【トバログ写真術】iPhone だけで上手にブツ撮りをするコツ。シンプルでクールに仕上げるテクニック

iPhone でもこんなに綺麗にブツ撮りができる。

僕はカメラのプロというわけではないのだけれど、ブログで写真をアップしていると「この写真、トバログっぽいよね。」と言ってもらえるようになるくらいスタイルができあがってきた。

「どうやって撮っているんですか? 」と質問を受けることも多くなってきたので、今回は「iPhone でも綺麗なブツ撮りをする方法」を紹介しておきたい。

 

【この記事の目的】

メルカリとかブログで使う「ブツ撮り」の手法の需要は意外と高く、よくトバログでも「ブツ撮りはどうしてるんですか? 」と聞かれるので、スマホだけでも簡単に綺麗なブツ撮りが撮れるようにアドバイスを書き記しておく。

 

【この記事を読んでほしい人】

  • ブツ撮りが最低限上手くなりたい人
  • カメラを持っていない人(もしくは写真のほとんどを iPhone で済ませる人)
  • スマホじゃ上手く撮れないからカメラを買おうか悩んでいる人

 

 

スポンサーリンク

 

「iPhone じゃ綺麗なブツ撮りができない! 」はウソ。コツを知れば一眼で撮ったように上手く撮れる。


ブログ用に写真を撮っていると「スマホじゃあんまり綺麗に撮れない」という相談をよくもらう。

たしかにミラーレス一眼などセンサーサイズの大きなカメラで撮った方が綺麗に仕上がるシーン(夜景とか)は多いが、こうした相談をくれる人の多くは実はスマホでも綺麗に撮れることをよく知らないだけだと思う。

綺麗にブツ撮りできる条件さえ把握しておけば誰でも綺麗に撮影&加工ができるので、個人的には「カメラを趣味にしたい! 」というわけでもない限りは、綺麗に撮れる条件さえちゃんと把握しておけば「ブログの写真は iPhone で十分だよ」と伝えておきたい。

 

iPhone で上手くブツ撮りをするために必要となる機材

  • iPhone とかカメラ付きスマホ
  • 写真加工アプリ(インスタグラムでも VSCO でも Lightroom でも)

 

必須となるモノはこのくらい。

すでに iPhone や Android などスマートフォンが手元にあれば、あとはほとんど必要なモノはない。あれば便利なモノ(光源とか三脚とか)はあるにはあるが、スマホで綺麗に撮るくらいであればとくに必要ない。

 

iPhone でも綺麗なブツ撮りするコツ①:なにがなんでも「十分な明るさ」を確保することが大事


よく写真の話しになると「センサーサイズが」とか「ストロボが」という話題になりがちだが、良いブツ撮りには「十分な明るさを確保」することが絶対条件だ。

理由は長くなるので説明を省くが、写真は取得した光をセンサーがデータ化して画像にしているから。プロが昼間でもストロボ(フラッシュ)を焚くのも明るさを確保するためだ。

 

これは明るい場所で撮った写真と暗い場所で撮った際の写真の違い(左が明るい場所、右がちょっと暗い場所)。明るい場所で撮った写真は紙の質感が表現できているのに対し、暗い場所で撮った写真の方はややディテールが潰れている。

ディテールが潰れるのは iPhone でモノを撮影する際に「必要となる光の量が足りていない」から。なのでできるだけ明るい環境下で撮影するようにしよう。

 

この写真はかなり明るい場所で撮影した写真。こんな感じになれば OK だ。「え、暗くない? 」と思うかもしれないが、iPhone の純正カメラアプリだとどうしても補正でこうなってしまうもよう(ISO25、SS 1/5000)。ただ加工するためのデータ量は十分なので問題はない。

 

iPhone の純正アプリはピントを合わせる際に上下にスワイプ(なぞる)と、このように露出が調整できる。ただやや不自然な写真になってしまうので、僕は撮影時にはあまり調整していない。

 

「明るさはどのくらい必要?」→ブツ撮りなら自然光でも十分綺麗に撮れる

「明るい環境って具体的にどんな環境? 」と思った人もいるかも知れないが、個人的には「自然光(太陽の光)が入る室内の朝~昼で晴れている日」が光が柔らかくて明るさも十分なので丁度良いと思う。

事実、トバログのブツ撮りの多くはストロボを焚かずに自然光だけで撮影している。以下のブツ撮りも晴れている日のお昼くらいに撮影した写真だ。

 

これらは iPhone ではなくカメラで撮影したものだが、自然光でも十分綺麗な写真が撮れる。

【スマホで綺麗なブツ撮りを撮るには「明るさ」が重要】

  • iPhone のカメラは集めた光をデータ化するから「十分な光を集める」必要がある
  • 昼間は綺麗なのに夜景はざらざらになるのは十分に光を集められてないから
  • iPhone のカメラは光を集めるよりも手ブレ防止を優先するから暗所でざらざらになる
  • 夜は明かりを点けていてもけっこう暗い
  • なのでブツ撮りは晴れた昼間で直射日光の当たらない「明るい場所」で撮ろう

 

 

iPhone でも綺麗なブツ撮りをするための方法:構図編


大前提となる明るさの確保が問題なければ、あとは構図を決めて写真を撮るだけ。構図といっても僕はプロではないため「三分割構図」や「三角構図」など細かく意識して写真を撮っているわけではないけれど、逆に「これは気をつけよう」というポイントだけ押さえている。

その残念ポイントだけ押さえていれば、それなりにクールな写真になるはず。

 

【構図を決める際に気をつけたい残念ポイント】

  • 余計なモノは写り込ませない
  • 生活感を消す
  • 反射するデスクとかを用いない(テーブルよりも画用紙とかの上の方が綺麗に撮れることも)
  • 角度を意識する
  • 余白を取る

 

残念な構図の例

残念な例①:いろいろなモノが写り込んでいる

残念な例②:余白がないので圧迫感があり不自然

残念な例③:角度が不自然で不安になる

残念な例④:不自然に光が反射している(直射日光の当たらない場所で自然光で撮ろう)

 

それっぽいブツ撮りに見える構図の例

個人的にバランスが良いと感じる構図。俯瞰で撮影したり、斜めにするとしっくりくるパターンが多い。

 

「構図について深く知りたい! 」という人は以下の本なんかがおすすめ。ブツ撮りや自然、人物においてどう構図を意識すれば綺麗に撮れるかが分かりやすく紹介されている。

 

iPhone でも綺麗なブツ撮りをするための方法:加工編


この記事で紹介している「iPhone でも上手にブツ撮りが撮れる」のは画像加工をする前提としているため、仕上げ(というか工程の50%くらいを占める)に無料で使える加工アプリを用いて加工する。

今回は『iPhoneだけで写真をフィルム風に加工する方法。無料アプリだけで雑誌写真のような仕上がりに』でも紹介している VSCO(ヴィスコ)というアプリを使う。フィルムカメラのように仕上げるためのアプリだと思われがちだが、レタッチツールとしても優秀だ。アドビの Lightroom よりもシンプルでとっつきやすく、なによりデザインがクールなアプリ。知らない人はダウンロードしてみよう。

 

VSCO をダウンロードする

 

実際に iPhone で写真を加工してみる

今回使う写真は iPhone で撮影したこちらの写真。構図は良い感じだが、色味が地味で暗い。ここから VSCO を用いて「シンプル」「クール」を意識した写真へと仕上げていきたい。

 

【僕が「ブツ撮りで」調整する項目】

  • 露出:明るさ
  • コントラスト:画像をよりクリアにする
  • ホワイトバランス:暖かすぎ(暖色寄り)や冷たすぎ(寒色寄り)を整える
  • HSL:色別に露出や彩度、色合いを調整できる

 

露出で明るさを調整

まずは露出。iPhone の純正アプリは明るい場所でも暗めな絵になってしまうので、これを白飛びしない程度に、自然な明るさまで戻す。

 

コントラストや明瞭度でディテールを引き出す

次にコントラスト。ブツ撮りならモノをよりクリアに見せるためにコントラストを上げてみても良い。あまり上げすぎると不自然になるので適量で。

今回は普段あまり使わない「明瞭度(写真をディテールを引き出す)」を足している。海外のインスタグラムを見ていると明瞭度を上げている写真が多いので、カリッとした写真にしたいなら使っても良い。

 

HSL やホワイトバランスで好みの色味に変える

次に「ホワイトバランス」で写真全体の色味を調整。僕は寒色寄りでクールな感じに仕上げたいので色温度を下げている。また「HSL」で名刺内の青の色を好みの色味に変更。

 

こうして加工をしたブツ撮り写真がこちら。個人的には一眼で撮った写真と大差がないくらい綺麗に撮れていると感じる。ここまで加工できれば SNS やメルカリなどでも通用するのではないだろうか。

 

未加工写真(左側)と VSCO で加工した写真(右側)を比較してみるとこんな感じ。加工はちょっと面倒だけれど、慣れれば楽しくなってくる。

 

メルカリに出品するときに使えそうな感じの構図。

 

ブログのアイキャッチに使えそうな画像。

 

同じように iPhone で撮影して VSCO で加工した写真(真ん中のバーを左右に動かすとビフォーアフターが見られます)。ちょっとしたポイントを押さえるだけでもかなり綺麗なブツ撮り写真に見える。

 

まとめ

この記事では「そもそも iPhone で綺麗なブツ撮りを撮るための条件」から、上手く見せるための基礎的な加工方法までを簡単に紹介した。僕自身プロカメラマンというわけではないのだけれど、だからこそ教えられることもあると思い、筆を執ってみた。

反響があれば続編も書いてみようと思うので、この記事が良かった人は「この記事良かった! 」と SNS などで紹介してもらえたら嬉しいです。

 

関連記事:iPhoneだけで写真をフィルム風に加工する方法。無料アプリだけで雑誌写真のような仕上がりに

 

もっと写真が上手くなりたい! という人におすすめな本

 

よく 「背景の白は何で撮ってるんですか」という質問をいただくのでついでに紹介しておくと、トバログの場合は塩化ビニール製の背景紙を敷いている。2,000円くらいだし汚れやしわにも強いのでこれはおすすめ。

今アマゾンで Audible(耳で聴く本)を無料体験すると最大3,000ポイント獲得できるキャンペーンやってます(12月12日まで)。

Audible を詳しくチェックしてみる