YouTuberになるために僕が買い揃えた機材・ツールまとめ


まずは形から入るタイプ。

トバログが5周年になりました。これまでとこれからのこと』でもお伝えしたとおり、トバログが5周年を迎えたということで、YouTube チャンネルを開設してみた。そして次に気になるのは「YouTubeで(きれいな映像で)配信するために必要なモノってなに?」という点。

僕はトバログである程度きれいな写真を撮影しているので、できるだけ YouTube でもきれいな映像を撮影したい。そこですでに周りで YouTube デビューした友人らに「とりあえずよく分からないから『これだけ買っとけ!』を教えて」と尋ねた。

その中から実際に僕が買った機材を紹介していきたい。

 

 

項目別に読む

カメラやマイク、照明などなど。YouTuberとして活動するために僕が買ったモノ

 

クリックで項目に移動必要性僕が買った価格用途
カメラ★★★★★8万円ほど動画撮影
レンズ★★★★★3万円ほど動画撮影
PC★★★★41万円ほど動画素材の編集
動画編集ソフト★★★★★ツールや契約形態による動画素材の編集
マイク★★★★2万5,000円ほどクリアな音で録音
三脚★★★1万円ほど画角の調整
照明★★★★4万円ほど明るさの確保
ライトスタンド★★★3,000円ほど照明の設置
音源などのサブスク★★★年間2万5,800円音源やテロップ素材
サブカメラ★★8万円ほど2カメ、サブカメとして
外付けSSD(2TB)★★★6万円ほど動画素材の保管やバックアップ
カメラの予備バッテリー★★★2,000円ほど外出時の電源確保
ジンバル★★3万円ほどブレのない映像撮影
外部ディスプレイ2万円ほど自撮りできないカメラでの画角や映像確認
LUT3,000円ほど色をお洒落にする

実際に僕が買ったモノは上記の感じ。ただの表にしても分かりづらいので、「必須度」と「価格」でわけたグラフも用意してみた。

価格帯はそれぞれパチモンからプロ用までピンキリなので、僕が買ったモノで分けている。

さて、下記ではそれぞれ「必須なモノ(グラフの赤いゾーン)」「あると便利なモノ(黄色いゾーン)」「なくてもいいけど買ったモノ(青いゾーン)」に分けて紹介しよう。

 

YouTuber になるために必須な機材

最低限の設備で YouTube を始めるならスマホ1台で撮影〜投稿まで可能だが、より良い映像を撮るためにはある程度の設備投資をした方が良い。

そのために僕が「最低限必要だな」と思ったモノからまとめておこう。

 

きれいな映像で撮るならカメラは必須:α6400

 

詳細
必要性★★★★★
用途動画の撮影
価格8万円前後

最近はスマホでもそれなりにきれいに撮影できるが、より良い映像を撮影するためにはカメラが必須。ほとんどの YouTuber はカメラで撮影している。

僕が選んだのはソニーの APS-C センサー搭載の α6400。チルト液晶で自分の方に向けられるし、(フルサイズと比べると)軽量小型なので持ち運びにも便利。写真も動画も問題なし(最近のトバログのブツ撮りも全部このカメラ)。

log撮影(料理でいう材料みたいなもの)も可能だし、30分以上の連続撮影もできるため α6400 は YouTuber にも人気の高いカメラだ。

 

アマゾンでチェックする

 

明るくボケて安価な単焦点レンズ:SIGMA 30mm F1.4 DC DN

 

詳細
必要性★★★★★
用途動画の撮影
価格3万円前後

映像はボディだけじゃ撮れない……! ということで僕が購入したレンズは『SIGMA 30mm F1.4 DC DN』。

レンズは安価なキットレンズでも十分だが、映像は写真と違って局所的にストロボを焚くことができない。ISO感度を上げすぎてしまうとざらざらとノイジーな映像になってしまうため、標準域でF1.4 と明るいこのレンズを購入した。

なお焦点距離でいうと45mm程度と狭いため、部屋が狭い人や、手持ちでの自撮りの際は『SIGMA 16mm F1.4 DC DN』がおすすめらしい(僕もそのうち買う)。

 

アマゾンでチェックする

 

複雑な編集をするならPCは必須! でも最初は iPad でも十分かも

 

詳細
必要性★★★★
用途動画素材の編集をちゃんとやるなら必須。iPhone や iPad でも最低限代用可能
価格40万円(動画編集できるPCの相場は20万円〜だが自作すればもっと安いしピンキリ)

YouTube撮影のために購入したわけではないが、写真や動画など負荷の大きい作業をするために購入した 15インチ MacBook Pro。

約40万円と高いが、本気で動画をやるなら、今なら16インチMacBook Proくらいのスペックがあると良いかも。少なくとも13インチ MacBook Pro 以上のスペックがないと、テロップを入れたり長い動画を編集するのは厳しいと感じた。

「そんなに高いPCは買えないよ! 」という人は、案外 iPhone や iPad Pro でもサクサク動画編集ができるのでおすすめかも(僕も最近までこれだった)。

 

 

YouTubeに動画をアップするなら編集ソフトは必須! 僕はPremiere Pro を使ってます

 

詳細
必要性★★★★★
用途動画素材の編集
価格iOS用なら3,000円ほど〜本格的なものは数万円。無料のものでもOK

僕は Adobe(アドビ)の Premiere Pro を使っている。Mac OS ユーザーなら Final Cut Pro X も人気だが、僕は Lightroom や Illustrator も使っていて Adobe のサブスクに加入しているため、月額5680円(税別)の追加料金なしで使える Premiere Pro を導入。Premiere Pro 単体だと月額2480円(税別)で契約できる。

Premiere Pro のメリットはプロも使うソフトなので、使えるようになると仕事の幅が広がるという点や、複雑なエフェクトも掛けられる点。デメリットは操作が複雑なので、覚えるまでに時間がかかる&高負荷なのでハイスペックなPCじゃないと操作がカクつくという点。

Final Cut Pro X は 12インチ MacBook でもそれなりに動くが、3万4,800円と高価な点は難点だ。iPad なら LumaFusion というアプリが3,600円ほどで買えるので、動画をやるなら最初は iPad がハード&ソフト含めて手軽かも。

 

Adobeでチェック

 

必須ではないけどみんな持っているモノ

ここからは「より高いクオリティで動画を撮るためにあると良いモノ」をまとめてみる。「ブログをやってるからカメラや PC は持ってるよ」という人は、ここから読み進めてもらえると参考になるかも。

 

クリアな音で雑音も入らないおすすめマイク:RØDE Wireless Go

 

詳細
必要性★★★★★(必須)
用途クリアな音で録音、雑音を入れない
価格7,000円〜3万円くらい

カメラにも内蔵マイクは備わっているが、音の質はあまり良くないため、ほとんどの YouTuber は別途マイクを使って音声を録音している。

僕の場合は「とにかくこれを買っとけを教えてほしい」と聞いたところ、高めだが『RØDE Wireless Go(ロード ワイヤレスゴー)』というマイクがオススメとのことで購入。ピンマイクのように胸元に装着し、Bluetooth で音声をカメラに飛ばすことが可能。高音質のまま動画と同時録音できるのが嬉しい。

価格は2万5,000円とやや高めだが、撮影しながら話すタイプの動画を撮りたい人には便利。なお「自宅で撮るから別にワイヤレスじゃなくてクリップオン(カメラに装着するタイプ)のマイクで良い」という人は、同じく RØDE の『VideoMicro』が YouTuber に人気。1万円以下で買える。

 

アマゾンでチェック

 

立ちでも座りでも自由に構図を変えられる:三脚(まあなんでも良い)

 

詳細
必要性★★★
用途画角の調整、カメラの設置
価格2,000円〜1万円くらい

好みの構図で撮影するために必須。ただし外でガッツリ使うわけではないし、重いズームレンズを装着するわけでもないので、耐荷重に問題がなければなんでも良い。

僕はオーストラリアで買った『VANGUARD トラベル三脚』というモデルを愛用している。軽い割に安定感もあるし、長時間露光で写真も撮れるので必要十分だ。ちなみに僕はミニ三脚として『Leofoto MT-03+MTB-19』も愛用。ちょっと高めだが、撮影時の自由度がかなり高いのでおすすめ。

なお YouTuber に人気なのが JOBY ゴリラポッド。置く場所を選ばず高さや角度も自由に調整できるし、手に持てば自撮り棒的に使える。Vlog とか旅系の動画を撮るなら良さげかも。

 

アマゾンでチェック

 

夜に撮るなら一番大事! 照明は高くてもある程度良いモノを:FalconEyes RX-18TD with Diffuser

 

詳細
必要性★★★★
用途明るくノイズのないきれいな映像に仕上げる
価格4万円ほど

個人的に一番悩んだのがこれ。スチール(静止画)はストロボを焚けばきれいに撮れるが、動画となると常に明るくしておく必要があり、別途照明が必要となる。

僕が購入したのは drip のみんなが使っているという『FalconEyes RX-18TD with Diffuser』。4万円と高価だが、4畳〜6畳程度なら部屋全体が昼間のように明るくなるので、自撮りからブツ撮りまで柔軟に対応できる。本当に便利。

実は1万円くらいの安価な LED 照明も持っているのだが、こちらだと自撮りをするにはやや光量不足だった。本気でやるなら FalconEyes はおすすめだ。

なお僕は持っていないが、自撮りメインで使うのならば1万円以下で買えるリングライトも良いらしい。こちらも迷ったが、僕の場合はブツ撮りも多いので FalconEyes にした。

 

アマゾンでチェックする

 

照明を立てるためにあると便利:ビデオ三脚ライトスタンド

 

詳細
必要性★★★
用途照明の設置
価格3,000円前後

上記した FalconEyes の照明はスタンドが付属していないので、1本あたり1,500円で買えるライトスタンドを購入した。

照明を立てるのにも使えるし、ストロボを設置してスチールにも使える。わりとしっかりできているのに2本で3,000円なのでかなりお買い得。

まあ YouTube 撮影に無くてもいいけど FalconEyes の照明を買うのなら必携といっても過言ではない。

 

アマゾンでチェックする

 

あのYouTuberも使ってる。音楽や効果音、テロップのサブスク『MotionElements』

 

詳細
必要性★★★
用途動画内のテロップやBGM、効果音など
価格年間2万5,800円ほど

必須! とまではいかないが、YouTube の動画を撮影するなら BGM や効果音、テロップ系のサブスクは必須だ。「みんなはどうしているんだろう? 」と思っていたが、通常はサブスクに加入しているとのこと。

僕は高澤けーすけが教えてくれた『MotionElements』の年額2万5,000円程度のサブスクに加入した。楽曲はもちろん、効果音やテロップ、動画や画像素材が定額でダウンロードし放題なので、初めての人ならおすすめ。 

 

 

 

無くても成り立つけど買って損はないモノ

上記で紹介したアイテムが揃っていれば、おそらくほぼ不満なく YouTuber 的な動画は撮れると思う。ここからはあったらまあ便利なモノを紹介しておこう。

 

ポケットに入るのに十分きれいな映像が撮れる!:RX100M5A

 

詳細
必要性★★
用途サブカメラや2カメとして
価格3~10万円くらい

まあ無くてもいいけどあったら便利なサブカメラ。

僕はインタビュー動画撮影時の2カメとして RX100M5A を購入した。1型センサーで F1.8〜という明るさ、そして Log 撮影も可能なのにポケットに入るという最高のサブカメラだ。Vlog とか旅系の動画で愛用する人も多く愛用している。ただし8~10万円前後とやや高いのが難点。

「できるだけ安くサブカメラが欲しい」という人は、GoPro や Osmo Pocket も人気だし、とくに旅や Vlog なら Osmo Pocket あたりが無難かも。

 

アマゾンでチェックする

 

過去動画の保管をするなら大容量の外付けSSD:サムスン Portable SSD T5

ポータブルSSD『Samsung 外付けSSD T5』2

 

詳細
必要性★★★
用途動画素材のバックアップや保管
価格1~6万円くらい

これも無くても全然問題ないけど、あったら最高に便利。動画コンテンツは写真の何倍も容量を食うし、素材動画だけでも10GB近くになる。そうなると PC 内のストレージだけでは足りないし、ハードディスクでは転送速度が遅くて厳しい。

外付けSSD があると、転送も早く容量も物理的に増やせるので安心だ。難点はまだちょっと高いことだが、ないとツラい。

 

アマゾンでチェックする

 

自宅以外で動画撮るなら必須かも:各カメラ用の予備バッテリー

画像はLeica M10 のもの

 

詳細
必要性★★★
用途外出先など長時間の撮影時
価格2,000円〜1万円くらい

動画は充電がみるみるうちに減っていく。自宅のみで動画を撮るなら必要ないかもしれないが(給電しながら撮れるタイプなら)、旅先で動画を撮影するなら必携。

純正バッテリーが好ましいが、とにかく高いのでとりあえず僕はサードパーティ製の安価なバッテリーを購入。十分使えている。

 

手持ちでブレない映像を撮るなら必須:僕は Crane M2

 

詳細
必要性★★
用途手持ち撮影の際のブレない絵づくり
価格3~10万円くらい

こちらも必要はないかもしれないが、ミラーレスなどを持ちながら手ブレを感じさせないスムーズな絵を撮るなら必須。旅先などはもちろん、ブツ撮りやインタビュー動画なんかでも使える。

ただし大きくて重たいので、僕はサブカメラの RX100M5A で使うための小型ジンバル『ZHIYUN Crane M2』を購入。3万円ほどだが、ジンバルのなかでは安く、しかも軽いし持ち運びにもそんなに苦労しないのでおすすめ。

最初から買う必要はないと思うけど、僕の場合はあった方が良いと感じたので購入した。

 

アマゾンでチェックする

 

チルト液晶&バリアングルのないカメラで自撮りするなら便利:クリップオンできる液晶4Kディスプレイ

 

詳細
必要性
用途自撮りできないカメラでの画角や映像確認
価格2~3万円くらい

α6400 のように、チルト液晶やバリアングルが備わってるカメラなら必要ないが、α7シリーズのように自撮りできないモデルで YouTube を撮る際の構図確認に便利。

ブツ撮りの際の細かなピント合わせもラクだし、より実際の絵に近い映像でチェックできるので、自宅で撮影する際にはこれを使う。ただし HDMI でカメラと接続する必要があったり、専用のバッテリーも充電する(もしくはACと接続する)必要があるので機動性はかなり落ちる。面倒なのであまり使っていない。

 

アマゾンでチェックする

 

色にこだわった動画を撮りたいなら:自分のカメラに合ったLUT

 

詳細
必要性
用途好みの色に編集できるフィルター
価格3,000円くらい

「あの幻想的な映像、どうやって撮っているんだろう? 」という映像のほとんどは、Log (カメラでいうRAW撮影)という形式で撮られて、そこに LUT(写真でいうプリセット)を当てている。

僕もシネマティックな映像で YouTube 撮りたい! と思い『Triune Color』を購入した。ラ・ラ・ランドなど29種類の映画をシミュレートした LUT が29ドルと割安。

ただほとんどの人にとって必要ないし、知識がない状態でやると僕みたいに苦労し、完全に自己満足の世界。慣れるまで手を出さないほうがいいかも。

 

 

まとめ

こんな感じで「僕が YouTube で動画を作るために買った機材リスト」を紹介してみた。

YouTube上では YouTuber 向けのおすすめ機材まとめが紹介されているが、結局のところ何を買えば良いのかが分かりづらかった。またまとめ記事などは「何個カメラ紹介すんねん! 」と突っ込みたくなるくらい、ただの文字の羅列。

僕はテキストを読むのがラクなので、ブログでも紹介してみた。また購入したモノがあれば随時更新していきたい。

 

【僕が揃えた機材まとめ】

以下の表のリンクをクリックするとアマゾンで探せます。