 Pro で、カメラが超広角(フルサイズ換算で13mm)、標準域(26mm)、望遠(52mm)の三眼になった。ネットではタピオカと揶揄されているものの、従来のスマホと比べてもカメラの用途や使い方のシーンは大きく進化していると感じる。

ほかにもバッテリー性能が大きく向上したり、処理能力がアップしたりと進化しているが、僕は「今年は iPhone、買わなくていいかなあ。」と思っている(個人の感想だけれど)。

 

スポンサーリンク

 

結局、写真はカメラで撮る


「iPhone、買わなくていいかなあ」の大きな理由はこれ。僕はブログを始めてからカメラにハマっていき、今では数台のカメラを使い分けて、毎日のように持ち歩いている。

ときめくシーンに出会ったらカメラを取り出し、RAW(生のデータ)で撮影してからアドビの Lightroom で加工するまでがお約束だ。一方で iPhone のカメラは記録用や Instagram のストーリーズのためにしか使っていない。

iPhone 11 Pro の分かりやすい魅力としては 13mm F2.4 相当の超広角レンズが備わった点ではあるが、僕の経験上日常で使うシーンは意外と多くないので、僕にとってはそこまで使いどころはないかも。もちろん旅先であったら嬉しいけれど、それでもカメラは(そもそもの性能が全く違うので)必ず持ち歩く。

あとはカメラを普段から持ち歩く人が「(これだけきれいに撮れるなら)もう iPhone でいいじゃん! 」と、iPhone 5 以降毎年のように耳にする。しかし彼らはカメラを手放さない。カメラが好きな人は「iPhone で撮る所作」や「センサーサイズ」「ダイナミックレンジ」といった点で満足できなくなるので、結局カメラを持ち歩き、より良い絵を求めて高いレンズを買っている。カメラも進化を続けるので、結局 iPhone で良くないのだ。

つまり普段から iPhone でのみ写真を撮っている人にとっては嬉しい進化ではあるが、カメラが趣味な人にとってはそこまで必要じゃない進化だと感じる。これがセンサーサイズが1型だよ! だったら20万円でも買ったかもしれないけれど。

 

▷1型センサーを搭載したスマホ(っぽいカメラ)で撮影した作例:【LUMIX CM10作例】自然や日常の風景、マクロ撮影や料理の写真など。得意なシーンや苦手なシーンも

 

Lightning じゃなくて USB Type-C にしてほしかった


iPhone 11 シリーズになり処理能力などの性能は堅実に進化していると感じる一方で、iPhone は Lightning 端子を引きずっている。端子の形状を気にする人なんて世界中の1%にも満たないと思うが、アーリーアダプター(端子の話だけに)な僕らにとっては USB Type-C 以外は使いづらい。

せっかく AC アダプタもモバイルバッテリーも、ディスプレイもカメラも iPad でさえも USB Type-C で事足りる人生になっているのに、メインのスマホが iPhone である以上は Lightning 端子のある生活から抜け出すことはできない。

誰かが言っていたが、「OS を揃えると端子が合わない。端子を揃えると OS が合わない」というのはまさにそのとおり。

 

▷結局これは必要だ:ケーブルを白で揃えるプロジェクト②:iPhoneをMacBookに直接挿せる『Lightning to USB Type-C ケーブル』

 

「今年は iPhone、買わなくていいかなあ」と言ってみる


「今年は iPhone、買わなくていいかなあ」という理由をつらつら並べてみた。しかしこう思っていられるのも実機を触るまでで、それ以降はなんとなく気になり、じわじわと10月くらいには買ってしまっていることが予想できるのが辛い

これは「とくに興味はなかった学年一かわいいと噂の女子と、ついうっかり喋ってしまって好きになってしまうパターン」に近く、自分では制御ができない。デメリットを並べるのは簡単だが、こうして記事を書いている時点で気になっている証拠なので、好きにならないのは難しいと感じている。

「今年は iPhone、買わなくていいかなあ」とは言ってみたものの、それが当たっているのか、間違っているのかは、触って見なければ分からない。

 

▷iPhoneでもきれいな写真は撮れるけどね:【トバログ写真術】iPhone だけで上手にブツ撮りをするコツ。シンプルでクールに仕上げるテクニック