BlackBerry KEY2 が欲しいはなし。物理キーボードでポチポチメモしたい

これは前モデルの KEYone

最近 BlackBerry KEY2 が欲しい。

だって Android OS だからシームレスで、スペック的にもゲームしなければもっさり感がなくて、なんといっても物理キーボードが付いている(しかも打ちやすくなった)から。

これまで BlackBerry Q5 や BlackBerry Passport、そして BlackBerry KEYone といくつかの BB 端末を愛用してきたけれど、結局スペックや OS 的にメイン端末(まあ iPhone とか)に絞ってしまっていて、なかなか使い続けられなかった。

でも BlackBerry KEY2 なら、メインとしても使えそうだと感じている。だからこそ、欲しい。

 

追記:BlackBerry KEY2 を買いました

スポンサーリンク

 

BlackBerry KEY2  ってなに?

BlackBerry KEY2 は Android 8.1(Oreo) を搭載するスマートフォン。最大の特徴は物理的なキーボードを搭載しており、慣れればタッチタイピングで早打ちできるようになる。

6GB RAM と、Snapdragon 660 の CPU を搭載するミドルレンジ的な位置づけの端末だが、現状重いゲームなどをしないのであればそれなりに動くらしい。メイン端末として愛用している人もけっこう多い印象だ。

日本での販売代理店は FOX  が正規輸入しており、価格は 8万9,800 円(税込)とやや高め。KDDIのau公式アクセサリーブランド『au + 1 collection』での発売しているので、店頭で触れたことがある人も多いはず。もちろんアマゾンでも購入可能だ。

BlackBerry KEY2 の基本スペック

価格(予定)

BlackBerry(R)KEY2 Silver(BBF 100-8):販売価格:73,889円(税抜)/79,800円(税込)
BlackBerry(R)KEY2 Black(BBF 100-9):販売価格:83,148円(税抜)/89,800円(税込)

OS

Android(TM)OS Oreo 8.1

CPU

Qualcomm(R)Snapdragon(TM)SD660 OCTA-CORE

SIM種類

nano-SIM、Silver(BBF-1008)デュアルSIM/Black(BBF-1009)シングルSIM

サイズ

151.4 x 71.8 x 8.5 mm

重量

160 g

ディスプレイ

1620 x 1080 ピクセル(4.5インチ)

外部メモリ

microSD(最大2TB)

内部メモリ

Silver(BBF-1008)64GBフラッシュメモリー/Black(BBF-1009)128GBフラッシュメモリー、6GB RAM

Wi-Fi

802.11b/g/n 2.4GHz、802.11ac 5GHz、802.11a/n 5GHz、Wi-Fi Direct

Bluetooth

Bluetooth 5.0 Low Energy(LE)and EDR

NFC

対応

FMラジオ

イヤホンジャック利用で受信可能

リアカメラ

1200万画素と1200万画素のデュアルカメラ、オートフォーカス、f2.0、手ぶれ補正、パノラマ・バースト・フィルター撮影機能搭載、4Kビデオ撮影対応

フロントカメラ

800万画素、f2.2、手ぶれ補正、ワイドセルフィーモード搭載、フラッシュ撮影

バッテリー

Li-Ion 3500mAh

物理キー

電源キー、ボリュームキー、便利キー

周波数

(LTE Band)1/2/4/3/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/38/39/40/41

(3G Band)1/2/4/5/6/8/19

 

欲しい理由:愛しの物理キーボード

前モデルの KEYone

BlackBerry KEY2 が欲しい理由は、言わずもがな物理キーボード。まあ最近は通勤電車に乗ることもないので、ブログはほとんど自宅(もしくはカフェ)で MacBook を開いて書いているが、出先でもメモや Twitter、メールなどキーボードを叩く時間は意外と多い。

まあ iPhone のソフトウェアキーボードにも慣れているし、カーソル移動がラクなので重宝しているが、BlackBerry のキーで叩く快感は、おそらく使ったことがある人だけが分かるもの。ポチポチしたい。

 

ほかの BlackBerry 端末ではなく BlackBerry KEY2 が欲しい理由

これも前モデルの KEYone

KEY2 が欲しい理由としては、やっぱりスペック的なところが大きい。以前所有していた Black Berry KEYone は、動作がかなりもっさりしていて、当時の iPhone と比べてもメイン端末として乗用が難しかった。

BlackBerry KEY2 はハイスペックというわけではないが、それなりに快適に使えるレベルのメモリ(oneは3GB、2は6GB)と SoC(CPU的な)を搭載しているので、発売から1年経った今でも使えるレベルだと思う。まあ最新 OS が降ってくるのは遅そうだけど。

 

カバンの中に BlackBerry 端末が1台あるだけで、”映え” が大きく変わってくる。まさにガジェット界のガラム・マサラと言っても過言ではない。

 

何に使うの?

これも KEYone

  • 普通のメインスマホとして
  • 画像+一言のメモ帳として
  • たまにブログの下書き

使いみちとしてはこんな感じ。基本的には Twitter やったり地図アプリみたりと普通にメインのスマートフォンとして活用する予定。

それ以上でも以下でもないが、強いて言えば最近は google keep などで「画像とテキストのメモ 」で街で見かけた良い感じの看板とか、店内のレイアウトをメモに使う。ジャケットの内ポケットに入って、写真が撮れて物理キーボードでメモできるデバイスはそう多くないので、そんなシーンで BlackBerry KEY2 は重宝する。

あとはけっこう取材で外に出かけることもあるのだが、立ちながらの取材はPCや手帳でのメモよりもスマホがラク。

 

こういうノウハウ的なメモとか

「あれなんだっけ?」みたいなことを無くすメモとか

 

あとは電車の車内や散歩中など、移動中の方がアイデアが浮かびやすいので、とっさに浮かんだアイデアをメモするのにもスマホが便利。そして物理キーボードでタッチタイピングできればよりメモも快適になりそうだと感じる。

 

まとめ:欲しい理由は欲しいから

まあ色々と理由を並べたのだが、結局のところは「ガジェットとして欲しいから」にほかならない。去年は iPhone XS に夢中だったので購入には至らなかったが、1年も経てば新しいスマホが欲しくなるのが男の性。

合う合わないは使ってみたいと分からないということで、購入を検討している。今僕は楽天のポイントが5万くらいあるので、それを活用しつつゲオモバイルあたりの中古品あたりに手をだしてみたい。

ここまで書いて1年前にも『BlackBerry KEYone は売ったけど KEY2 は欲しい』を書いていたのを思い出した。

 

 

合わせて読む記事